• 128
  • 0

SDEX サザビー

筆塗り塗装の練習を兼ねて、成形色を活かした部分塗装を実施。

腰回りの動力パイプ部分と肩のモールドを黄色に

ビームサーベルの出力部分とシールドを黒に

ファンネルを赤に塗装。

ターナーのアクリルガッシュと専用のリターダーを使用して筆塗りしています。

アクリルガッシュは塗膜が極端に弱いものの発色やプラへの塗料の食い付きに関してはとても良い印象。水性ホビーカラーでは、下地処理をしていないプラでは、塗料を弾いてしまいますが、アクリルガッシュはリターダーを使うことで、あまり弾いたりしませんでした。ただし、ベルベットのような艶消しな為、スミイレがとても難しい。

アクリルガッシュは塗膜が極端に弱いものの発色やプラへの塗料の食い付きに関してはとても良い印象。

水性ホビーカラーでは、下地処理をしていないプラでは、塗料を弾いてしまいますが、アクリルガッシュはリターダーを使うことで、あまり弾いたりしませんでした。

ただし、ベルベットのような艶消しな為、スミイレがとても難しい。

成形色の赤い部分は、ピグマ0.03ミリのペン(茶色)でモールドにスミイレ。肩部分にある黄色に塗装したモールドは中心部分をピグマ0.03ミリのペン(黒)でスミイレしたのですが、、、 アクリルガッシュの粒子がペン先に入り込んで壊れてしまいました。結局、油性マッキーの細いペンでスミイレ。同じく腰の動力パイプも油性マッキーで、描くようにスミイレです。

成形色の赤い部分は、ピグマ0.03ミリのペン(茶色)でモールドにスミイレ。

肩部分にある黄色に塗装したモールドは中心部分をピグマ0.03ミリのペン(黒)でスミイレしたのですが、、、

 

アクリルガッシュの粒子がペン先に入り込んで壊れてしまいました。

結局、油性マッキーの細いペンでスミイレ。同じく腰の動力パイプも油性マッキーで、描くようにスミイレです。

最後に艶消しスプレーを吹いてフィニッシュ。正直、SDだし部分塗装ならば簡単だろうとなめていました。案外、部分塗装ならではの難しさがあり、気付きの多い作品となった印象です。これ以降は、部分塗装ではなく全塗装にチャレンジするようになりました。

最後に艶消しスプレーを吹いてフィニッシュ。

正直、SDだし部分塗装ならば簡単だろうとなめていました。

案外、部分塗装ならではの難しさがあり、気付きの多い作品となった印象です。

これ以降は、部分塗装ではなく全塗装にチャレンジするようになりました。

コメント

4
HG ジム・インターセプトカスタム

HG ジム・インターセプトカス…

初めて新水性ホビーカラーで筆塗り全塗装を実施。説明書に記載さ…

4
FG シャア専用ザクⅡ

FG シャア専用ザクⅡ

アクリルガッシュを使用して筆塗り全塗装。また、Mr.ウェザリ…

4
FG 量産型ザクⅡ

FG 量産型ザクⅡ

ターナーのアクリルガッシュを使用して初めての全塗装。 水は使…

4
SDCS Ζガンダム

SDCS Ζガンダム

初めて塗装に試みた作品。 ガンダムマーカーのエアブラシシステ…