GUNSTA

コピーできました!

MS06R-2-IMP

MS06R-2-IMP

MS-06R-2高機動型ザク2後期型
次期主力MS採用コンペティションで
リックドムに敗れ
総生産数は4機
実戦投入は3機しかされなかった
開発チームに残されているR2型の内1機は
徹底的に改修されR3型
MS-06R-3S高機動型ザク2(ゲルググ先行試作型)
へとなる

しかしながらドズル・ザビ中将専用
(MS-06R-2高機動型ザク2後期型)
MS-06R-2Sもまた存在している様で
この機体が完成したのは
R3型が完成した後だった
(ソロモン戦ではビグザムで出撃している為 実戦は未確認)

近年ではサンダーボルトでも登場する

総生産数は4機とされる
MS-06R-2高機動型ザク2後期型のはずが
他にも確認されている記述があり

おそらくは開発チームは1つでは無かった
そもそも4機と云うのが誤りだった

と云う事で 今回の機体は
MS-06R-2高機動型ザク2後期型
の改良型であり
MS-06R-3S高機動型ザク2(ゲルググ先行試作型)
に近い機体
と云う設定で作製

MS-06R-2-IMP高機動型ザク2後期型 改(IMPROVEMENT)
です

MS06R-2-IMP アピールショット1

ヒート・サーベル  Type-βIV俗に「グフ・サーベル」とも呼ばれるシールド裏に装備されている格闘武器収納時は柄のみの状態だが柄に充填されているセラミックス系の微粒子を主成分とする形状記憶処理済みの高分子化合物によって瞬時に刀身を形成し灼熱化した巨大な剣となる
本機は腰にマウントしてる

MS06R-2-IMP アピールショット2
MS06R-2-IMP アピールショット3
MS06R-2-IMP アピールショット4
MS06R-2-IMP アピールショット9

F2ザクと三連星のニコイチ

胸部盛ってます

MS06R-2-IMP アピールショット10

全体的にまとまって来ました

MS06R-2-IMP アピールショット11

足関節

踵3ミリ延長

ボールジョイント接続部のポリキャップ

可動範囲設けるために少しカット

MS06R-2-IMP アピールショット12

足こんな感じです

股関節や胴体部でも延長

足は厚底ブーツな感じで延長してます

素組みと比べると1センチほど

身長伸ばしてます

  • サイトの埋め込み

コメント0件

ガンダムはリアルタイムで プラモ狂四郎に憧れる小学生でした 当時は ホビージャパン コミックボンボン 模型情報 が愛読書で 日々ガンプラに向き合って過ごしてました 授業中にコアブースターを作っていて笑 先生にめちゃくちゃ怒られました ジオン系のMS MAが好きで 開発 時代背景を意識しつつ 設定を考えながら ガンプラをいじって作ってます

関連ガンプラ作品

  • rating_star47
  • rating_star93