タフッガイ
  • 376
  • 0

タフッガイ

普段から小さくてカワイイばかり言われるプチッガイが若干かわいそうにも思えてしまい、屈強な体を与えて逞しくしてあげました。
…のは建前で、本音は「プチッガイの頭だけ余ったから有効活用したい」です。正直やり過ぎたかもしれない。

軽装状態。
 頭:HGBF ベアッガイF(HGPG プチッガイ)
 胴:HGBF ハイモック
 腕:MG リックドム+HGAC ウイングガンダムゼロ
 腰:HGBF ハイモック
 脚:HGUC ドーベン・ウルフ

バックパック等は一時的に外しています。
全身には手持ちのマーキングシールから適当に。
※写真編集中に左側の被写体の左右反転を修正するの忘れました。

まさかのベアッガイⅢ超え。強化しすぎたか…?

追加装備。
 HGBC Ez-ARMS
 HGBC スカルウェポン
 HG 1/100 ガンダムダブルエックス
 1/144 ガンダムヴァサーゴ
 ビルダーズパーツHD MSランチャー01

MSランチャー01をサイドアーマー化し、不要になった腰両側のPCは外しています。腕がMGなので上半身の自由度は高め。
ポージングは「流派!」でお馴染み あの方 を模倣したつもり。
脚はドーベンそのままで、そんなに自由度は高くないです。

武装形態(フル装備)
スカルウェポンの台座を2つ使い、ヴァサーゴのストライククローアームでEz-ARMSに接続しています。
ダブルエックスのG-ハンマーは、経年劣化状態からの再利用。リックドムの五指独立可動にもフィットしたので即決。

G-ハンマーをシャープ化していないのは、友愛なるタフッガイの優しさ。元のリード線はとっくの昔に紛失しており、適当なキットから拝借。
なぜ友愛かは、それぞれの字を耳の後ろにマーキング。

腹と腰の塗り分けはプチッガイを意識し、筆フリーハンドだったりします。そうでもしないと、プチでもガイでも無くなるために。

大地に 聳える 黒鉄の 熊

頂点(とっぷ)を ねらえ!

み ぃ つ け た 。

左:前期 / 右:後期(一部パーツは外しています)
前期構想だと既に作例があったのでこのままでは出せず、改変を繰り返した結果が右の魔物に。あのマスコットキャラの豹変ぶりは自分でも正直予想外でしたね。塗装前はかわいかったのに、どうして…

MGリックドム腕はそのまま接続できないため、ハイモック用に合わせています。元々あった接続部を、wave PC-03 に変更し、同プラサポで保護して元のPCで挟み込み3mm化。
プラサポは無加工でも丁度良い幅でした。

出来た肩にスカルウェポンとウイングゼロ肩の各ジョイントを使い、最適化させた物が右側の腕部になります。経年劣化で表面の成型色が色褪せていたものの、可動は生きていました。

ハイモックの頭部ジョイントではプチッガイと繋がらないため、上側のボールジョイントを落として3mm開口。そこに短く切ったプラ棒とプチッガイのPCを差し込み。開口時にPCの枠が切れていますが強度面には支障が無く、よほど激しく動かさない限りは外れません。でもポージング次第では頭が時々ワープします。

バックパックは上記の通り、各HGBCをヴァサーゴのアームで接続。シールドアーム化させています。HGBCのアーム群に比べて自由度は高くないものの、腕との干渉を避けるには十分。しかし装備すると腕の可動域が若干制限されがちで、ポージングによっては大盾のみ外しています。

バックパック装着時に胴体との間が若干開くものの、そんなに目立たなかったのと大盾の位置がズレ込んでしまうため、バランス調整の観点からこのまま使いました。

同一カラーの連続使用により容量の消耗も激しく、今回は3色+1に。久々の筆全塗装です(今までは一部を塗らなかった)
ブラッドレッドはスカルウェポン台座のドクロにドライブラシでかけていますが、タフッガイ的にはトマトケチャップなようです。

親子対面(プチッガイ分裂)
なぜプチッガイの頭だけ余ったかは、過去作のバケモノが原因。
ベアッガイF側の頭も余っていますけど、あまりに大き過ぎて使い道も思い付かないのが悩みの種ですね。

MGの腕を使った理由の1つは、祖母が昔買ってくれた思い入れのある品です。しかし経年劣化の影響を受け半壊状態になり、朽ちてしまう前にどうにか別の形に再生したい思いにより本作に繋がりました。
…お盆期間中ご先祖様がこの魔物を見たら、どう思われるんでしょうかね? 最後に一言申し上げるなら、あくまで HG プチッガイ です。

  • サイトの埋め込み
プチッガイは やさいを たべて おおきく なった!

コメント0件

成型色仕上げと部分塗装が主な割に、全塗装の頻度も増えてきました。ツヤ調整を含め基本的に全て筆塗り。技術は皆無でも楽しく、可能な範囲で様々な表現をして行ければと思います。少しでも楽しんでいただけたら幸いです。 【忍者MS化企画】は本物の忍術伝書も参考に、一般的なイメージとは全く異なる観点から、需要無視で理想的な独自の忍者ガンプラを表現するものです。が、そうでもない物も多く混ざっていたりします。あくまで目安!

ジム・クリード

忍者MS化企画第22弾。各パーツの組み合わせで忍者(史実寄り)を意識し…

  • 0
  • rating_star27
  • 456

ジム・インテンス

忍者MS化企画第21弾。前作と同様にジャンク状態だったパーツを使い、N…

  • 0
  • rating_star13
  • 224

十六夜

忍者MS化企画第20弾。ジャンク状態だったパーツの組み合わせで、ニンジ…

  • 0
  • rating_star12
  • 112

ファルサゼータガンダム

スクランブルガンダムの一部を変え、Zっぽい配色にしました。ファルサはラ…

  • 0
  • rating_star21
  • 296

関連ガンプラ作品

プチムームー

NHK Eテレ「おかあさんといっしょ」の人形劇「ガラピコぷ〜」より、気…

  • 2
  • rating_star22
  • 144

仮面ライダーセイバープチッガイ

ゼロワンに続く令和ライダー第二弾「仮面ライダーセイバー」をプチッガイで…

PT☆Egret(プチッとイーグレット)

こちらも塗装の練習がてら。 プチッガイを地元のご当地アイドル「WT☆E…

  • 0
  • rating_star7
  • 136

ベアーネン・クマーガー

パワードスーツ的なプチッガイ、作ってみました。頭頂部のハッチから乗り込…