HG1/144ディランザ(グエル機)ver.ピクセル迷彩

  • 488
  • 0
  • お気に入り

HG1/144ディランザを独自の塗装とピクセル迷彩で仕上げました。

ピクセル迷彩はデカールを使用しています。

ピクセル迷彩はデカールを使用しています。

迷彩以外の部分は濃いグレーとしました。胸部バルカン砲は金属製パーツに置換えています。

迷彩以外の部分は濃いグレーとしました。胸部バルカン砲は金属製パーツに置換えています。

各部のバーニアには金属製パーツを設置し、キラリと光るアクセントにしています。

各部のバーニアには金属製パーツを設置し、キラリと光るアクセントにしています。

頭部の角の先端、背部の先端、両肩アーマーのピラミッド状の部品をヤスリで鋭角的に処理しています。

頭部の角の先端、背部の先端、両肩アーマーのピラミッド状の部品をヤスリで鋭角的に処理しています。

頭部の赤い羽根は募金をしてゲットしました。調べてみると、赤い羽根は、本物の食肉用の鶏の羽を染色して生産されているとのことです。ジャストサイズです。

頭部の赤い羽根は募金をしてゲットしました。調べてみると、赤い羽根は、本物の食肉用の鶏の羽を染色して生産されているとのことです。ジャストサイズです。

股間軸を左右逆に取り付けることで、手軽にプロポーションの変更と脚の可動域の拡大を図ることができました。

股間軸を左右逆に取り付けることで、手軽にプロポーションの変更と脚の可動域の拡大を図ることができました。

地上戦に特化したМSという独自設定で、怪獣酋長ジェロニモンやFSSのアパッチがイメージソースとなっています。

地上戦に特化したМSという独自設定で、怪獣酋長ジェロニモンやFSSのアパッチがイメージソースとなっています。

アド・ステラの世界で迷彩塗装がどれだけ有効か定かではありませんが、民族色豊かな陸戦兵器としての雰囲気重視で製作しました。

アド・ステラの世界で迷彩塗装がどれだけ有効か定かではありませんが、民族色豊かな陸戦兵器としての雰囲気重視で製作しました。

コメント

9
リ・ガズィ(ケーラ・スウ・カスタム)

リ・ガズィ(ケーラ・スウ・カスタム)

HGUC1/144リ・ガズィをケーラ・スウ専用機として製作し…

水星コン
7
水星コン 1/144ガンダムファラクト

水星コン 1/144ガンダムファラクト

悪魔的で異形なスタイルの「ガンダムファラクト」をカラーリング…

9
AXIS SHOCK ーシャアの反乱の終結 U.C.0093.03.12ー

AXIS SHOCK ーシャアの反乱の終結 U.C.0093…

「機動戦士ガンダム逆襲のシャア」のクライマックスシーンをコン…

水星コン
9
HG1/144ダリルバルデ

HG1/144ダリルバルデ

HG1/144ダリルバルデをアニメイメージを尊重して製作しま…