GUNSTA

ガンプラを投稿しよう。facebook、twitterアカウントでも登録可能!ログイン会員登録

ミゲル専用ジン

ミゲル専用ジン

折角のSEEDコンということで何か作ってみようかと思ったのですが、年度末に急激に忙しくなり、あんまり凝ったモノは無理そうだとなりまして、ジンをホボストレート組してみようと。でもどうせ作るならドノーマルではつまらないので、ミゲル専用機にしてみようと。折角ならシールド作って自作デカールの練習もしてみよう、となって出来たのがこちらです。

某ゲームのMSV編OP風

シールドのデカールはハイキューパーツの自作デカールインクジェットプリンタ用の透明下地のもの。キット付属のマーキングシールをスキャナで取り込み、フリーソフトのインクスケープでベクター化して拡大、印刷しました。ただ白い部分はそのままでは透明になり表現できないので、タミヤのマスキングシール(大きな一枚モノのシール状になってるマスキングテープ)の裏側に左右反転した同じ画像データを印刷(表はインクを弾くので)。白い部分だけを切り抜き、シールド表面を白く塗ってからマスキングしました。その上に準備したデカールを張るとこの通りです

シールドは1/100ダギイルスのモノをそのまんま流用。デザインが全く同じなのは有名ですね。ただグリップがないので(ダギイルスは腕に直接装着する方式)コトブキヤジョイントセットを加工して受けを作り、ジンハイマニューバ弐型のグリップを移植しています

本来固定式のスラスターカバーはガバッと開くように。ちなみにスラスター内等の赤い所のぬりわけはシタデルカラー筆塗りです。スゴいですねこの塗料

二つあるダボピンの外側は切り飛ばし、内側のダボピンにハロプラ等に入ってる球形ポリキャップを装着。受け側は短く切り詰め、ボールデンアームズに入っているボールジョイントパーツを差し込みました。これで簡単にボールジョイント化できます

シールド一番手間がかかった…

コメント0件