GUNSTA

ガンプラを投稿しよう。facebook、twitterアカウントでも登録可能!ログイン会員登録

銭極侍衛 左膳

銭極侍衛 左膳

用心棒みたいな物を作ってみました。しかし改めて見ると魔物。
読みは「センゴクジエイ サゼン」

銭極:護衛対象の名 / 侍衛:護衛役
左膳:隻眼隻手の架空剣士「丹下左膳」から拝借
 ※借りているのは名前と隻眼隻手だけです。

上下逆にしたミニモアザックに、戦国アストレイ(一部ノーネイム)の手足を生やし、頭(?)にキャノン砲を装備。戦国PPCのパーツも所々に使いました。
動力源は不明。いったい何で動いてるんでしょうかね?(多分バッテリー)

正面には三連ミサイルポッド・機銃・ビーム砲を装備。下部に装甲版(戦国PPCの分解時に出た破損パーツ。背面にもあり)
ミサイルはスタークジェガンのを接着、他はHGBCジャイアントガトリングのBJ受けとセンサー。両肩中央はディテールを落とし、MSGマイナスモールドⅡを接着。
ミサイルポッドはたまたま信号機にも見えたので、それっぽく塗りました。スターブライトシルバーを下地に水性クリアー各種を筆塗り。冗談みたいな外見でも威力は変わらない。
ミサイル下のを青いセンサーだと勝手に思い込むと、ビームが飛んできます

目にあたる箇所はポッド左角の小さなセンサー。丹下左膳は「右目と右腕が無い」ので、それに沿った表現。ノーネイムの前腕を使ったのもそのため(細かい所は違っていても概ね同じ)。戦国肩+ノーネイム前腕の組み合わせは、肘の干渉により可動域が更に狭まります。しかしこの機体はガシガシ動くものでもないので調整なし

隻手+サブアームの構成から、梵字【千手観音菩薩】デカールを使用。
忍者ではないため深い設定はありません。ただし「延命・滅罪・除病の功徳」から転じて『絶対服従の呪印』としての意味を付加。主君に支配される関係にあります。もしかしたら動力源は呪いなのかもしれない

武器:刀x2・ガントレットセイバー・キャノン砲
構造上正面しか向けないため、キャノン砲を360度回転可能。
刀に固有名詞は特に無し。戦国アストレイに準じるなら、レッドフレームと同じく【虎鉄】【菊一文字】

サブアームと脚部の緑は、受け部のディテールを削り落としてH・アイズ接着。上からクリアーグリーン筆塗り

背面にはMSバーニア03を接着
地上ブーストダッシュをするためのもの
ガントレットセイバーのビームエフェクトにも、H・アイズと同様の塗装処理。敢えて塗りムラを入れています

格納機能あり。銭で動くらしい。
銭と呪印は互いにリンクしており、どちらかが失われると主君に対して謀反を起こす可能性あり

本体下部には排熱ダクト(U-バーニアフラット接着)

基本装備以外にも使える武器は多数
滑腔砲や祭ウェポン各種も

大鎚や血塗れ斧など、物騒な武器が目立ちます

元々は宝物庫イメージから始まり、その番人としての意味もありました。配色は黒と金を主体に宝箱っぽくしています

中には「銭」や家宝などの貴重品が入ります。
銭はAGE-1タイタスの(組立前の)ビームラリアットエフェクトを塗ったもの。普通に組むとフタが閉まらなくなります。
オーガ刃ーXではこのエフェクトが余剰扱いなので、そこから拝借すれば無駄になりません。
「用心棒=傭兵 ⇒ 銭」という発想

キャノン砲:180mm低反動砲(HGUCボール)
一見3mmかと思いきや、そうではありません。3mmのPCに差しても固定できずガタガタになり、受け部がABSなので接着もし難いです。
固定だけならABS接着剤でも大丈夫ですが、旋回で壊れる恐れがあるため接続法を変えます

PC-03プラサポのT字ジョイントを、HGBC紅ウェポンのアームジョイントと合わせて、低反動砲に挟み込み。台座側はPC-03&同プラサポカバー。組み込んではみ出したT字の余剰部をカットし、ザックに接着

砲側も微妙に3mmではないため、使えるジョイントはかなり限られてきます。HGBC各種を試しても殆どはガタガタで、手持ちで唯一適合したのがこのパーツでした。砲身の上下可動部は塗膜剥がれを懸念して塗装なし。そこ以外は塗ってます

上下逆にしたミニモアザックに、HGBCジョイントを組み込み。腕側は「ティルトローター」を、脚側は「ボールデンアームアームズ」を

ザックの受け側は通常プラ3mm穴ですが、ボールデンで一番小さい球状のを使うと綺麗に収まり、且つグリグリ動かせるようになります
ティルトロータージョイントはそのままだと腕部が緩く感じますので、球状部分に塗膜を作ると比較的安定させられます。緩くなってもまた適当な塗料で塗るだけ

上記ジョイント以外も色々試してみたものの、バランスの悪い構造ばかりで大分遠回りしました

初期段階。最終形と比べてかなり異質な物体。未だ空の器だった頃
グリモアレッドベレーも、まさかこんな使われ方をされるとは思わなかったでしょう。ごめんねロンメル大佐、でもザックばかり余るんだ…

第二段階。中にミニモア、下にティルトローターが付いて妖怪感UP
これはこれで面白そうだったのですが、当初の計画から大きく脱線してしまうため中止。別の意味で強そう

滑腔砲はバルバトス+HGBC
ジャイアントガトリングのセンサーとバトルアームアームズのジョイントを組み合わせ、グリップに差し込み。命中精度向上の追加センサーにしました。手持ちせず、戦国肩アーマーに3mm接続。
この武器のみ固有名詞が存在します。名を【銭極脚音】と言い、本来はコイツの武器ではありません。元の持ち主は、護衛対象の別の姿。
長くなるため、詳細は別の回にてお話します

メタリックカラーとクリアーカラーのみ。一部を除き筆全塗装。
水性クリアーは、シルバーかH・アイズの上から塗るパターン。
血塗れ斧表現は今回の塗料に含まれません。次回分にあり

メタリックカラーは通常カラーに比べて塗り易いのですが、アストレイに関してはHGの割にディテールが細かく、結構塗り難く感じました。何度か重ね塗りしています

こんな異物がSEED世界にいても困惑しそうですけど、ちょっと面白そうなのでネタ枠としてSEEDコンの隙間に捻じ込んでみようと思います。もし「一部使用も可」じゃなかったら参加不可な、レギュレーションに助けられた機体(直前まで本機での参加を迷ってたのは秘密)

さて、護衛対象の『銭極』とは 一体何者なのか?
支配する側は どんな暴君なのか??
その正体は・・・次回を待て!!(SD予告風に)

我ハ 銭デ 動ク

コメント0件

成型色仕上げと部分塗装が主で、ツヤ調整を含め基本的に全て筆塗り。技術は皆無ですが下手でも楽しく、可能な範囲で様々な表現をして行ければと思います。少しでも楽しんで頂けたら幸いです。 【忍者MS化企画】は本物の忍術秘伝書を参考に、一般的なイメージとは全く異なる観点から、需要無視で理想的な独自の忍者ガンプラを表現するものです。が、そうでもない物も混ざっていたりします。