GUNSTA

コピーできました!

1/144ドワッジ改(デザート・ロンメル仕様)[ミキシングビルド]

1/144ドワッジ改(デザート・ロンメル仕様)[ミキシングビルド]

1/144HGドムと旧キットのドワッジとのミキシングビルドで製作しました。ドムにドワッジのボディ後半を移植してフォルムを形成し、頭部はエポキシパテを盛り削りして、H型の形状にしています。足元にいるのは、1/144ドイツ軍兵士改造のデザート・ロンメル中佐のフィギュアです。

1/144ドワッジ改(デザート・ロンメル仕様)[ミキシングビルド] アピールショット1

巨大なビーム・カノンは、グリップの部分をビーム・バズーカから移植しました。それにより、グリップが可動することで、より構えやすくなりました。照準器や先端に金属部品を用いることで、精密感を上げています。また、ヒート・サーベルの取付基部に回転軸と可動機構を設けているため、写真のようにポージングの邪魔にならないように角度を付けることが可能です。

1/144ドワッジ改(デザート・ロンメル仕様)[ミキシングビルド] アピールショット2

下面からのショットです。脚の裏は丁寧に塗り分けるとともに、マーキングや金属部品の埋込等を行いました。スカート内及び両肩のロケットノズルには金属部品を使用し、クリアブルーとクリアイエローで焼けた表現にしました。両肩のアンテナは、好みでブレード状に変更しています。

1/144ドワッジ改(デザート・ロンメル仕様)[ミキシングビルド] アピールショット3

ガンダムチームとの戦闘で、部隊を全滅させられたにもかかわらず、自ら敗北を認めようとせず、ジュドーのダブルゼータに突進するシーンを再現してみました。デザート・ロンメルの咆哮が聞こえてくるような、鬼気迫る感じを狙ってみました。

1/144ドワッジ改(デザート・ロンメル仕様)[ミキシングビルド] アピールショット4

両刃のヒートホークは、HGカスタマイズキャンペーンのものを使用しています。スカートの縁に、エバーグリーンの凹凸モールドの入ったプラバンをスライスして貼り付けることで、密度感を上げました。ビーム・カノンの改造やディティールアップの箇所が分かるショットです。

1/144ドワッジ改(デザート・ロンメル仕様)[ミキシングビルド] アピールショット9

左から、ドワッジH型、ドワッジG型、ノーマルドムの頭部を並べてみました。ドワッジの頭部は、旧ドワッジの組立説明書にある解説イラストを参考に、ポリパテで延長して製作しています。なお、設定にあるG型のバルカン砲は取り付けていません。デザート・ロンメル仕様のH型の塗装前は次の写真です。

1/144ドワッジ改(デザート・ロンメル仕様)[ミキシングビルド] アピールショット10

黒いところはドム、赤いところはドムのモノアイレール、黄のところはポリパテ、グレーのところは旧キットのドワッジ、白のところはプラバンです。アンテナにビルダーズパーツの部品と金属部品を用いることで、精密感がアップしました。また、塗装後、両側のバルカン砲にも金属部品を埋め込みました。

1/144ドワッジ改(デザート・ロンメル仕様)[ミキシングビルド] アピールショット11

背面のディティールが分かるショットです。旧キットのドワッジのボディ後ろ半分を接着し、隙間をエポキシパテでやや強引につなげるかたちをとりました。首回りの加工に注意を払い、違和感のないように移植できました。

1/144ドワッジ改(デザート・ロンメル仕様)[ミキシングビルド] アピールショット12

塗装直前の状態です。ドムに"ドワッジなところ"を次々に移植していくかたちで、ミキシングを進めていきました。このたびのカラーリングは、1/100MGドワッジ改の整形色を意識してみました。

  • サイトの埋め込み
1/144ドワッジ改(デザート・ロンメル仕様)をミキシングビルドで完成させました。

コメント6件

  1. Zoo 1か月前
    • あやぽん 1か月前
  2. Tulsa_Birbhum 1か月前
    • あやぽん 1か月前
  3. マッシブ! 1か月前
    • あやぽん 1か月前

主に1/144ガンプラとマシーネンクリーガーをマイペースで製作。第23回全日本オラザク選手権一次審査通過。ガンダムベース福岡主催「渾身の作品を~(2019.11.30~2020.3.31)」及び「~GBNにDIVEせよ!(2020.7.1~11.1)」入選。

関連ガンプラ作品