• 160
  • 0

EG ガンダム(ライトパッケージVer)

新水性ホビーカラーを使って筆塗り全塗装。

下地処理の為、余っていた旧水性ホビーカラーのグレーを使用。10年近く前の紫色をしたラベルのものでしたが特に違和感なく使うことができました。

アンテナのバリは、デザインナイフで切り落とし、少し鋭利にしています。筆塗りの良さを全面に押し出すため、筆ムラをあえて意識して塗装を施してみましたが、白い部分は下地の色の問題もあって綺麗な仕上がりとは言えない状態です。

アンテナのバリは、デザインナイフで切り落とし、少し鋭利にしています。

筆塗りの良さを全面に押し出すため、筆ムラをあえて意識して塗装を施してみましたが、白い部分は下地の色の問題もあって綺麗な仕上がりとは言えない状態です。

エントリーグレードは、安価な割にしっかりとパーツが別れているので塗り分けは難しくありませんでした。とりわけ腰のV字は、塗り分けに苦労しがちですが、パーツが分かれている為、特に難なく塗り分けはできています。

エントリーグレードは、安価な割にしっかりとパーツが別れているので塗り分けは難しくありませんでした。

とりわけ腰のV字は、塗り分けに苦労しがちですが、パーツが分かれている為、特に難なく塗り分けはできています。

バックパックは、新水性ホビーカラーのクロームシルバーをドライブラシで擦り付けてハイライトを施しています。それ以外にも、全体的に明るい色でドライブラシを施してエッジ部分にハイライトを入れてみました。白と黄以外は概ね上手く行った印象です。逆に言えば、赤と青の色がのりやすい部分しか綺麗に発色しませんでした。ただ、水性ホビーカラーの性能を図るには良い作品になったと思います。今回の失敗を次回に活かして自分らしい作品作りを模索していきたいと思います。

バックパックは、新水性ホビーカラーのクロームシルバーをドライブラシで擦り付けてハイライトを施しています。

それ以外にも、全体的に明るい色でドライブラシを施してエッジ部分にハイライトを入れてみました。

白と黄以外は概ね上手く行った印象です。

逆に言えば、赤と青の色がのりやすい部分しか綺麗に発色しませんでした。

ただ、水性ホビーカラーの性能を図るには良い作品になったと思います。今回の失敗を次回に活かして自分らしい作品作りを模索していきたいと思います。

コメント

2022年最新作
9
MG ギャン

MG ギャン

グラデーションの練習の為、水性のタミヤアクリルとシタデルカラ…

3
BB戦士 徳川家康頑駄無

BB戦士 徳川家康頑駄無

初めてシタデルカラーを使って筆塗り全塗装しました。下地には黒…

4
SDCS ザクⅡ

SDCS ザクⅡ

水性のタミヤアクリルにて筆塗り全塗装。溶剤ではなく、水溶きア…

5
EG  ガンダム

EG ガンダム

水性のタミヤアクリルを使用して筆塗り全塗装しています。ライト…