ガンダムダブルオーGNスカイ

ガンダムダブルオーGNスカイ

トランザムインフィニティカラーのダブルオースカイに、GNアーチャーのバインダーを合わせてみました。本体組立直後の即興ネタなので、無塗装パチ組み状態です。

トランザムカラーは寧ろ「何もしない方が良い」と個人的に感じているため、スミ入れもツヤ調整も全くしていません。GNアーチャー側も同様ですが、スカイ本体の頭部アンテナとバスターソードにある安全基準フラッグは落としています。

ダブルオーガンダムへの接続方法と全く同じなので、無改造で取り付け出来ます。ただし通常プラ同士の接続なため、あまり着脱は繰り返さない方が良さそう。

トランザムカラーになった事で全身が赤っぽくなり、アーチャー側の成型色ともより合わせやすくなった感あります。このキットにはランナーレス台座が付くので、後ろが重たくても安定して飾れます。
バインダーが武装に干渉し易く、飾り方に少し工夫が必要。あとは腰のビームライフル着脱が多少面倒になる位ですね。

前のめりでも良ければ、一応は自立可能。直立させようとしても後ろの重みに脚部の各関節が負け、徐々に後ろに仰け反ってきます。

ラッシュポジションに移行すると、後ろが重すぎて自立不可能に。
台座ありでも不安が残ります。

ポリキャップ1つでバックパック全体を支える事になっているため、当然と言えば当然だったり。負荷が非常に大きく、バックパックを正しい位置にしてもすぐにバインダーが後ろに倒れます。台座込みでも転倒のリスクがあってお勧めしません。この状態での撮影中に何度か台座も倒れました。

ラッシュポジで飾りたい場合、スタンドの角度を前傾にさせれば安定します。これはGNアーチャーのテールユニットが、スタンド支柱に当たっているからでもありそう。

フロントアーマーの切り離しはポロリしやすそうな構造だったので、加工していません。普通に飾れば重みでバインダーが外れる事もなく安定します。

バインダーを本体と平行にしたい場合、干渉しますので武双の展開はほぼ必須。バスターソードは手持ちすれば問題ありませんが、ロングライフルは展開しても窮屈気味でした。

射撃ポージング、いつもこうなってしまう不思議。

組立直後に「GNアーチャーのユニットはダブルオーにも換装できる」のを唐突に思い出しました。当時からHGオリジナルギミックとしても扱われていたので、ビルドシリーズとも相性が良いように感じます。スカイとの組み合わせも誰もが思いつくであろう…かと思いきや、画像検索では見つからなかったので勢いで投稿してみました。もし既出でしたら失礼。

塗装や改造は無くとも気軽に作れて楽しかったですし、やはりガンプラは「楽しんでこそ」だと思っています。作品とは呼べずとも、楽しみ方を伝えたい目的で製作物を投稿するのもありかなと。

HWSを他トランザムカラー機体に移植し、ダブルオースカイT∞の背中が寂しく感じられた方は、こういった組み合わせも如何でしょうか?

  • サイトの埋め込み

本体組立直後から僅か3秒での発想なので、無塗装です。

コメント0件

成型色仕上げと部分塗装が主で、ツヤ調整を含め基本的に全て筆塗り。技術は皆無でも楽しく、可能な範囲で様々な表現をして行ければと思います。少しでも楽しんでいただけたら幸いです。 【忍者MS化企画】は本物の忍術伝書も参考に、一般的なイメージとは全く異なる観点から、需要無視で理想的な独自の忍者ガンプラを表現するものです。が、そうでもない物もかなり混ざっていたりします。あくまで目安!

退魔士 虚無異次

退魔MS化企画第2弾『こむいーじー』 前作との同時製作物。同じく妖怪退…

退魔士 斗頼閃

退魔MS化企画第1弾『どらいせん』 妖怪ハンターみたいな何かを表現して…

阻獄邪武楼

忍者MS化企画第18弾。 「見た目は ゾゴック(ジャブロー攻略戦仕様)…

隴叡 / 残月

HG漏影+百錬のミキシングです。久々の部分塗装仕上げ。 今回は都合によ…

関連ガンプラ作品

五月雨美女がさ乱れる

HGダブルオースカイVer.Ka(カトキじゃ無いよカリンだよ!) 卒業…

ダブルオーブランシュネージュグラスフラム

フランス語でブランシュネージュ(白雪姫)グラス(氷)フラム(炎)で白雪…

ダブルオー スカイ ディスティニー風

ダブルオースカイ メタリック調にて 作りました

ダブルオースカイHWS

最寄りの店でプラモの割引がすごかったので、買ってきました!!