ストライクガンダムゲーテ+グラディエーターストライカー
  • 4100
  • 0

ストライクガンダムゲーテ+グラディエーターストライカー

エドワード・ハレルソンが南アメリカ独立戦争後、南米に戻った際に国土自衛用として乗っていたといわれるMS。製造はモルゲンレーテ社でジャンク屋組合やサーペントテールの介入もあり、ストライクルージュのコピー機を製造、それをソードカラミティの予備パーツ等でカスタムした機体である。ストライクルージュベースな為カメラアイは緑色になっている。
ゲーテとはポルトガル語で偉人と言う意味で南アメリカ独立戦での彼への敬意として名付けられた。

たまたまリサイクルショップでソードカラミティ改造キットを購入してこれで何か作りたいと思いストライクベースで作ってみました。改造には改造キットのほかコアコンで余ったヴィトルーのパーツとかを使いました。塗装はシタデルカラーです。

ストライクガンダムゲーテ+グラディエーターストライカー アピールショット1
エールストライカー装備全体図です。エールストライカー自体に変更点は無く一般的な装備だがストライクゲーテの方に格闘戦よりな武装があるため、普通のエールストライクよりは近距離戦向けになっている。
ストライクガンダムゲーテ+グラディエーターストライカー アピールショット2
対装甲コンバットナイフ・アーマーシュナイダー 本来のストライクが持つ折り畳み式ではなくシースナイフ形となっており、ソードカラミティと同じく脚部に装備されてる。ストライク本体にあるアーマーシュナイダーの格納スペースはバッテリーユニットが格納されベース機よりも稼働時間が長くなっている。
ストライクガンダムゲーテ+グラディエーターストライカー アピールショット3
71式ビームライフル 本来はM1アストレイの主力兵装だが、南米ゆえのMSの火力制限やエドが射撃戦を重視しない戦い方なので比較的安価で入手しやすいということで装備している。
ストライクガンダムゲーテ+グラディエーターストライカー アピールショット4
ビームソード ゲーテの膝部に装備されている近接武装でソードカラミティのビームブーメランマイダスメッサーと同型の物、ブーメランとして使うのではなく出力調整によりビームソードとして使われている。
エールストライカーのビームサーベルと比べると高出力、消費電力が大きいので状況によって使い分ける装備となっている。
ストライクガンダムゲーテ+グラディエーターストライカー アピールショット5
グラディエーターストライカー装備全体図です。I.W.S.P.をベースにソードカラミティの装備がされ白兵戦向けのカスタマイズがされている。主翼の代わりに対艦刀装備しているため飛行能力はなくなっていいる。代わりにM1アストレイのメインスラスターを下部に装備しているため短時間の飛行とホバー移動が可能となっている。グラディエーターはポルトガル語で剣闘士という意味である。
各兵装は
115mmレールガン
105mm単装砲
ロケットアンカー パンツァーアイゼン
15.78m対艦刀 シュベルトゲベール
ストライクガンダムゲーテ+グラディエーターストライカー アピールショット6
一斉射撃状態 115mmレールガンは口径が変わらないものショートバレルになっており白兵戦にてバレルが干渉しないように短くなっている。遠距離での命中精度が下がったが、白兵戦がメインの本機では牽制などでしか使われない。レールガンは未使用時はスラスターユニット側に畳まれている。
ソードカラミティと同様とに対艦刀のグリップエンドからビーム砲を放射できるため単純に火力が高く射撃戦にも対応できる。
ストライクガンダムゲーテ+グラディエーターストライカー アピールショット7
15.78m対艦刀 シュベルトゲベール 本機の主兵装ソードカラミティの装備をベースにグリップエンドをコネクター兼ビーム砲の改造されている。
ストライクガンダムゲーテ+グラディエーターストライカー アピールショット8
2刀重ね合わせでの連結形態 エドがソードカラミティに乗っている時から使っていた形態で、切断面が大きく一振りによる敵機へのダメージが大きい
ストライクガンダムゲーテ+グラディエーターストライカー アピールショット9
2刀連結アンビデクストラス・フォーム ソードインパルスのデータを元にグリップエンドを改良した為できるようになった形態。白兵戦時の斬撃範囲が広くなっている。
ストライクガンダムゲーテ+グラディエーターストライカー アピールショット10
2刀連結ブロードソード・フォーム 対艦刀の背側で連結することで刀身が幅広状態になるモードです。1刀分の幅で2刀分の重さが乗るので切断力が上がる。
ストライクガンダムゲーテ+グラディエーターストライカー アピールショット11
色々な対艦刀のフォームを作りましたが、個人的にはアンビデクストラス・フォームが一番好きですね。各フォーム再現のため対艦刀にネオジム磁石をしこたま仕込みました。
ストライクガンダムゲーテ+グラディエーターストライカー アピールショット12
塗装前の状態です。ストライク本体は過去のストライク改造機で使わなくなった部分の寄せ集めです(笑)
膝にカラミティの肩パーツを付けてどうにかバランス良くしようと考えていたらヴィトルーの脛がしっくりきました。
ストライクガンダムゲーテ+グラディエーターストライカー アピールショット13
レールガンは取り外そうとしましたが、何となく寂しくなるので短くして干渉しないようにしました。
ストライクガンダムゲーテ+グラディエーターストライカー アピールショット14
ビームソードの刀身はビームサーベルのランナーを加工して作りました。

やっぱりストライクですなぁ

コメント

Zガンダム作品投稿コンテスト
15
ガンダムTR-1 ヘイズル次世代量産機 後衛仕様

ガンダムTR-1 ヘイズル次世…

ガンダムTR-1 ヘイズル次世代量産機 後衛仕様は、量産化を…

12
エルドラ ウィンダム ディストラクション

エルドラ ウィンダム ディスト…

アルスが惑星エルドラの制圧用にを用意した機体で主力であったエ…

14
ウイングガンダム フェニーチェ パニガーレ

ウイングガンダム フェニーチェ…

リカルド・フェリーニが祖国イタリアのバイクブランドドゥカティ…

9
ガンダム TR-6  ハイゼンスレイⅡラー

ガンダム TR-6  ハイゼン…

今年最後のガンプラはハイゼンスレイⅡラーです。他のガンプラに…