GUNSTA

ガンプラを投稿しよう。facebook、twitterアカウントでも登録可能!ログイン会員登録

〜R.I.P.〜current runner

〜R.I.P.〜current runner

飼い犬をガンプラ化

※このページには作者のプライベートに関わる内容が書かれております。合わない方はブラウザバック推奨です。

ガンダムフラウロスカレントランナー

フラウロスをニャイアガンダムのように動物化カスタムした機体。
カラーリングはマゼンダから同じ鉄華団のモビルスーツであるグシオンリベイクに似せられたものとなっている。

GBNでNPDが僚機として操作することを考慮して作られているため、ベース機と同じく砲撃機である。
またその際は犬型のNPDが乗るらしい。

機体はほぼフラウロスから変更はない。
変更箇所はマシンガンのマウント位置、各所バーニアの増設、バックパック、頭のトサカである。
トサカは刀身になっているため、イライジャ専用ジンのように攻撃に使うこともできる。

偽装シュツルム・ブースター

フラウロスから大きく変更が加えられたバックパック。
ガーベラ・テトラのシュツルム・ブースターのように背中から長く伸びている。
偽装とあるようにこれ自体に推力はない。本来の使用法は後述の通りである。

テイル・ウェイブ・ブレード

本機体の唯一の近接武器。鞭のように斬り払うことでリーチの短さを克服している。
普段はバックパックにマウントされ、変形時にはその名の通り尻尾になる。

マシンガン

ベース機から継承した装備。
マウント位置がフリーダムのクスフィアスと同じ腰部になっている。
この変更は変形時を考慮したものである。

普通に手持ちすることも可能

軽装モード

偽装シュツルム・ブースターをパージした姿。
全身に増設されたバーニアにより、ベース機とは違う高速戦闘が可能である。この場合は両手の盾をシールドバッシュやグローブのように扱い戦闘を行う。
しかし本来作られた目的が目的なため、この形態になることは滅多にない。

D.O.Gモード

Discharge
Outrange
GN cannon

の略。
この変形はベース機同様砲撃モードである。
ただしガンプラとして改められているためダインスレイヴではなくGNヘッドキャノンを装備。相手の射程外から高火力のビーム砲撃を行う。
腰部のマシンガンはチャージ中の対空砲火としての役割を果たす。
砲撃モードではあるが、全身のバーニアが後方に向くように配置されているため、走らせる(飛ばせる)ことは可能である。

今だ!GNヘッドキャノン!!

ご主人と一緒に。
製作経緯は亡き愛犬をガンプラ化すればGBN内で再び会えるのではないか?と思ったからである。
仮に会えなかったとしても、GBNを自由に駆け回るカレントランナーの姿は正しく生きた愛犬の写し身なのは間違いない。
その姿を見られれば満足である。

ミキシング過程

製作に取り掛かったのは愛犬カレラが手遅れだと知った時でした。
すぐに形はできたのですが……色々あってなかなか進まず。彼が生きてるうちに完成することはできませんでした。
塗装が終わったのが四九日ちょうどの時でした。

色から見てわかる通り、かなりのパーツがフラウロスのものです。
本来のかかとは前足に。
バックパックの一部はボールデンアームズでつなぎ、垂れた耳に見立てております。

肝心な変形時の頭部はプトレマイオスアームズそのもの。ニャイアガンダムのような可愛らしさを意識していたためなかなかいいパーツが思い浮かばず。
そんな折に積んでいたプトレマイオスアームズを見つけてちょうど口開くしビーム出せるならフラウロスの変形の意味は失われないなと笑笑

太腿のブースターは余ったマグアナックのもの。
肩や腿のバーニアの配置はゾイドなどを参考にしました。
そのためこの姿を見た母は「ゾイドみたい」と一言。
……あながち間違ってない。

人型

見ての通り9割フラウロスそのものですが、わかりやすいところにバーニアを増設して印象を変えてます。

サフ

マゼンダの上に白だとかなり透けます。

モデル

やはり動物なのでなかなか同じような色にできなかったのは悔いが残りますね。
頭に結われた髷はモビルスーツ形態時のトサカとして採用してます。

スミ入れ、パステルシャドウ前

上述の通りカラーリングは実際の愛犬のものを参考にしつつ、ガンダムとして違和感ないように配色してます。
リベイクと同じようなカラーリングだと気づいたのは塗装して組んだ時でした。

ガンダムへの変形機構が搭載されていることを知らなかった母はこの姿を見てかなり驚いていました笑

目にデカールがない状態。

名前のカレントランナーは「今を走る者」です。これは愛犬カレラに因んだ名前であり、懸命にその生涯を走りきったことに由来します。
また残された家族……今を生きる僕たちが悲しみに立ち止まって走るのをやめてはいくないという自戒でもあります。
きっと悲嘆に暮れることを彼も望んでないと思いますので。

仕上げ

デカールは少なめです。
ニャイアガンダムを参考にして、変形時にキャラクター性を崩さないようにしました。デカール増し増しにすると兵器感が強まってしまうので。
目に白の丸いデカールと肩にホワイトディンゴの部隊章などが主。
シールドの3桁の番号は向かって左が誕生日、右が亡くなった日づけです。
形にして残したいという気持ちの現れですね……これは。

正直、今回に関しては投稿するかどうか迷いました。作品は公開せずに家族だけのものにしようかと。要望がない限り動画化もしないでしょう。
ですがネットの海に彼が生きた証を残せたらと思い、ガンスタさんにだけ投稿を決意しました。ここならこういった作品も受け入れてもらえると思ったのです。

彼は確かに家族の一員として生きました。生涯を駆け抜けました。きっとまたどこかで出会うでしょう。その時までは……しばしのお別れ。

生きた証を……ここに残します

コメント8件

  1. UR 1日前
    • 千紘 2分前
  2. 永遠の蒼 1週間前
    • 千紘 1週間前
  3. ガンマ 2週間前
    • 千紘 2週間前
  4. ミヤ 2週間前
    • 千紘 2週間前

千紘さんがお薦めする作品0件

  • ZGMF-X42S[AS}DESTINY GUNDAM AS…

  • 『100,010人目の敗者』