GUNSTA

ガンプラを投稿しよう。facebook、twitterアカウントでも登録可能!ログイン会員登録

ジム・アスセンダンス

ジム・アスセンダンス

HGUCジムスナイパーⅡと電撃ホビーマガジン付録のワグテイル改造キットを使用したミキシング機体です。

今回はプラ板工作に初挑戦しました。ほぼ全身にわたって手を加えてあります。

きっかけはHG版ジム・ドミナンスが欲しい!とかなったことです。でもさすがに全部スクラッチする技量はないので似せる方向で頑張りました。制作する上でペイルライダーなんかも参考にしています。
ジムスナの系譜の機体、かっこいいですよね…。

一年戦争後AEの試作パーツを用いてカラバで改修されたジムスナイパーⅡ、というイメージです。

正面から。

カラーリングはホワイトとライトグリーンのツートンカラーに。ホワイト部分は缶スプレーでほかは筆塗りです。

太モモで1mm、腹部で1mm、股関節を若干下に下げ、全体で2mm強ほど高さを延長しただけであまりプロポーションは弄っていません。
その他の基本工作としては関節の可動範囲の拡張を行っています。

ちなみに頭部のアンテナ、作ってる最中に3回は折れたのでそこがいちばん苦労した部分です(汗)。次からは真鍮線で作ります…。

後ろから。

スラスター類はシルバーで内部にメタリックレッドを置くことでワンポイントにしています。

脚部側面にはワグテイルのパーツを接続することで、脛裏のスラスターカバーはプラ板を使うことでジム・ドミナンスっぽくしてあります。

バストアップ。

頭部は側面にワグテイルのパーツを貼り付け、頭頂部はプラ板でセンサーを増設してあります。
胸部はプラ板とパテで形状変更。エアインテークは市販品です。
股間部分もプラ板で少しいじってあります。

ビームスナイパーライフルは新造しました。マークIIとレジェンドのもののミキシングです。

90mmマシンガンとスモールシールド。

ギミックはそのままなので頭部はバイザーも可動します。

ビームスナイパーライフルを構えて。

各関節の可動範囲の拡張によって膝立ちの狙撃ポーズも綺麗に決まります。

腕部のボックスタイプ・ビームサーベルはプラ板とプラ棒によるスクラッチ。初めての割には上手くいったと思います。

どこをいじったのか分かりやすいと思います。

最後までご覧頂きありがとうございました。

HGUCジム・ドミナンス待ってます!

コメント2件

  1. shirogane 2週間前
    • zy_kani 2週間前