GUNSTA

ガンプラを投稿しよう。facebook、twitterアカウントでも登録可能!ログイン会員登録

ヅダ・グスタフ

ヅダ・グスタフ

初投稿ということで数年前改造したヅダを発掘しました。

個人的に好きなヅダですがどうにもキットは胴体の割に手足が細い。
なら手足をゴツくすれば釣り合いが取れるんじゃね?
みたいな発想からこのヅダは産まれました。

モロ某メガ○ウスの影響を受けてますが、これを作ってた頃某キャプテンなロボアニメにハマってまして仕方がなかったのです。許してほしい。

以下設定(みたいなもの)

ヅダ・グスタフ

台所事情の乏しい袖付き陣営はゲルググやドラッツェなどの旧式機体まで駆り出さなければ戦力を維持できなかった。
そんな折、アクシズのあった宙域の隠し工廠奥深くから中破したヅダが数機発見される。
中破していたとはいえその機体は状態も良く、無事な箇所を繋ぎ合わせれば充分稼働出来るものであった。
しかし元々ザクIとの競合相手だった本機を知るものは袖付きの中ですら少なく、運用実績すら個人的な手記データが僅かに残されているのみであったため、仮にレストアしてもどのように扱えば良いかわからず袖付き内で持て余していた。

幾度かの稼働実験を経て、現行のMSに引けを取らない加速力と機動性を有する機体であると判明したが、その加速力に機体強度が追いついていないことも判明した。
その折、デメリットこそあるものの、旧式機体でありながら優秀な機動性を有する本機をみすみす死蔵しておくのは惜しいと判断したとあるテストパイロットが、本機の機動性を活かした強襲用MSのプランを立案した事で、本機の改修プロジェクトが立ち上がった。

その強襲プランとはMSの加速力をもって敵戦艦ないし拠点に肉薄、撃破するというシンプルなもので、短期決戦で司令塔を潰すこの戦術は、戦力に乏しい袖付きにとっては有効なものであると判断された。

改修にあたり、不足していた機体の剛性は四肢をユニットごと改造、または交換することで高め、ヅダにとってオーバースペック気味のメインエンジンはリミッターをかけた上でサブスラスターを分散配置することで、機体が自壊してしまう欠点をある程度軽減。
剛性の増した腕部ユニット内に圧縮機関を設け、袖部スリットから高圧噴射し破砕する機構を新規設計。試験型Iフィールドユニットを取り付け短時間ながらビーム兵器に対し耐性を得た。
結果として高機動、重装甲、当たれば文字通り粉微塵に粉砕し得る破壊力を身につけた本機は、旧世紀の巨大砲にあやかり『 ヅダ・グスタフ』のコードを与えられた。

…しかし新規設計の武装には、技術的課題が多く、旧式機体の改修にしては些か高額な費用がかかるかことが判明した事で上層部が「この機体にかける金でギラズール用意した方がまだマシ」と難色を示し、さらに間の悪いことに稼働実験中の事故で本機が大破、プランを立案していたテストパイロットごと本機が喪失した事で、ヅダ・グスタフは日の目を見ることなくペーパープランとして闇に沈んだ。

しかし彼と本機を失ったことを偲んだ技術陣はこの強襲用MSの有用性を上層部に具申。
後にコンセプトはシュツルム・ガルスへと受け継がれることになる…。

最後まで技術的課題とコストに縛られた機体として妄想を膨らませました。
昔のことながらよくもまあここまでこじらせたものだなと…。
ですが初めての本格的な改造ながら上手くいったと思ってます。

追記︰たくさんの反響を受け、デイリートップを頂きました!いいねをしてくださった皆様、ありがとうございます!

バックショット

カスタマイズパーツで固めてます。
偶然も重なりましたがいい感じにまとまりました。
脚部はシュツルムガルスのものをほぼそのまま使用しています。

メイン武装「PCSyナックル」

粒子圧縮機構の略称てことで。
ローゼンズールの腕にエクシアのGNソードのマウント部、市販のタンクパーツ等でまとめてます。

試製Iフィールド発生装置

エクシアの小盾が良い感じの形状だったのででっち上げました。
出力が貧弱なのでほんの数秒だけ防げる…という設定です。

PCSyナックル使用時

肘のシリンダーは市販のパイプパーツを使いました。
メ○デウスのサ○ンイン○クトを想像していただければ幸いです。
ほぼそのまんまなので…。

コメント8件

  1. @buddyo_WB 6か月前
    • オレンジべこ 6か月前
  2. @MurakumoGen 6か月前
    • オレンジべこ 6か月前
  3. パンまる 6か月前
    • オレンジべこ 6か月前
  4. @2926Lacie 6か月前
    • オレンジべこ 6か月前

オレンジべこさんがお薦めする作品0件