GUNSTA

コピーできました!

2021年最新作
UB(成)
  • 744
  • 0

UB(成)

日本語が下手なので、何か失礼なことをしたらすみません、では今度もよろしくお願いします= =

前で投稿した(初)と(中)の”後継機”、三十代の壮年期という==

UB(成) アピールショット1

”初”は剣士に憧れ、だから剣を振る、

”中”は剣士を嘲れ、だから爪を振る、

時は流れ、”自分”の才能がないことを認め、それでも初心を忘れない、

悩み続けて、そして見つけた答えの姿はそのガンプラである==

UB(成) アピールショット2

可動性、機動性及び索敵性能は(初)と(中)に劣るが、三機も搭載した特殊機能、

”煉赤”を最大限活用する、生き様を決めたとも言える一機==

UB(成) アピールショット3

”開眼”が3分ぐらいの時限モードを廃除し、スイッチの切り替えによって常時発動できるになった==

壮年期の”自分”は目の前の困難を避けず、真っすぐに向き合う、心境の変化を体現したこともある==

UB(成) アピールショット4

”開眼”が発動しないでも生成できる、(中)の”奥の手”、

”芯”は主武装の一つになった==

さらに様々な形があり、各所に生成ユニットを装備した==

普段のバリアを直接貫通できる威力は健在の上に、強化したバリアに対し、貫通できないでも赤い染みを残し、

バリアの構成を阻害するによって崩壊になる==

さらに”開眼”はオンの時、”芯”が折れた寸前自動的に補強する(”煉赤”の消耗も激しくになる)、

これでビーム兵器の衝撃を耐えて、切り裂くことを可能になる==

UB(成) アピールショット5

同時に最大9本を生成する==

UB(成) アピールショット6

尾の未端は”芯”を生成するユニットだけではなく、変質した”煉赤”の排出口でもある==

その変質”煉赤”を浴びされたものは、一定時間で”マーク”を付けた状態(犬のおxxxの感じ)になる==

エネルギーに潜むので、例えばブリッツガンダムのミラージュコロイドなどステルス技術でも看破することはできる==

トランザムような全身のエネルギーを活性化するシステムによって消散する以外、即座解除する方法がない、

確実、しつこいで追跡する==

UB(成) アピールショット7

予備”煉赤”生成ユニット、ビームサーベルけど”煉赤”を生成する、主に投げ道具として使う==

UB(成) アピールショット8

銃剣”響”、元々(初)が持つ武装、今は”芯”を生成できる==

UB(成) アピールショット9

銃剣”轟”、(中)の”獣”モードの頭ユニットの技術を応用した武装、

普段はスラスター、必要の時はビームキャノンや剣に変形する==

”響”と”轟”射出したビームも”煉赤”の特性を持つ==


そして鍛錬を積むの成果、次の段階への基石、見つけた答えの具現化==

UB(成) アピールショット10

その名は”偽剣煉写(いけんれんしゃ)”である==

”煉赤”を搭載した機体使ったことがある白兵戦武器は、(成)の両腕の排出口から放出した”煉赤”によって実体化する、


チートを使うみたいでも正真正銘の経験(中二)の力==

(GBFのカテドラルガンダムようなステージの粒子をコントロールできる能力、その真似、改造及び劣るものの感じ=‐)

UB(成) アピールショット11

”芯”はビームサーベルを金型として利用し生成すると違って、

”偽剣煉写”は”武器を使った記録”をステージに送信して実体化する、

その時”煉赤”はステージとリンクする、そして実体化中の武器の形を維持し効用をする==

状況によって武器を替えー一つを極める才能がない、ならば数の勢で勝負をつけるー無様な戦い方に言われるかもしれないが、

”自分”にとって、その生き様を誇りとする”証”がある==

”偽剣煉写”に適用できる武器の条件、上記通りその武器を使った記録、つまり熟練度が必要==

そのため、一つ武器を実体化するため、その武器を使って訓練と実戦しなければならない==

十回、百回.....種類によって必要の熟練度も違う、それでも満たすまで続く、

その中でもらった経験と想いは決して偽物ではない==

UB(成) アピールショット12

一つ技術も極めことなく、一つ武器も使いこなすことなく、

それでも”偽剣煉写”に刻んだ武器、今のところ(投稿日)は全部50種、歴戦の誇りは確実に存在する==



...............とはいえ、現実は残酷である==

ステージとリンクできる、システムを操ることができるかもしれない力けど、チートに誤認されたならまずいことになるので、

バリアを破壊できる”芯”、追跡に役に立つ変質”煉赤”と比べると、”偽剣煉写”は利点がいるけど、

欠点と制限も多い==

利点:

  • シリーズを問わず武器の特殊機能を使える

(ガンダムアスタロトオリジンのγナノラミネートソードの構造破壊能力、ガッデスのGNヒートサーベルのアンテナ機能など)

  • ”煉赤”を供給されるによって”芯”の特性を得るそして振ると同時に武器の中の”煉赤”を放出すると、”剣気”ような赤い軌跡を引き出せ、目標を”切り溶け”する

(威力は”芯”より弱いが、種類によっての範囲と形も違う、ちなみに”響”と”轟”も応用できる)


UB(成) アピールショット13

UB(成) アピールショット14
  • ”芯”の生成より消耗が低い

(実体化必要なエネルギーはステージから提供する、”煉赤”はあくまで完了までの金型)


欠点:

  • オリジナル武器記録不可

(主にGBF、GBDおよびガンプラバトルに関する作品のオリジナル武器、

でも量産タイプと些細な改造した武器は可)

  • 射撃武器記録不可、射撃機能を持つものはその機能が失う

(”自分”は射撃に向かえない、それに構造が複雑すぎと思う)

  • 手に離れ及び折れたなら、僅か数秒で消える

(チートに誤認されないための処置、”芯”のように補強することもできない)

  • 完成度は素組みに超えない

(原因は同上、実体化の早さを高めるための理由もある)

  • 種類によって実体化する必要な時間も違う

(金型になる”煉赤”の排出の速さに左右される、”開眼”をオンにするなら一瞬で完成するが、定額以上の消耗は必要)

など=‐

”偽剣煉写”は決して戦局を逆転できる力ではない、むしろ戦うの最中に判断ミスによって障害になるかもしれない。

それでも”自分”の生き方だ、喜んで受けるだけだ==


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


UB(成) アピールショット15

あれは7年前のことだった、GBFシリーズと出会うこと==

最初は暇つぶしのため新しいガンダム作品を鑑賞するつもりが、まさか完全に見せられたと思わなかった=‐

ほんとうはSEEDシリーズが放送した時、既にアーマードコアようないろいろなパーツを使って自分の専用機を作るつもりが、

結局自分は何が欲しいでもわからないので諦めた==

そしてあの日、私の考えを受けできるGBFシリーズの世界観によって、私はガンプラを再開した==

もちろん、GBFシリーズと出会う前私はFATEシリーズから受けた影響も大きい、”偽剣煉写”は所詮”あの人”の生き様の劣化真似に過ぎない==

何を作りたい、それは何が意味があるのか、どうやって体現するのか..........悩んで、考えで、7年間でずつと==

”好きだからこそ本気になれる”はこういうことかな==

UB(成) アピールショット16

とにかく、最初の姿から作って見よ―

(初)と(中)はその過程の体現の一部とも言える、

”10代と20代の自分はどんな奴なのか”を再確認する(とくに黒歴史)ことも楽しかった==

そして完成した”成”は間違えなく”今の自分自身”だろう==

特別の特長や才能を持ってない、それでも覚えた技能(武器)と小賢しい(”煉赤”)を使って、未来への道を切り拓く==



次は100本を集めた時かな==......

では、ここまでご覧頂きありがとうございます= =

  • サイトの埋め込み
7年、長いな==........

コメント0件

= =

関連ガンプラ作品

2021年最新作
2021年最新作
  • rating_star2
  • rating_star3