ガンダムアスタロトオリジン【ノーバディ】
  • 1960
  • 0

ガンダムアスタロトオリジン【ノーバディ】

戦場を突き抜ける、緋い残影

introduction from GBN

アストレイ【天禍】、バルバトスウプウアウトを経て組み上げられた最終機体。
対バルバトスフェンリル戦から交流をもったシバ・ツカサ監修の下作られた[ノーバディユニット]を二基装備している。
ノーバディユニットには防御、加速、支援の能力を重きに置いた改造が施され、簡易型ノーネイムライフルとも呼ばれる。
手持ちの武装はγナノラミネートソードの二刀流のみという、搭乗者の趣向を優先したモノとなっている。

機体コンセプトは「鏃」。
ウプウアウトを越える加速力で前線を突き抜け、【天禍】を越える破壊力で戦場を蹂躙する。
ただし本体であるアスタロトオリジンの装甲は紙レベルまで落としている。

ウヴァル【臥竜】のパイロット曰く、「自殺志願者が乗る機体」との評価を受けているが、同時に「未知数な部分もある」とも言われている。

ガンダムアスタロトオリジン【ノーバディ】 アピールショット1
通常時、[ノーバディユニット]ブースターモー ド。 ガンダム試作一号機[Fb]をモチーフにした加速形態。
ガンダムアスタロトオリジン【ノーバディ】 アピールショット2
システム起動。[ノーバディユニット]ダブルX コネクトモード。 アストレイノーネイムのXコネクトをそのまま二基並列起動した状態。 機体各所から血のような光が溢れ出す。 四基のソードドラグーンと本体による嵐のような近接戦を開始する。
ガンダムアスタロトオリジン【ノーバディ】 アピールショット3
ダブルXコネクトモード、背面。 こうして見ると何かの紋章のようにも見える。
ガンダムアスタロトオリジン【ノーバディ】 アピールショット4
そして未知領域へ……
  • サイトの埋め込み
やっぱりゲテモノ背負い物は最高だぜ!!

コメント0件

改造も塗装もどべの素人です 組み換えと部分塗装&小細工の限界に挑む

  • rating_star17
  • rating_star11
  • rating_star13
  • rating_star10

関連ガンプラ作品

  • rating_star33
  • rating_star45