ASW-G-36 ガンダム・ツァラトゥストラス
  • 2044
  • 4

ASW-G-36 ガンダム・ツァラトゥストラス

 300年前の「厄祭戦」と呼ばれる大戦で運用された72機のガンダム・フレーム採用機の内の一機。
 オリジナルの機体名は、「ガンダム・ストラス」。厄祭戦後に再び戦場に舞い戻った際に「ツァラトゥストラス」と改名された。この名称は、世界最古の一神教といわれる拝火教(ゾロアスター教)の開祖「ツァラトゥストラ」とゲーティアの36番目に紹介されている地獄の大君主・悪魔「ストラス」を合わせた造語である。
 本機は、厄祭戦時に多くの外装が破壊されたため、ガンダム・フレームの中でも汎用性に優れた機体である「バルバトス」の外装が多く用いられている。また、対モビルアーマー用から対モビルスーツ用に調整されている。
 本機の機体特性を一言で表すならば、「消費」。武装にエイハブ粒子を自在に流入・変質させ、武器にγナノラミネート特性を付与したり、装甲をナノラミネートコートなみの性能に向上させたりできる一方、強化に伴って武装に甚大な負荷を掛ける。特にγナノラミネート特性の付与は、武器の寿命を縮め、一度使用すると数分でその武器は壊れてしまう。戦果と引き換えに数多くの武装を「消費」しなくてはならない機体であり、性能を100%発揮させた運用には多額の資金が必要になる。
 現在の「ツァラトゥストラス」を見ると、厄祭戦時の白ではなく、高額な黒系の塗装がなされていることから現運用主の高い経済力を窺わせる。

ASW-G-36 ガンダム・ツァラトゥストラス アピールショット1
 「消費」の特性がある本機には、多数の武器が搭載されている。
 腰部後面の大型ブースターには、刺突剣と騎士剣が二振りずつマウントされている。また、腰部側面には、ワイヤーで操作できるブレードが装備されている。オリジナル機では、どうやら相手のエネルギーを吸収する翼型の武装に内蔵されていたらしいが、現在、翼型の武装が破壊もしくは散逸してしまっているので、単体の武装として採用されている。
 
 本機には、多数の粒子貯蔵機器「エイハブコンデンサ」が腕部や脹脛部に内蔵されている。特に武器の粒子供給を行うために重要な腕部はナノラミネートコートのガントレットで堅牢に守られている。

武器一覧

・騎士剣(ナイトリーソード)×2
 希少な特殊超硬合金を使用した軽量・超硬度の剣。ガンダム・バエルの装備する剣と同規格である。

・ワイヤーブレード×2
 ブレードを射出するワイヤー付きの鏃。敵機のスキを突いた攻撃や牽制・重力下での立体起動の際などに使用される。
ASW-G-36 ガンダム・ツァラトゥストラス アピールショット2
・刺突剣(レイピア)×2
 細長い剣身の両刃剣。主に装甲の隙間や関節部、モニターへの攻撃に使用される。
ASW-G-36 ガンダム・ツァラトゥストラス アピールショット3
・騎兵長剣(コンツェシュ)×2
 鎧通し型の長剣。剛性は高いが靱性は低くく、敵機に一撃を入れると剣身が折れてしまうことが多い。使い捨てと完全に割り切り、剣身が赤く発光する臨界すれすれまで粒子を注入し、威力を高めている。主にコックピツトへの攻撃に使用される。
ASW-G-36 ガンダム・ツァラトゥストラス アピールショット4
・太刀×2
 高硬度レアアロイで精製された刀。蛤刃の分厚い刀身をもち素材も相まって耐久性が高い。アタッチメントを介してバックパックやブースターにマウントすることもできるが、刺突剣や騎士剣と違い重量があるので、騎兵長剣と選択式で装備されることが多い。
ASW-G-36 ガンダム・ツァラトゥストラス アピールショット9
・エイハブパーティクルブレード
 本機の奥の手であるビーム刃を発生させる兵器。通常ナノラミネートアーマーは、ビーム兵器に対して高い優位性をもつため、ごく短時間しか熱を伝えられないビームサーベルでは、有効な攻撃になりえない。しかしこの兵器の刃は、エイハブ粒子により構成されているため、ナノラミネートアーマーを無効化し、敵機を簡単に融解・切断することができる。弱点は、エイハブ粒子を肉眼で明確に観測できるほど高密度に凝縮する必要があるため、粒子消費量が著しいことである。
 この兵器を使い続けるとナノラミネートアーマーさえ維持できなくなり、終いには、モビルスーツを起動し続けることも困難になってしまう。厄祭戦時に粒子操作により堅牢なはずの本機の外装が数多く破壊されてしまったのは、この兵器を使い続けたからであるとも言われている。
 最強の刃であるが、同時に自らをも危険にさらす「諸刃の剣」である。
ASW-G-36 ガンダム・ツァラトゥストラス アピールショット10
ASW-G-36 ガンダム・ツァラトゥストラス アピールショット11
ASW-G-36 ガンダム・ツァラトゥストラス アピールショット12
 ガンプラ紹介にもある通り、地獄の大君主・悪魔「ストラス」をイメージした機体です。ストラスの画像を検索すると王冠を頭に乗せた足の長いフクロウが出てきたので、兜が嘴の様に上下にあり、変形したアンテナがミミズクの羽角(耳のように見える羽)に似ているアストレイ ゴールドフレーム天をミキシングに使用しました。また、鳥のイメージで翼は、安易に思ったので、背負いものはやめて、代わりに尾羽のイメージでブースターを腰に取り付けました。
 「消費」の特性を設定は、ストラスは大君主とあり、つまり王様なので資源を湯水のように使うだろうと思ったからです。
個人的に騎士風のMSが大好きなので甲冑イメージの塗装で仕上げました。
 果たしてエイハブ粒子は、ビーム兵器になるのだろうか…。

フクロウ×騎士のガンダム・フレームです!

コメント

  1. 疑似慣性制御能力があるらしいから
    頑張ればビームになるんじゃないかな・・・
    あとかっこよすぎか

  2. GODAI 1年前

    様々な剣を構えた姿が決まってる「ツァラトゥストラス」でした(設定も素晴らしかったです)(^‐^b

4
OURANOS(ウーラノス)

OURANOS(ウーラノス)

原初の神々の王であり、ギリシア語で天を表す「Οὐρανός」…

5
ガンダム・ティターニア

ガンダム・ティターニア

ティターンズカラーでまとめられた、中~長距離での銃撃戦に比重…

ビルドダイバーズRe:RISEコンテスト
9
プルトゥインガンダム

プルトゥインガンダム

戦艦やMAなど巨大な相手に対して、大きなダメージを与えられる…

5
ガンダム・アドライグχ

ガンダム・アドライグχ

ガンダム・アドライグχ(カイ) 以前投降した「ガンダム・アド…