スペルビアジンクス 1/100
  • 588
  • 2

スペルビアジンクス 1/100

初めてのガンダム00シリーズ制作。

MGジンクスⅢから00V登場の1/100スペルビアジンクスを作成しました。

頭部と指はエポキシパテメインで作成。

その他の箇所はプラ板メインでスクラッチ。

精度的に複数揃えるのが辛そうなところはレジン複製してます。

塗装

今回は特に工夫もなく、つや消しのベタ塗り

元絵の絵画調なカラーリングをそのまま再現すると、あまりにも暗くなってしまうので、この機体が登場しているゲームCGや二次イラストを参考に、彩度を上げたものを調色。

・濃い紫

ガイアノーツバーチャロンカラー マーズダークブルー+色ノ源マゼンタ+ブラック

・薄い紫

ガイアノーツボトムズカラー パープルグレー+色ノ源マゼンタ+ホワイト+ブラック

・関節グレー

ガンダムカラーCG50+ホワイト+ブラック+色ノ源マゼンタ

・クナイ刃等ホワイト

ガイアノーツバーチャロンカラー コールドホワイト+ブラック

・マスク、クナイ柄等

ガンダムカラーCG79+ホワイト+ブラック+色ノ源マゼンタ

・カメラ

フィニッシャーズ クロームシルバー→クリアー+コピックV09

スペルビアジンクス 1/100 アピールショット1

忍者らしく(?)cautionデカールなしで左肩エンブレムのみ貼り付け。(1/100セラヴィーガンダム用ガンダムデカールがジャストサイズ)

プロポーションはほぼキットそのままで、頭を少し後ろに下げたのみです。

胸のアンテナユニットは元絵ではシンプルすぎるので、HGジンクスⅣを参考にアレンジ。

腰回りのアーマーは磁石接続になっています。

ベースはMGジンクスでも支障はありませんが、Ⅲは肩周りがそのまま使えて少しだけ作るのが楽になります。

スジ彫りやモールドはあまり入れない方がらしいだろうと判断し、ほとんど追加はありません(むしろキットのモールドを一部消したり)。

スペルビアジンクス 1/100 アピールショット2

追加した腰サイドアーマーの基部が腰後ろ羽根に引っかかるので、若干短く加工。

スペルビアジンクス 1/100 アピールショット3
スペルビアジンクス 1/100 アピールショット4

設定上、レグナントから流用しているとされるマスクは、元絵が曖昧でかなり解釈が分かれそうな部分。

ロボ魂スペルビアのようにかっちりと折れを出すより、覆面のように緩やかなラインにした方がニンジャらしくなるのでこのような形状にしてます。(ロボ魂レグナントに近い形状)

スペルビアジンクス 1/100 アピールショット9

キットの可動指は削除し、自作指の差し替え方式(磁石接続)に変更。

握り、武器持ち、ロボット魂を参考にした印を結んだもの(右手用)の3種類を用意。

スペルビアジンクス 1/100 アピールショット10

GNクナイはプラ板積層で作成し、腕には磁石で接続。

刀身にも磁石を埋め込み、収納時は磁力で固定。

ビームニードルも接続できるよう作っているので、刀身は気が向いたら用意します。

スペルビアジンクス 1/100 アピールショット11

足の爪ギミックもあります。

逆さ吊りも一応可能。

無いなら作ればいいんですよ

コメント

  1. nao 2か月前

    見た目はゴツいのに機動力が高そうな機体っぽくていいです
    しかも製作中の姿がアイアンマンに見える

9
ガンダムTR-1[ヘイズル] 1号機 強襲形態

ガンダムTR-1[ヘイズル] …

MGヘイズル改から初代ヘイズル強襲形態を作成。 電撃ホビーマ…