不動棺桶提灯
  • 128
  • 0

不動棺桶提灯

旧キット『1/144 ボール』に付属するミニサイズ(1/250)ボールで、ちょっとした小物を作ってみました。提灯に見立てています。

正面
レンズ部はH・アイズの6.5mm径に。

側面
旧ボール本体以外はHGBCで構成。全高はアームを含めて6cm弱。
明かりが灯ったような色を試してみました。

背面
スラスターは排除。サイズがピッタリに収まるように。

この提灯と十手を同時装備により、火盗改へと転身するのだ!
火盗改とは「火付盗賊改方」の略で、放火・強盗・賭博の取締役。よく時代劇で御用だ御用だ言ってるアレです。
前作の鶺鴒に装備させると、『火盗璽武改』(かとうじむあらため)
火盗じゃなく火付にしてしまうと「ジム絶対裁くマン」になってしまい、自らも取り締まり対象になるので。
肩サーベルグリップが赤いのも、警察仕様から火盗改に至るまでの名残。

この提灯を持たせるとシールド装備できなくなるので、十手とセット装備になります。十手は捕縛術のための装備と思われがちですが、それだけではなく受け流し(カウンター技)にも使わせています。
実弾射撃は叩き落とすか跳ね返し、実体剣は弾きます。格闘は受け流し、覚醒兵器は叩き落とす(当てられればの話)
十手は金色に塗って対ピームコーティング処理を施し、ビーム格闘やビーム射撃も軽減化。刺突も併せて攻防一体型の万能武器にしました。
ただし貫通ビームは防げない。

SDにもこんなキャラいたなって事で、衝動的に作りました。
中身は空でもそれなりに重さがあるため、手首の強さが求められます。武器持ち手は『HGBC 次元ビルドナックルズ角』より。

分類上は、手持ち可能な索敵ポッド。レンズ部がサーチライト。
ただの飾りじゃなく、左右に実弾ロケット砲を装備。
サブアームでガッチリと固定してあるので射撃時は無反動です。
ロケット弾を当てて動きを固めた後に、十手で制裁!

自立(?)も可能な、動けぬ棺桶。
十手(HGBC 祭ウェポン)を使わない時は、HG鉄血オプションセット6付属のジョイントパーツと合わせて、左サイドアーマーに懸架。

御用!御用!

曲者はどいつだ!?(コイツ

HGBCのアームズ2種+ジャイアントガトリングのハンドグリップでサブアームを構成し、PC-03+同プラサポ+3mmプラ棒で1/250ボールを固定しています。

ボール本体の上下は既に開口されてあるので、3mm径に拡張。中にプラ棒を通してガッチリと固定。当初はプラ棒なし接着の予定でしたが、接着面が殆ど無く重みも多少ある事から安定性を考慮。

小物に使った塗料。
うっすらと光の灯った提灯を表現するために、FA:G用のホワイトフレッシュカラーを使ってみました。棺桶提灯のあの色は肌の表現ではありません。念のため。

肝心の1/144も、今の所は小道具(西瓜割り)としての使い道。
普通に塗るか、また曲者に仕上げるかで迷いますね。

以上です。あくまで旧キットのボールが主役!

  • サイトの埋め込み

誤用の御用

コメント0件

成型色仕上げと部分塗装が主で、ツヤ調整を含め基本的に全て筆塗り。技術は皆無でも楽しく、可能な範囲で様々な表現をして行ければと思います。少しでも楽しんでいただけたら幸いです。 【忍者MS化企画】は本物の忍術伝書も参考に、一般的なイメージとは全く異なる観点から、需要無視で理想的な独自の忍者ガンプラを表現するものです。が、そうでもない物もかなり混ざっていたりします。あくまで目安!

ジム改 ワグテイルTB

『ジム改【ワグテイル】コンバージョンパーツ』を組み込んで、TB(ティタ…

退魔士 虚無異次

退魔MS化企画第2弾『こむいーじー』 前作との同時製作物。同じく妖怪退…

退魔士 斗頼閃

退魔MS化企画第1弾『どらいせん』 妖怪ハンターみたいな何かを表現して…

阻獄邪武楼

忍者MS化企画第18弾。 「見た目は ゾゴック(ジャブロー攻略戦仕様)…

関連ガンプラ作品

ボール

5本指にしたら武装の幅が増えた

  • 0
  • rating_star11
  • 72

ボールローダー

ハロローダーにボールを乗せました。オレンジ色ですが先行量産型ではなく普…

旧キット ボール

写真に撮るとグラデがわからない  写真にわかるようにグラデするとケバい…

  • 2
  • rating_star14
  • 152

HGUCボール(大河原版塗装)

大河原版塗装を筆塗りで仕上げました コクピット上下のパイプをアルミ線に…

  • 0
  • rating_star30
  • 232