GUNSTA

ガンプラを投稿しよう。facebook、twitterアカウントでも登録可能!ログイン会員登録

MG1/100 ガンダムエクシアリペアⅡ セブンソードPlus

MG1/100 ガンダムエクシアリペアⅡ セブンソードPlus

限定版のMGガンダムエクシアリペア2を製作しました。このキットはボーナスパーツとして、旧GNソードとその他2振りのショートソードが入っていたので、いわゆる『もしも設定』をコンセプトに製作。その段階で気になった可動部に手を加えました。

カラーレシピ

本体

白 クールホワイト:グレー=9:1

青 インディブルー100%

赤 モンザレッドA(アクリジョン)100%

灰色 クールホワイト:グレー=7:3

黄 イエローA:オレンジイエローA=8:2

フレーム部 グレーA:ブラックA=7:3

カメラアイ クールホワイト100%の上からガイアの蛍光ブルーグリーン

クリアパーツ クリアグリーンの上から蛍光グリーン

台座 黒→クレオスラフゴールド→クリアオレンジA

その他 銀100%

リボンズとの決着を付けるためマイナーチェンジを受けたエクシアですが、機体の代名詞である『セブンソード』も実は考案されていたのではないかと思いました。旧エクシアのボーナスパーツを利用し、リペア2で変更された箇所をそのままに武装のレイアウトを決めていった結果、いい感じに収まりました。 水転写デカールは必要最低限のものを貼り付けました。(貼るのがあまり上手くない)

前後

腰のウェポンラックはショートソードを下に付ける事で脇腹部分に干渉する事なく開脚が可能。脇差を下げる侍のように見え尚良い。

旧エクシアの武器は、リペア2で新調されたGNソード改と外観を合わせたかったので、UVレジンで型取りしたものをクリアグリーン→蛍光グリーンで塗装しました。

GNソードPlus

GNソードを型取りして作成した『GNソードPlus(プラス)』。シールドの裏にマウントする事で使用できるが、すでに同サイズのGNソード改の存在があり、新素材で新調されたショートソードと追加されたビームサーベルと合わせて、リペア2のセブンソード形態がすでに完成されていたため、追加の装備という位置付けで『Plus』を付けられた経緯がある…という設定。

ビームサーベル&ダガー

台座

またMGエクシアの規格に合わせたLEDライトを使って太陽炉を光らせる仕様も採用してます。台座はソレスタルビーイング仕様の物をゴールドに塗ってあります。

製作過程

頭部

素の状態が首が短く可動範囲が狭かったので、プラ棒で延ばし、そのばばボールジョイントの付いた頭部に差し込む形にしました。

腕部

こちらも手首が短いため、プラ棒で1㎜延ばしてます。

腰回り

腰のサーベルラックを付ける際足の可動範囲が殺されないように調整。

GNソード

GNソードの刃部分はそれぞれおゆまるで型取りした後、UVレジンを使って生成しました。

GNソードPlus

GNソードPlusを装着する際、シールドの差込棒を4㎜プラ棒(割と珍品)を使って延長。支点となる部分は旧GNソードのパーツを切り取り作成しました。

実質エクシアリペア2.1的な立ち位置になったかと思います。

コメント0件