HGUC グフフライトタイプ(ガンダムベースver)
  • 328
  • 4

HGUC グフフライトタイプ(ガンダムベースver)

ガンダムベース限定のグフ・フライトタイプです。
川口名人監修のカラーリングとデカールということで、あまり手を加えたくなかったので、頭部のプチ工作の他は、部分塗装とウェザリングのみで仕上げています。デカールも付属のもの以外は極力使わず、キット付属の物を主に使用。
素材の味を存分に堪能しました。

HGUC グフフライトタイプ(ガンダムベースver) アピールショット1
立ち姿。 全身にサビや塗装剥がれ、風雨や砂汚れをイメージしたウェザリングを行っています。 今回はサビの表現に、ピグメントを使用しました。 また、ガトリング部分はガンダムマーカーシャインシルバーとゴールドで塗装しています。
HGUC グフフライトタイプ(ガンダムベースver) アピールショット2
背面。 各部のスラスターは、ガンダムマーカーシャインシルバーの上に水性ホビーカラーのクリアレッドを乗せ、さらに内部のモールドに上からシルバーやゴールドで塗装を施しました。 また、ふくらはぎのフレア内部はキットのままだと目立つため、ブライトガンメタルのスプレー缶で塗装しています。
HGUC グフフライトタイプ(ガンダムベースver) アピールショット3
脚部のエアインテークは、シルバーで塗装した上にグライム塗料でウェザリングしています。 他にも脚部は形状が複雑なこともあり、汚れがたまりそうな所に強めのウェザリングを施しました。 また、腕部の3連装35mmガトリング砲のセンサーはHアイズをそのまま接着しました。(なので外に飛び出ています。単なる妥協です。)
HGUC グフフライトタイプ(ガンダムベースver) アピールショット4
頭部は下記の改修を行っています。 ・モノアイの可動範囲拡大 ・Hアイズ埋込み ・首ポリキャップ1mm延長 グフフライトタイプのモノアイ可動範囲はびっくりするほど狭いので、可能な限り削り込むか、いっそグフカスタムの頭部にしてしまうのがいいかもです。
HGUC グフフライトタイプ(ガンダムベースver) アピールショット9
モノアイ改修中。頭部下部パーツの穴を広げると、モノアイの可動範囲が広がります。自分は細いノコギリとナイフで削りました。
HGUC グフフライトタイプ(ガンダムベースver) アピールショット10
スラスターの塗り分け中。筆は使わず爪楊枝で色を乗せています。
  • サイトの埋め込み
戦闘機っぽいカラーとデカール、こちらもウェザリングせねば無作法というもの

コメント4件

  1. Tulsa_Birbhum 6か月前
    • てんぱまるおじ 6か月前
  2. 水無月シグ 6か月前

お気楽仕上げで積みを崩していく人です

関連ガンプラ作品

2021年最新作
2021年最新作
  • rating_star18
2021年最新作