GUNSTA

ガンプラを投稿しよう。facebook、twitterアカウントでも登録可能!ログイン会員登録

ジム改

ジム改

連ジコンにあたり、一番好きなジム系機体、その中でも特にお気に入りのジム改を仕上げました。連邦チームで参加させていただきます。
可能な限りのディテールアップで立ち姿の美しさにこだわってみました。

機体設定的には、ジム改から次世代機へ切り替わる過渡期。
パワードジムのような増加装甲によるバージョンアップを想定して、拡張用ラッチを機体各部に増設した設定です。

機体背部にはネオジム磁石を使ったハードポイントアーム。
銃はパワードアームズパワーダーからビームサブマシンガンとアームを持ってきて合体させました。

シールドが陸ガン系なのはただの趣味です。
バズーカはキットのまま。

サーベルは付け替えの時に塗装剥げがよく起こるので、同じものをもう一本持ってきて握り手を固定しました。
写真では忘れてますが、ジム改のサーベルは一本なのでサーベルを使う際は背中の柄を抜きます。
ビーム部分は全体に1500番でやすったあと付け根と先端に軽めに白を吹き、つや消しで仕上げてます。

脛のディテールは正直課題が残る出来となりました。
ラッチにも見えないし増加装甲にも見えません。

ネオジムは背中の他、腕の側面肘面二方向と両腰にも仕込んであり、盾もそれで腕に固定してあります。
ライフルとバズーカも適宜付ける場所を変更できます。

今回選んだジム改は結構昔のキットということもあり、稼働範囲は決して良くありません。
ですがプロポーションは文句のつけようがないレベルで完成されていると思います。
いつか稼働範囲を拡大する改造ができるくらい上手くなったら是非とも再挑戦してみたい機体でした。

ご覧いただきありがとうございました。

(8/11追記)
腰パーツが逆との指摘を受けました。
狙ったわけではなく普通にミスですので、いずれ撮影し直したいと思います。
教えていただきありがとうございました。

コメント0件