GUNSTA

コピーできました!

Gフレーム12 イージスガンダム(RG風 部分塗装)
  • 528
  • 0

Gフレーム12 イージスガンダム(RG風 部分塗装)

食玩のイージスガンダムの赤を3色で塗り分け、デカールを貼ってリアルグレード風にしました。

 目立つゲート跡をデザインナイフで切り取り、ライフルのパーティグラインをおおまかに消しました。それ以外のペーパーがけはしていません。

 元の成形色や塗装を生かせる部分はできるだけ生かし、ほとんどの部分の塗り分けは、ヘッドルーペを使わない程度に気楽にMr.カラー主体で筆塗りしました。
 透け防止のため、パーツ裏に水性ホビーカラーの黒っぽい色を塗り、はみ出た部分はマジックリンでふき取りました。トサカの薄い部分は光が透けて安っぽく見えるので、成形色に似た色で塗装しました。

Gフレーム12 イージスガンダム(RG風 部分塗装) アピールショット1

うしろ

 デカールは、ガンダムデカールのseed用、ユニコーン用、ガンダムOYW用などを貼りました。デカール貼りに失敗した部分は、けっこうそのままになっていたりします。
 後ろから見ると、バインダーの肉抜き穴が目立ちます。
シールド裏は、充分に塗り重ねていないので、多少、赤みが残っています。

Gフレーム12 イージスガンダム(RG風 部分塗装) アピールショット2

横から

機体番号のマークをななめに貼ったので、ザフトのマークもそれと平行に貼りました。

Gフレーム12 イージスガンダム(RG風 部分塗装) アピールショット3

バインダーには、このようにデカールを貼りました。

バインダーの上の黒っぽい部分のデカール貼りを失敗したので、他のデカールを継ぎ足してごまかしました。

Gフレーム12 イージスガンダム(RG風 部分塗装) アピールショット4

まえ

ライフルのパーティングラインが目立ったので、ペーパーがけし、成型色を生かそうかと思いましたが、ウェルドラインが隠しきれなかったため、結局、部分的に塗装せざるを得なくなりました。

Gフレーム12 イージスガンダム(RG風 部分塗装) アピールショット5

うしろ

フレームの露出している部分に装甲の色を塗装して、それらしく見えるようにしました。

Gフレーム12 イージスガンダム(RG風 部分塗装) アピールショット6

下から

足裏に肉抜き穴はありません。

Gフレーム12 イージスガンダム(RG風 部分塗装) アピールショット7

先日作ったガンダムアーティファクトのナイチンゲールと並べてみました。

 今回、イージスガンダムを息抜きで作ることになった元凶です。
ナイチンゲールの境界塗り分けに疲れ切り、今回のイージスガンダムでは、これまででは考えられないくらい妥協点を低くして、ヘッドルーペを極力使わずに製作しました。

Gフレーム12 イージスガンダム(RG風 部分塗装) アピールショット9

延長工作のため、腕と脚の軸が奥まで入らないように適当に加工したパーツ(銀色に塗装した部分)を貼りました。

Gフレーム12 イージスガンダム(RG風 部分塗装) アピールショット10

パーツが奥まではめられなくなるので、そのぶん腕と足が長く見えるようになります。

Gフレーム12 イージスガンダム(RG風 部分塗装) アピールショット11

太もも上部に貼ったパーツは、後ろから見てスカスカして見えないように板状のものにしました。

Gフレーム12 イージスガンダム(RG風 部分塗装) アピールショット12

フレーム塗装うしろから

 フレーム基本色は成型色のままです。
今回は気楽に塗装したので、丸いパーツの境界は攻めず、平らな面だけに塗料を乗せました。
銀地にリアルタッチマーカー リアルタッチイエロー1での金色表現を試しましたが、汚しをしない場合は他の手段の方がきれいに仕上がる気がします。
塗装中にさわってこすれたからか、ほとんどシルバーに戻ってしまった部分もありますが、そのままになっています。リアルタッチマーカーをツヤありの部分に塗る場合は、触ってはがれないように後の方の工程で塗った方がよさそうです。

Gフレーム12 イージスガンダム(RG風 部分塗装) アピールショット13

腹部ビーム砲のスキュラも塗装しました。

無変形なので、完成後は見えなくなります。

Gフレーム12 イージスガンダム(RG風 部分塗装) アピールショット14

RGストライクガンダム、RGガンダムアストレイレッドフレームと並べてみました。

 これらと並べたくて、時間をかけて塗り分けしてデカールを貼ったといっても過言ではありません。
恐ろしいことにRG2体は、丁寧にペーパーがけをして最小限のみの部分塗装をし、シールを貼ってトップコートしただけのものです。

 イージスガンダムには手持ちのデカールを貼ったので、RGのシールと統一感がなく、浮いている気がします。エッジも食玩準拠でだるいですが、後ろに置いておくのなら許容レベルにはなったと思います。

Gフレーム12 イージスガンダム(RG風 部分塗装) アピールショット15

RGストライクガンダムと並べてみました。

 どちらも部分塗装ですが、イージスガンダムのプラが透けて見えるので、安っぽく見える印象はぬぐえません。ここまでやるのなら、プラの露出している部分は全部塗装した方が良かった気もします。

Gフレーム12 イージスガンダム(RG風 部分塗装) アピールショット16

うしろから

 RGストライクガンダムは、アーマーシュナイダーのみの状態ですら立ち続けられる信用がないので、スタンドで保持して飾っています。
初戦闘シーンの印象が強いので、武装はこれしか作っていません。

  • サイトの埋め込み
息抜きで着手しましたが、塗り分けとデカール貼りの作業量が多かったです。

コメント0件

 初期のガンプラブームからガンプラを作っているおっさんです。 プラモ歴の割にスキルは上がっていません。 武装を作るのが面倒、へたらせずに長期間飾りたいという思いから、シンプルな構成の機体が好きです。 最近、ビルド系の機体しか作っていないような気がします。しばらくはコアガンダムやレイジ家族の機体を作っていくと思います。

AK_Iさんがお薦めする作品0件

  • MFS(食玩)Zガンダム スプリッター迷彩ほか ゼータガンダ…

  • プチッガイ(アイラ娘機)アッガイウェポン装備型 わーい!

  • Gフレーム11 ガンダムGP01ゼフィランサス(夜間戦イメー…

2021年最新作

関連ガンプラ作品