• 1824
  • 0
  • お気に入り
  • メニュー

RG アストレイブルーフレーム -フルウエポン-

RGのブルーフレームにジンバズーカがついていたので、フルウエポン仕様を製作しました。
キットがRGなので、各種フルウエポンはイラスト画ではなく、メタルビルド等を参考に3Dプリンターにて製作しバランスを整えています。結局バズーカもキットの物を使用せず、寸法を拾って3Dプリンターにて新作しました。
キットの関節が弱く、バズーカを構えると垂れ下がってしまうのが難点ですが、RG元来の良さをうまく引き出せた作品となったと思います。

●カラーレシピ(クレオス、ガイアノーツ)
・本体
 白1:クールホワイト
 白2:ニュートラルグレーI
 青:MSブルーZ系
 赤:ハーマンレッド
 グレー:メカサフライト
 黒、武器:ニュートラルグレーⅤ
※アドヴァンスドMSジョイントについては塗装する方法が思いつかず、面処理後にプライマーを吹いて艶消し仕上げとしています。

・フルウエポン
 黒:ファントムグレー50%+ウイノーブラック50%
 黄:イエローFS13538
 ミサイル:橙黄色

●その他
デカールはキット付属のものやRGデスティニーガンダムのリアリスティックデカールやをギリギリまで余白をカットして使用しています。

本体はアンテナのシャープ化とフェイスへの字パーツをHGより移植した以外は特に改造していません。

本体はアンテナのシャープ化とフェイスへの字パーツをHGより移植した以外は特に改造していません。

バックパックはイラスト画やコンバージ等でデザインが異なりますが、メタルビルドを参考に3DCADにてモデリングを行いました。

バックパックはイラスト画やコンバージ等でデザインが異なりますが、メタルビルドを参考に3DCADにてモデリングを行いました。

3連装短距離誘導弾発射筒はメタルビルドではなく、MGジンのデザインを参考にモデリングを行い、HGジンに付属しているサイズに合わせて製作しています。

3連装短距離誘導弾発射筒はメタルビルドではなく、MGジンのデザインを参考にモデリングを行い、HGジンに付属しているサイズに合わせて製作しています。

8連装短距離誘導弾発射筒は設定上はバクゥの物になっていますが、デザインが単調なので、メタルビルドをベースにモデリングしています。サイズもバクゥにあわせるとオーバースケールな気がしましたので、ブルーフレームの本体に合うサイズにて製作しています。

8連装短距離誘導弾発射筒は設定上はバクゥの物になっていますが、デザインが単調なので、メタルビルドをベースにモデリングしています。サイズもバクゥにあわせるとオーバースケールな気がしましたので、ブルーフレームの本体に合うサイズにて製作しています。

M68キャットゥス 500mm無反動砲は唯一キットにも付属していましたが、2本必要なためキットからデザインをコピー(モデリングの練習も兼ねて)し、3Ⅾプリンターにて製作しました。PGにあった砲身の延長もパーツを追加することで対応しています。

M68キャットゥス 500mm無反動砲は唯一キットにも付属していましたが、2本必要なためキットからデザインをコピー(モデリングの練習も兼ねて)し、3Ⅾプリンターにて製作しました。PGにあった砲身の延長もパーツを追加することで対応しています。

おまけとして、セカンドリバイで装備しているアーマーシュナイダーも製作し、左右に2本装備させています。

おまけとして、セカンドリバイで装備しているアーマーシュナイダーも製作し、左右に2本装備させています。

ビームライフルとシールド以外はプリンター出力品ですが、キットと遜色ない完成度となりました。

ビームライフルとシールド以外はプリンター出力品ですが、キットと遜色ない完成度となりました。

メタルビルドとの並べる、これがやりたいが為に製作したようなものです!細部は異なりますが、メタルビルドのテイストで1/144にて再現できました。

メタルビルドとの並べる、これがやりたいが為に製作したようなものです!細部は異なりますが、メタルビルドのテイストで1/144にて再現できました。

M68キャットゥス 500mm無反動砲のモデリング作業

M68キャットゥス 500mm無反動砲のモデリング作業

3連装短距離誘導弾発射筒のモデリング画像

3連装短距離誘導弾発射筒のモデリング画像

8連装短距離誘導弾発射筒のモデリング画像

8連装短距離誘導弾発射筒のモデリング画像

モデリングした各パーツをアッセンブリし、全体のバランスを確認しています。

モデリングした各パーツをアッセンブリし、全体のバランスを確認しています。

裏側の確認

裏側の確認

モデル上だけでは見落としや、イメージと異なる可能性がありますので、実際にプリンターにて出力しバランスを確認し、変更点は3Dモデルに再度反映させます。

モデル上だけでは見落としや、イメージと異なる可能性がありますので、実際にプリンターにて出力しバランスを確認し、変更点は3Dモデルに再度反映させます。

モデル確認中の裏側。ウエポン保持のアームは長さや大きさの確認用でこの後詳細ディテールを入れていきました。

モデル確認中の裏側。ウエポン保持のアームは長さや大きさの確認用でこの後詳細ディテールを入れていきました。

メタルビルドと並べるためだけに製作しました!

コメント

14
HGCE ダークダガーL

HGCE ダークダガーL

HGCEダガーLが発売された時からいつか製作しようと思ってお…

5周年コン
16
アカツキガンダム オオワシ装備 Ver.24k

アカツキガンダム オオワシ装備…

約2年ほど前に製作した作品になりますが、公開する機会がありま…

11
RX-124KH2   TR-6[キハールⅡ]

RX-124KH2  TR-…

プレミアムバンダイ製のTR-6[キハールⅡ]をインレ艦載機の…