• 408
  • 0
  • お気に入り
  • メニュー

1/144 HGUC ユニコーンガンダムユニコーンモード(ガンダムデカール76使用)

全塗装して「ガンダムデカール76 HGユニコーンガンダム用」を貼り、「システムウェポンキット001」のビームガトリングガンを持たせて、パラオ脱出時の装備にしてみました。

うしろ 細かい部分を修正したものの、ほぼキットのままバンダイから発売されたデカールと武器を組み込みました。それだけでこんなに見栄えがするものになります。

うしろ

 細かい部分を修正したものの、ほぼキットのままバンダイから発売されたデカールと武器を組み込みました。それだけでこんなに見栄えがするものになります。

よこ 「ガンダムデカール76 HGユニコーンガンダム用」にはアナハイムのロゴが二種類入っているので、片方のみのロゴを貼って統一感を持たせました。

よこ

 「ガンダムデカール76 HGユニコーンガンダム用」にはアナハイムのロゴが二種類入っているので、片方のみのロゴを貼って統一感を持たせました。

正面 デカールは、MGの説明書の指定をもとに、WEB上に公開されている方の作品も参考にし、自分の好みを加えて貼りました。

正面

 デカールは、MGの説明書の指定をもとに、WEB上に公開されている方の作品も参考にし、自分の好みを加えて貼りました。

まうしろ デカールの大きさが小さすぎるため、似たデカールの区別や上下の区別がつきずらかったり、作例と説明書の貼る場所が違っていていたところがあってMGの指定と違ったり、方向が間違っていたりする部分もあると思われます。 というか、貼る場所を間違えてもスペアがないので、そのままごまかしたところがあります (^_^;)

まうしろ

 デカールの大きさが小さすぎるため、似たデカールの区別や上下の区別がつきずらかったり、作例と説明書の貼る場所が違っていていたところがあってMGの指定と違ったり、方向が間違っていたりする部分もあると思われます。

 というか、貼る場所を間違えてもスペアがないので、そのままごまかしたところがあります (^_^;)

下から ユニコーンガンダムユニコーンモードは、製作当初から、塗装してデカールを貼って完成させるつもりでいましたが、実は何度も製作意欲が低下して作業が滞っています。

下から

 ユニコーンガンダムユニコーンモードは、製作当初から、塗装してデカールを貼って完成させるつもりでいましたが、実は何度も製作意欲が低下して作業が滞っています。

斜め上から ペーパーがけまでは何年も前に終わらせたものの、箱にしまったまま加工した部分のプラが変色するくらいの時間が経ち、今年、そろそろデカールを使った方がいいと感じて塗装しようと思ったときには、変色した表面や加工精度が怪しげなので、もういちど表面処理する必要にせまられました。

斜め上から

 ペーパーがけまでは何年も前に終わらせたものの、箱にしまったまま加工した部分のプラが変色するくらいの時間が経ち、今年、そろそろデカールを使った方がいいと感じて塗装しようと思ったときには、変色した表面や加工精度が怪しげなので、もういちど表面処理する必要にせまられました。

上半身アップ いまこれを作りたいという意識が薄かったため、スジ彫りはよほどのことがない限り彫り直さず、スミ入れの拭き取りや修正もそこそこです。 塗装に入ってからも白を吹くのが面倒になって白吹きの途中で中断。他のプラモの仮組みを何体かはさんだ後も製作する意識は低いままでしたが、塗装途中のままにしておくと場所がとられたり持ち手が足りなくなったりして他のものの製作に支障がでるので、やむなく再開。 部分塗装、スミ入れ拭き取りの際のモチベーションも低く、いつもなら塗り分けている部分も あえて見過ごす始末。

上半身アップ

 いまこれを作りたいという意識が薄かったため、スジ彫りはよほどのことがない限り彫り直さず、スミ入れの拭き取りや修正もそこそこです。

 塗装に入ってからも白を吹くのが面倒になって白吹きの途中で中断。他のプラモの仮組みを何体かはさんだ後も製作する意識は低いままでしたが、塗装途中のままにしておくと場所がとられたり持ち手が足りなくなったりして他のものの製作に支障がでるので、やむなく再開。

 部分塗装、スミ入れ拭き取りの際のモチベーションも低く、いつもなら塗り分けている部分も あえて見過ごす始末。

通常装備(デストロイモード付属武器も使用) 武装を塗るのも面倒に感じ、ガトリングガンとシールドだけ塗ればいいと思ったものの、後で作ろうと思った時に塗料がなくなったり、デカールが紛失していたらもっと面倒だと思い直し、なんとか武装は塗装しました。

通常装備(デストロイモード付属武器も使用)

 武装を塗るのも面倒に感じ、ガトリングガンとシールドだけ塗ればいいと思ったものの、後で作ろうと思った時に塗料がなくなったり、デカールが紛失していたらもっと面倒だと思い直し、なんとか武装は塗装しました。

通常装備 左側面 スミ入れ拭き取り後、デカールを貼りはじめましたが、まず参考にしたものが、かつて部分塗装で製作したデストロイモード(デカールをテキトーに貼ったもの)で、早々にMGと異なる位置にデカールを貼りました。後にデカールを削って取り除き、貼り直すことになります。

通常装備 左側面

 スミ入れ拭き取り後、デカールを貼りはじめましたが、まず参考にしたものが、かつて部分塗装で製作したデストロイモード(デカールをテキトーに貼ったもの)で、早々にMGと異なる位置にデカールを貼りました。後にデカールを削って取り除き、貼り直すことになります。

通常装備 左うしろ その後もデカール貼りの参考にする資料をどれにするか、間違って貼ったデカールを貼り直すかどうかで迷走。MG Ver.Kaの指定をなるべく尊重したうえで、物足りない部分に追加でデカールを貼るという方針が定まったのは、デカールを貼る作業の折り返しを過ぎてからでした。

通常装備 左うしろ

 その後もデカール貼りの参考にする資料をどれにするか、間違って貼ったデカールを貼り直すかどうかで迷走。
MG Ver.Kaの指定をなるべく尊重したうえで、物足りない部分に追加でデカールを貼るという方針が定まったのは、デカールを貼る作業の折り返しを過ぎてからでした。

通常装備 右うしろ デカールを貼っているうちに、ようやく製作意欲を持ち直し、ここまでデカールを貼ったのだから、ここだけは最低限やっておかなきゃまずいと感じたところを部分塗装したり加工したりしました。

通常装備 右うしろ

 デカールを貼っているうちに、ようやく製作意欲を持ち直し、ここまでデカールを貼ったのだから、ここだけは最低限やっておかなきゃまずいと感じたところを部分塗装したり加工したりしました。

通常装備 右側面 よく見るとアラは多々あるものの、製作意欲を何とか持ち直し、形になったのは良かったです。それにしても、1/144でこのデカール量はえぐい。この作業量がなかったら、かけた手間がもったいなくなって意欲が戻ることもなく、今よりも不本意なものになっていたかと思うと。デカール量が多いのも悪くはなかったのかもしれません。

通常装備 右側面

 よく見るとアラは多々あるものの、製作意欲を何とか持ち直し、形になったのは良かったです。
それにしても、1/144でこのデカール量はえぐい。この作業量がなかったら、かけた手間がもったいなくなって意欲が戻ることもなく、今よりも不本意なものになっていたかと思うと。デカール量が多いのも悪くはなかったのかもしれません。

デストロイモードと並べて まえ 2012年7月に部分塗装で完成させたデストロイモードと並べてみました。 このスケールだと、MGと同じようにデカールを貼るよりも、デストロイモードのように要所に少し大きめのデカールを枚数を減らして貼った方が好みです

デストロイモードと並べて まえ

 2012年7月に部分塗装で完成させたデストロイモードと並べてみました。
このスケールだと、MGと同じようにデカールを貼るよりも、デストロイモードのように要所に少し大きめのデカールを枚数を減らして貼った方が好みです

デストロイモードと並べて うしろ デストロイモードは、部分塗装で製作していたこともあり、終始楽しく作っていた気がします。 ユニコーンモードでは、製作意欲が低下して作業が滞った愚痴ばかり書きましたが、なんとかかたちになって、ほんとうに良かったです (^_^;) いま片付けないと他の作業に差し障りがありそうとか、自分はそれほど興味はないけれど今作らないと旬や締め切りを逃すからとか、つきあいだからという理由で作るより、完成まで製作意欲を維持できるくらい思い入れを持って作れるものを作った方が健全だと改めて考えさせられました。 ただ、誤解されたくないのは、HGUCユニコーンガンダム(ユニコーンモード)は、出来も良くて気に入っていて、ずっと、いつかは完成させようと思っていたキットでした。作業時に、より作りたいキットがあり、作業量もそれなりにあり、思い入れがあって大幅に手を抜くわけにもいかなかったので、「いま」作りたいという意識が薄いときに作ったのが不幸でした。

デストロイモードと並べて うしろ

 デストロイモードは、部分塗装で製作していたこともあり、終始楽しく作っていた気がします。

 ユニコーンモードでは、製作意欲が低下して作業が滞った愚痴ばかり書きましたが、なんとかかたちになって、ほんとうに良かったです (^_^;)

 いま片付けないと他の作業に差し障りがありそうとか、自分はそれほど興味はないけれど今作らないと旬や締め切りを逃すからとか、つきあいだからという理由で作るより、完成まで製作意欲を維持できるくらい思い入れを持って作れるものを作った方が健全だと改めて考えさせられました。

 ただ、誤解されたくないのは、HGUCユニコーンガンダム(ユニコーンモード)は、出来も良くて気に入っていて、ずっと、いつかは完成させようと思っていたキットでした。
作業時に、より作りたいキットがあり、作業量もそれなりにあり、思い入れがあって大幅に手を抜くわけにもいかなかったので、「いま」作りたいという意識が薄いときに作ったのが不幸でした。

対応するガンダムデカールを貼り、パラオ脱出時の武装も製作しました。

コメント

AK_Iさんがお薦めする作品

1/144 HG Gサイフォス…

  • 3032
  • rating_star60
  • 0

1/144 HGガンダムアスト…

1/144 コアガンダム2ヒナ…

ガンダムアーティファクト ナイ…

  • 5924
  • rating_star71
  • 4
8
1/144 EG ストライクルージュ(キラ用設定Ver.)

1/144 EG ストライクル…

EGストライクガンダムをキラ・ヤマトが使用していた時のストラ…

8
モビルグーン(びっくらたまごミニガンプラ)

モビルグーン(びっくらたまごミ…

びっくら?たまご に入っていた モビルグーンを全塗装しました…

11
1/144 HG ジェノアスⅡディーヴァ所属オブライト機

1/144 HG ジェノアスⅡ…

HGAGジェノアス2をディーヴァ所属機カラーにリペイントしま…

12
1/144 EG ストライクガンダム ディアクティブモード(部分塗装)

1/144 EG ストライクガ…

入浴剤のおまけのEGストライクガンダムを、成型色を生かして気…