GUNSTA

ガンプラを投稿しよう。facebook、twitterアカウントでも登録可能!ログイン会員登録

モビルウォーカー

モビルウォーカー

福音記者ヨ八ネはわたくしに語りかけた。
『モビルハロからハロを取り外して、あなたがお座りなさい。』
わたくしは、そのようにした。
                       出エヅプト記より

※5.15 記事下部に追記
点灯式ヘッドライトを製作しました。

モビルウォーカー
ポンコツメカ【P02-WM】

Progressive
Optional
Numerous
Craft
Of
Transformable (or Traffic)
Unit
略してPONCOTU(ポンコツ)。

本機も民生機なので武装は一切なし。
かといって特に運搬作業などに優れているわけでも無い、
ただのホビーウォーカーマシンである。
また、操縦者の代わりにサポートAIロボ・ハロをセットすれば
ウォーカーマシン自体が自律行動を開始する。
 
 
 
 

◆とりあえず設定関係無しでノーマルのモビルハロ。

 

 
 
 
◆AI自律稼働モード
ペダル(フットステップ)は畳めます。
 
 
 
 
 
◆ハロを取り外してメラミンスポンジ製のシートを乗せる
 
 
 
 
 
◆モビルウォーカー(操縦モード)
メガミデバイスの雀蜂刺子ことホーネットちゃんが乗ります。
 
 
 
 
 
◆コックピット周り
 
 
 
 
 
◆ヘッドライト、バックミラー、ハンドル、ペダル
♣ヘッドライト、バックミラーのジョイント部は
 コトブキヤの汎用ジョイントパーツを切り欠いて整形。
 他はプラ板工作。

♣ヘッドライトの正面はエバグリの段差付きプラ板に銀塗装してから
 UVレジン液を激盛り。
 作業の段取りがまずかったのであまり綺麗とは言い難い。
 今後は工夫が必要。

♣バックミラーはアルミテープがなんかキッタナイし、大失敗。

♣ハンドルはMSGジョイントセットA、フレキシブルアームBと
 HGBCダークマターブースターのジャンクパーツにプラ棒などで構築。

♣ペダルはHGIBA MSオプションセット9のレギン用肩アーマーが
 2セットあったので使用。
 このパーツ実は左右非対称なので対称になるように若干整形。
 ペダルアームはプラ材工作。
 軸の端にテキトーなディティールパーツ貼り込み。
 
 
 
 
 
◆アクション!
操縦と言うよりハンドルとペダルが手足に直リンクしていて
直感的に動かすイメージ。
 
 
 
 
 
◆ポンコツ01と並んで。
 
 
 
 
 
◆塗装前
ケージは主にタミヤの透明ソフト丸棒で、
補強に不透明の硬い丸棒を使用。
ソフト棒は思った角度でキッチリ止めるのが難しいので
結構曖昧な形状になってしまった。
正面からじっくり見たら歪んでるし(;´Д`)

♣塗装
黒は光沢黒の上からイリサワのCCパール黒でコート。
粒子が荒目なのは解っちゃいたけど、
クレオスのGXメタルブラックと大差無いクオリティ。
素直に微粒子ホワイトパールでも吹けば良かったか・・・
仕上げにEXクリアーそこそこドカ吹き。

金はガイアのパールカッパー。
黒下地だと赤みが出にくくて金に発色するけど
ちょっとしつこく重ねて濃い目の赤金になった所でやめました。

艶消しのダークゴールドは艶消し黒+クレオスの安いゴールド。
 
 
 
 
 
◆5.15 追記
点灯式ヘッドライトを製作しました。
以前ダイソーで幾つか購入したミニライトを使います。
LED・バッテリー・スイッチが1ユニット化されてるので
扱いやすいのです。
ボタン電池はちゃんと交換可能ですし。

プラ板などで作ったケース。後ろが空いているので
LEDユニットを突っ込むだけです。
レンズはUVレジン液。こんだけデカくて厚いと気泡を潰しきれない。
一応光の収束効果はあるようです。

最初に作ったダミーライトと比べると超デカい。
 
 
 
デカいので顔の近くにあると大変な圧迫感なのでケージ上部にマウント。
 
 
 
点灯。周囲を真っ暗にするとそこそこ明るいです。

PONCOTUメカ第二弾。

コメント0件