GUNSTA

コピーできました!

MG ジャスティス

MG ジャスティス

今回はMGジャスティスを制作しました。
前回のPストライクとは異なり、基本的には元デザインの配色そのままにオリジナルで塗り分けや差し色を施す方向で制作しました。
Ver.RM以降のSEEDMGキットは無改造のままでも十分ハイディテールなので肉抜き穴のパテ埋め以外は特に弄っていません。

MG ジャスティス アピールショット1
MG ジャスティス アピールショット2

前回同様フレーム等グレー成型のパーツはガンメタで塗装。
その他機銃部やスラスター・インテークらしき部位はシルバー、装甲の一部をパネルラインに合わせて胴体のダークグレーで塗り分けています。
ツインアイはクレオスのGXメタルグリーン、イエロー部はシールド以外はGXメタルイエロー(ゴールドではない)に変更しています。
今回地味に気に入ってるのがセンサーのクリアブルー、クリアカラー故に下地も吹けず発色もしづらいので何度も塗り重ねる必要があったのですが、他機体のセンサーと異なりジャスティスのトサカのセンサーはとても目立つのでここを妥協するわけにはいきませんでしたが、最終的にはムラなくかつちゃんと透明感のある発色をさせることができたので満足です。

MG ジャスティス アピールショット4

ファトゥム-00
00よりも先に実は”ダブルオー”の名前の付いたバックパック。
バックパックがSFSになるというコンセプトは面白いけど、これ自分で乗る必要はなくない?とは思いますが面白いギミックなのでやっぱり乗せてみました。
SFSとしてはガンダムシリーズ最小?なんでしょうかね。逆に背負いものとしては大きい方なのでSEEDの世界観にあったケレン味溢れるユニークな装備だと思います、バックパック時のシルエットはカッコいいですね。

MG ジャスティス アピールショット5

ラケルタ ビームサーベル アンビデクストラス・ハルバードモード
名前が長い、ですがSEEDの装備名は一々カッコいいですね。
ビームサーベルの連結はSEED系ならでは。
キットに対して細かい不満を挙げるとするなら、持ち手のバリエーションにピンの付いてない握り手がないので、サーベル連結時にピン穴のある場所しか持てないことですかね、作中の描写的に連結時は連結部を持っていることがほとんどだったはずです、この点は他グレードやロボット魂等で出てるジャスティス(フリーダムや∞も含む)より明確にマイナスポイントですね。
フリーダムはともかく連結してるイメージの強いジャスティスだとここがネックになってしまいますね、切り飛ばせば済む話なんですが巣組み派にはこれはキツい仕様ですね。

MG ジャスティス アピールショット6

今回はとにかく塗り分けのみ制作しましたが、マーキングシールと合わせてこれだけでも十分な密度感が得られますね、無理にディテールアップを施さなくても情報量が多いので(前述のビームサーベルの点を除けば)とてもいいキットでした。
あと今までは艶消しのトップコートをクレオスのスーパークリアつや消しを使用していたのですが、今回からガイアノーツのEXフラットクリアーにクレオスのフラッっとベースなめらか・スムースをそれぞれ丸々一瓶ブレンドしたものを使用しました。
実はこれ以前から流行ってた艶消し配合らしく、このキットの制作中にふとなんとなく改めてトップコートについて調べていたらこの配合が良いという情報をたまたま見かけたので今回試しに使ってみましたが、これは予想以上に良いですね。ちゃんと艶は消えてるんですけど(アスラン)ザラザラではなくてサラサラしてるのでとても落ち着いた質感になっています。

実はこの作品はすでに去年の時点で完成していたのですが、今回同時に投稿するもう一作品とセットで投稿したかったので今の今まで寝かせていました。
ようやく投稿することができて良かったです。

  • サイトの埋め込み

コメント0件

スローペースな週末モデラ―です。 制作は基本的に、あまり改造はせずに全塗装のみで済ませるものが大半です。 こちらに登録前する大分前から制作活動はしていたものの、最初は特に人に見せるつもりもなかったので人目に付くようなことはしていませんでしたが、心境に少し変化があったので作品投稿をしてみようと思いました。 よろしくお願いします。

関連ガンプラ作品

  • rating_star26