シャア専用ゲルググ

  • 2696
  • 0

HGUCのシャア専用ゲルググを筆塗り部分塗装で仕上げました。
基本工作の合わせ目消しの他に、ネットの情報を参考に若干のスタイル改修をしてます。

塗装部分は、足裏スラスターとシールドの裏側、肩、腰、脚部の各装甲の裏側を塗ってます。

塗装部分は、足裏スラスターとシールドの裏側、肩、腰、脚部の各装甲の裏側を塗ってます。

ビームライフルを構えて。

ビームライフルを構えて。

ゲルググと言えばビームナギナタ。表情豊かな左平手がいい感じ。

ゲルググと言えばビームナギナタ。
表情豊かな左平手がいい感じ。

武器、両手持ちで。

武器、両手持ちで。

頭部は定番工作のアンテナのシャープ化とモノアイのラインストーン化。その他、押し潰されたような顔が気になったので、左右から削り込んで幅詰めしました。胴体が短く、腹部コックピットハッチに胸部が被っていたので、腹部の接続軸を延長して寸詰まり感を解消。
  • 頭部は定番工作のアンテナのシャープ化とモノアイのラインストーン化。その他、押し潰されたような顔が気になったので、左右から削り込んで幅詰めしました。
  • 胴体が短く、腹部コックピットハッチに胸部が被っていたので、腹部の接続軸を延長して寸詰まり感を解消。
キットのままだと腕が胴体から離れ過ぎてて、かつ真っ直ぐ下に下がらないため、肩の接続軸の削り込みと、受け側も下側に可動範囲が広がるように削り込みました。肩の装甲は、外側に向かって細くなるようにしました。
  • キットのままだと腕が胴体から離れ過ぎてて、かつ真っ直ぐ下に下がらないため、肩の接続軸の削り込みと、受け側も下側に可動範囲が広がるように削り込みました。
  • 肩の装甲は、外側に向かって細くなるようにしました。
設定画の、腰は丸いのに何故か股間部分に角が出ているという2次元の嘘を再現するべく、正面部分を左右から削り込んでうっすらですが角が出るようにしました。太腿の受け側のポリキャップを上げ底にして外側に出すことで、股間の幅が広がりどっしりした雰囲気になるのと、可動範囲も若干広がりました。
  • 設定画の、腰は丸いのに何故か股間部分に角が出ているという2次元の嘘を再現するべく、正面部分を左右から削り込んでうっすらですが角が出るようにしました。
  • 太腿の受け側のポリキャップを上げ底にして外側に出すことで、股間の幅が広がりどっしりした雰囲気になるのと、可動範囲も若干広がりました。

投稿4作目です。

コメント

7
グフカスタム

グフカスタム

HGUCのグフカスタムを成形色活かし、軽いウェザリングで仕上…

5
ジム

ジム

HGUCのジムです。言わずと知れた名キット。合わせ目消しをし…

7
ガンタンク

ガンタンク

HGUCのガンタンクです。成形色仕上げですが、いつもよりガッ…

5
ガンキャノン(旧HGUC)

ガンキャノン(旧HGUC)

旧HGUCのガンキャノンを成形色活かしで仕上げました。