白銀の風 その名は『IIセイバー』

  • 2368
  • 0
初めての投稿であり、SEEDの劇場版が公開される記念として作ったガンダムです。良かったら最後まで見て下さい。
 
*8月9日に再編集・追加しました。
 
 
II〈セカンド〉セイバーガンダム
型式番号ZGMF-X232SS(オーブではORB-02S)
セイバーガンダムの後継機という設定で開発したガンダム。型式番号の『SS』は『セカンド』と『サードステージ』を意味する。またオーブではアカツキの次に開発を進められた機体。メサイア攻防戦の後、プラントとオーブは終戦協定を結ぶと共に友好を深める目的で共同製作したMSという設定。オーブにとってはアカツキの次の機体、ザフトにとってはサードステージに当たるセイバーの後継機というそれぞれのコンセプトが融合して一つのMSが誕生したという設定のガンダム。セイバーは本来「重力下における高機動戦闘」という開発コンセプトだが、サードステージのセイバーはそのコンセプトを残しつつ、それぞれのコンセプトを加えたと言っても過言ではない。セイバーの名は持つものの、全く別の機体になってしまった。銀色なのは、アカツキの次ということもあり、金の次を意味して銀になったのである。ちなみに、本機には地球連合の技術も加えており、装甲は新型のトランスフェイズシフトになっている。また、肩の部分にレジェンドガンダムと同じドラグーンシステムを搭載されている。本来、レジェンドはアスランが乗るはずだった機体だった為、敢えてIIセイバーにドラグーンを2基搭載した。
他にも腰のレール砲にデスティニーのウイングの予備パーツの一部を搭載。ヴォワチュール・リュミエールを使う為に搭載したのだが、動力源が核エンジンでない為使うことができないという欠陥が。しかし、このIIセイバーはセカンドステージのセイバーより飛躍的に機動性が高くなっている。
セイバーは可変機なので、この機体も変形します。肘に装着されているウイングですが、実体剣として扱える。『ウイングブレード』と呼びます。

セイバーは可変機なので、この機体も変形します。

肘に装着されているウイングですが、実体剣として扱える。『ウイングブレード』と呼びます。

「こちら、アース・ザラン。これより飛行訓練を始める」「「あ、アスラン・ザラ!?」」ここでパイロットについても説明します。アース・ザラン周りは『アスラン・ザラ!?』とよく聞き間違いをしてしまうが、全くの別人。しかし、格好を見るからにアスランの真似をしていると思われるグラサンの男。自称「アスラン・ザラの再来」、「赤き騎士(ナイト)の再来」と名乗っている。射撃の腕はアスランと同じく命中率は高いが、必ずしも倒すという訳ではない。当たることは当たるが、当たっただけで相手を撃墜できないことが多い。機体の攻撃力よりもスピードばかり気にしている。

「こちら、アース・ザラン。これより飛行訓練を始める」

「「あ、アスラン・ザラ!?」」

ここでパイロットについても説明します。

アース・ザラン

周りは『アスラン・ザラ!?』とよく聞き間違いをしてしまうが、全くの別人。しかし、格好を見るからにアスランの真似をしていると思われるグラサンの男。自称「アスラン・ザラの再来」、「赤き騎士(ナイト)の再来」と名乗っている。射撃の腕はアスランと同じく命中率は高いが、必ずしも倒すという訳ではない。当たることは当たるが、当たっただけで相手を撃墜できないことが多い。機体の攻撃力よりもスピードばかり気にしている。
膝の部分にビームサーベルが隠されており、∞ジャスティスと同じ戦法ができる。また、このビームサーベルは手持ち武器にもなるが、この膝のビームサーベルもドラグーンとなっており、ビームブーメランのように回転しながら敵を斬る。『サーベルドラグーン』と命名します。

膝の部分にビームサーベルが隠されており、∞ジャスティスと同じ戦法ができる。また、このビームサーベルは手持ち武器にもなるが、この膝のビームサーベルもドラグーンとなっており、ビームブーメランのように回転しながら敵を斬る。『サーベルドラグーン』と命名します。

フリーダムのように一斉射撃によるフルバーストができます。搭載されている武装ですが、バインダーガン×2、ビームサーベル×2、カーフミサイル、バルカン砲、ウイングブレード×2、レール砲×2、ドラグーン×2、サーベルドラグーン×2…となってます。主兵装であるバインダーガンはライフル、ソード、シールドの3つの役割を持っている。ちなみに、使用したガンプラはHGガンダムAGE2ダブルバレット、イージスナイト、旧HGフリーダム、コレクションキットのデスティニー。

フリーダムのように一斉射撃によるフルバーストができます。

搭載されている武装ですが、バインダーガン×2、ビームサーベル×2、カーフミサイル、バルカン砲、ウイングブレード×2、レール砲×2、ドラグーン×2、サーベルドラグーン×2…となってます。主兵装であるバインダーガンはライフル、ソード、シールドの3つの役割を持っている。

ちなみに、使用したガンプラはHGガンダムAGE2ダブルバレット、イージスナイト、旧HGフリーダム、コレクションキットのデスティニー。

IIセイバーの脚はAGE2ダブルバレットを使用。カーフミサイルの展開ができます。主にMA形態で使用しますが、MS状態での使用も可能。

IIセイバーの脚はAGE2ダブルバレットを使用。カーフミサイルの展開ができます。主にMA形態で使用しますが、MS状態での使用も可能。

レール砲に接続したデスティニーのウイングは接着剤でくっ付けました。最初は接着剤の量が少なくてすぐ外れてしまいましたが、量を多めにしたことで完全にレール砲と接続しました。このままではヴォワチュール・リュミエールが使えないIIセイバーですが、この機体には専用のストライカーパックが存在されており、そのストライカーパックによってヴォワチュール・リュミエールの問題は解決されることとなる。専用のストライカーパックの説明は別の機会に……。

レール砲に接続したデスティニーのウイングは接着剤でくっ付けました。最初は接着剤の量が少なくてすぐ外れてしまいましたが、量を多めにしたことで完全にレール砲と接続しました。

このままではヴォワチュール・リュミエールが使えないIIセイバーですが、この機体には専用のストライカーパックが存在されており、そのストライカーパックによってヴォワチュール・リュミエールの問題は解決されることとなる。専用のストライカーパックの説明は別の機会に……。

最後に一つ。ガンダムデカールも貼りました。胸にザフトの紋章、左肩にはオーブの紋章。最後の写真は見にくいですが、ガンダムの頭部の上にある戦闘機の頭にモルゲンレーテ社の社名のデカールを貼りました。次回、IIセイバーのストライカーパックを紹介します。宜しくお願いします。

最後に一つ。ガンダムデカールも貼りました。胸にザフトの紋章、左肩にはオーブの紋章。最後の写真は見にくいですが、ガンダムの頭部の上にある戦闘機の頭にモルゲンレーテ社の社名のデカールを貼りました。

次回、IIセイバーのストライカーパックを紹介します。宜しくお願いします。

コメント

15
歴史に葬られた幻のMS 『GRガンダム』

歴史に葬られた幻のMS 『GRガンダム』

先月紹介した『ジム(ギャザーロード隊仕様)』のパイロットであ…

17
希望の正義 『スペランツァジャスティスガンダム』

希望の正義 『スペランツァジャスティスガンダム』

※一部修正し、1月27日に改めて公開しました。ご迷惑を掛けて…

8
黒歴史の終わり、最後のラストニッパー その名は『ファイナルラストニッパーガンダムクローズエンド』

黒歴史の終わり、最後のラストニッパー その名は『ファイナルラ…

※一部修正し、1月27日に改めて公開しました。ご迷惑を掛けて…

8
黒歴史の最後であり終わりの力『クローズエンド』

黒歴史の最後であり終わりの力『クローズエンド』

1月26日に修正しました。   「これがラストニッパーの新た…