GUNSTA

ガンプラを投稿しよう。facebook、twitterアカウントでも登録可能!ログイン会員登録

RX-78-01[FHC]GUNDAM FHC

RX-78-01[FHC]GUNDAM FHC

連邦・ジオンフェスということで旧ガンスタさんに投稿していたものを再投稿させていただきます。
前作のデスティニーと比べると未熟なミキシングですが気に入ってもらえたら幸いですm(._.)m

過去作なので令和最新作は別のものとなります

RX-78-01[FHC] ガンダムFHC

戦後の連邦軍のとあるデータベースから発見された設計図。
それはガンダムFSDをベースにリアクティブアーマーを施し、武装強化を図った機体——ガンダムFHCだった。
特徴はフルアーマーガンダムやヘビーガンダムに通じており、本機がその開発系譜に連なるMSであると推察できる。
しかしこの機体はフルアーマーガンダムプランB同様存在を疑問視する声が大きい。MS単体では扱い切れない武装量、ビーム兵器量から見てもペーパープランで実機は存在しなかったと考えられる。
設計図しか残っていなかったため、暫定的にフルアーマーガンダムを模した配色となっている。
名前はFull-armament Heavy Customの略であり、フルアーマーではない。後年同じようにFull-armament から名前をつけられたフルアーマーのガンダムが生まれてくることになる。

フレームランチャー

本機を象徴する武器
ヘビーガンダムのものに似ているがこちらのものはビームガトリングとなっている。
そのため、上部に冷却装置、側面にエネルギーパックがついている。

このビームガトリングの実現性の低さがFHCがお蔵入りになった理由だとする説も存在する。

フル装備展開状態

武装は
・フレームランチャー
・シールド付属二連ビームライフル
・脚部ミサイルポッド
・ビームスナイパーライフル
である。
全弾発射すればエネルギー切れ必至である。

ビームスナイパーライフル

FSDが使用していた試作タイプのもの。肩部に接続したまま使ったり、基部をライフルとして使うことも可能である。

ビームサーベル

シールド下部に2基装備している。シールドに接続したまま扱えるためフェイルセーフとしては充分機能する。

おまけ

荒野の狙撃手

過去作なので製作過程はほぼなかったですorz
FSDをベースに下半身のみをミキシングでいじった形です。
腿から脚はまるまるレオパルド・ダ・ヴィンチを使用。
これの脚以外の残り部分がやがてレオパルド・ア・ヴェンジになります笑笑
※つまりレオパルド・ア・ヴェンジが生まれたのは大体こいつのせい
靴とアンクルガードは旧HGUCガンダムのものを使用。そのため、足裏に肉抜き穴がありません!

塗装はガンダムマーカーエアブラシ
濃緑はジオンダークグリーン
薄い緑はジオンライトグリーン
関節や武器はガンメタ
灰色はグレー
薄い灰色はジオングレー
黒はファントムグレー
オレンジはポスカです。
※ただしポスカは塗装が剥げやすいので注意(汚し塗装したため、あまり目立ってないですが、縁は結構剥げてます)

全身の細かなマーキングはFSD付属のテトロンシールによるものです。

この時の挑戦テーマは市販パネルパーツによるディテールアップと汚し塗装です
今でこそプラ板でパネル作りしたりしてますが、この時が初の試みです。

テトロンシールとパネルによるディテールアップで当時のデイリーランキング上位に食い込んだ思い出の作品です(^ν^)

フレームランチャー

当時ヘビーガンダムがプレバンで発売されていましたが、「違う!僕は僕だけのヘビーガンダムが作りたいんだ!」と買わずに無我夢中に製作したもの
多分このガンプラで一番力を入れたところ
レオパルドのガトリングをベースにカスタマイズキャンペーンの四連ミサイルランチャーとビルダーズパーツグランドのスラスターみたいなやつとFSDのガトリングのドラムマガジンをくっつけてそれっぽくでっち上げました( ̄∇ ̄)

以上ガンダムFHCでした!
ガンプラ作品として盛った部分もありつつもMSVとしてありえそうな感じに仕上げました。
思いのほかレオパルドの脚がマッチしたのが良かったです。

次回は令和最新作をあげられるといいなぁ……(遠い目)

過去作なので未熟なミキシングですが気に入ってもらえたら幸いですm(._.)m

コメント0件

千紘さんがお薦めする作品0件

  • ZGMF-X42S[AS}DESTINY GUNDAM AS…

  • 『100,010人目の敗者』