UB(初) ”煉赤”検討鍛錬装備仕様
  • 288
  • 0

UB(初) ”煉赤”検討鍛錬装備仕様

(初)が”開眼”した時、”偶然”発見した赤いオーラ現象、それを解明し、運用するため、特殊装備を装着した姿= =

UB(初) ”煉赤”検討鍛錬装備仕様 アピールショット1
”開眼”は元々ブルーディスティニーが好きの”自分”が、EXAMシステムを真似して作ったガンプラバトル用システム= = その結果、EXAMシステムような性能を半分しか出せないが、偶然に赤いオーラを生まれた= =
UB(初) ”煉赤”検討鍛錬装備仕様 アピールショット2
研究をすすめると、赤いオーラが”機体のエネルギーを消耗するによって生じるもの”だけではなく、 ”機体のエネルギー消耗するによって、残りのエネルギーを赤いオーラに変換していく”ことを判明した= = (例を引くなら、プラフスキー粒子をUBしか使えない専用粒子に変換すること= =)
UB(初) ”煉赤”検討鍛錬装備仕様 アピールショット3
応用できるところが多い、そして使えば使うほど変換の速さがあげていく、最終的に赤いオーラが”鍛練している赤色”、”煉赤”と命名した(煉は中二)= = ”煉赤”を武装強化に着眼し、その一つ(あるいは第一段階)擬似ビームサーベル、”芯”を生成する、それはそのための装備という= = なぜわざわざ擬似ビームサーベルを生成するか、それは”金型”が必要だ、要するに”煉赤”を集中する具体的の形を作るという= = 装備が起動した時、機体のエネルギーは殆ど全部装置に供給するので、実戦には無理= =
UB(初) ”煉赤”検討鍛錬装備仕様 アピールショット4
最初は”煉赤”を集中し、連結するためだけで精一杯、何となく形になったが触るだけですぐ折れる= =
UB(初) ”煉赤”検討鍛錬装備仕様 アピールショット5
そしてバトルと鍛錬し続けると、やっと形を安定されて、まだまだ脆いが、装甲を装着しない素組みなら貫くことをできる(そして折れる)= =
UB(初) ”煉赤”検討鍛錬装備仕様 アピールショット6
UB(初) ”煉赤”検討鍛錬装備仕様 アピールショット7
その発展型(生成装置を小型化する、”芯”を巨大化するなど)は、UB(中)が搭載している= =
  • サイトの埋め込み

コメント0件

関連ガンプラ作品

2021年最新作
  • rating_star67
  • rating_star19