1/144モビルワーカー・ブルドーザータイプ
  • 452
  • 2

1/144モビルワーカー・ブルドーザータイプ

「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」より、モビルワーカー・ブルドーザータイプを製作しました。使用したキットは、HG 1/144 RTX-65 ガンタンク初期型及びHG 1/144 モビルワーカーMW-01 01式後期型(マッシュ機) です。流用しにくい部分については、プラ板やプラ材で自作しました。なお、細部は設定画どおりに再現せず、雰囲気重視で製作しています。

1/144モビルワーカー・ブルドーザータイプ アピールショット1

両腕を上げたショットからは、車体前面のディティールが分かります。チェーンやフックを取り付けて、それらしくデコレートしてみました。

1/144モビルワーカー・ブルドーザータイプ アピールショット2

肩のストライプ模様はマスキングで処理しました。スケールモデルの模型誌等を参考に、キャタピラの塗装とウェザリングを行っています。

1/144モビルワーカー・ブルドーザータイプ アピールショット3

1/144バイト中?のシャアとララァを製作しました。シャアはNゲージのフィギュアを改造し、ララァはRGガンダム付属のアムロから製作しています。

1/144モビルワーカー・ブルドーザータイプ アピールショット4

背面のショットです。両肩の動力パイプは4㎜径のスプリングを使用し、プライマーを塗ってから塗装しています。無骨な雰囲気を出すのに一役買っています。

1/144モビルワーカー・ブルドーザータイプ アピールショット9

基本的に、ガンタンクの下半身にモビルワーカーの上半身をつなげるかたちで製作しています。ヒジがキャタピラにかからないように、かつ、ブルドーザの排土板(ブレード)もキャタピラに触れないように、慎重に調整を行いました。

1/144モビルワーカー・ブルドーザータイプ アピールショット10

白い部分はプラ板やプラ材、オレンジの部分はモビルワーカー、下半身は丸々ガンタンクです。

1/144モビルワーカー・ブルドーザータイプ アピールショット11

ブルドーザの排土板(ブレード)は、プラ板を貼り合わせて自作しています。スケールモデルや重機のミニチュア等から、ジャストサイズの流用部品を探したのですが、なかなか見つかりませんでした。設定画や劇中の登場コマを参考にして、形状を決めています。

1/144モビルワーカー・ブルドーザータイプ アピールショット12

ガンタンク初期型の前面の武装が付いていた部分は、全て取り払ってプラ板で塞ぎました。

モビルワーカー・ブルドーザータイプの完成品写真と製作記事です。

コメント

  1. Tulsa_Birbhum 2か月前

    塗装前の状態、ラジコンで売ってそうな雰囲気がありますね。

    • あやぽん 1か月前

      Tulsa_Birbhumさん、ありがとうございます。ラジコンだったら、楽しいでしょうね!腕部の上下可動や上半身の旋回、モノアイの点灯等、ギミックが多いとなお楽しいと思います!今回の塗装にあたっては、実際にブルドーザーやショベルカーといった重機を観察し、サビや砂埃の表現に挑戦しました。

9
1/144マン・ハンター仕様ジェガン

1/144マン・ハンター仕様ジ…

「機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ」より、1/144マン・…

9
RGジオング(カット・モデル&メカニック・モデルテイスト)

RGジオング(カット・モデル&…

1/144RGジオングを、カット・モデルやメカニック・モデル…

9
1/144ガルマ・ザビ専用グフ(グフ複合試験型)完全変形リトル・ドップ付

1/144ガルマ・ザビ専用グフ…

1/144グフ複合試験型を製作しました。一説には、ガルマ・ザ…

9
「機動戦士ガンダムサンダーボルト外伝3」登場「ロレンツォファミーリア」

「機動戦士ガンダムサンダーボル…

「機動戦士ガンダムサンダーボルト外伝3」に登場した「ロレンツ…