GUNSTA

ガンプラを投稿しよう。facebook、twitterアカウントでも登録可能!ログイン会員登録

連邦チーム
HGUC ジェガンD型

HGUC ジェガンD型

ガンダムUCより、HGUCジェガンD型を組んでみました。

リゼル組んだならそれに牽引されるジェガンが必要だろうとw

今回も今までと同じく部分塗装とシールのみです。

バイザー内はシャインシルバーで塗装し、イエローとブラックでバーニアやスラスターを塗装。
マーキングシールは元のジェガンを参考に貼りました。

スミ入れはウォームグレーとブラックで入れたんですがグレーはほとんどわからないですね・・・。

ガンプラ作るのに嵌り始めたのが最近なだけに手に入れるの苦労しました(涙)

作成過程はこちら

フロントビュー。

リアビュー。

股関節の可動域が狭いのが欠点ですが、ベースキットは10年前のものですしね・・・。

股関節に対し、肩の可動域は今のHGと比べても遜色ないどころか勝ってるぐらいかと。

バズーカを両手で構えて。

ビームサーベル抜刀。

斬りかかるジェガン。

そして牽引されるジェガン。
これを撮りたいがために、わざわざD型を手に入れたんです!w

バイザー内もちゃんと造形されてるのも素晴らしいと思いました。

コメント0件

ハロヲタでゆるーくガンダムも見てる世代。 過去に作ったガンプラは旧1/100のVダッシュとV2ガンダムのみ。 MGアサルトバスターの画像を見て久々にガンプラを作りたくなり、HGUCに挑戦した次第です。 数作品作った中で下記みたいなものがポリシーとなりつつあるようです。 ・基本的にはプロポーションなどは弄らず素組 ・なるべく成形色を活かし、部分塗装・スミ入れのみ ・メインカメラ以外はなるべく付属のシールを使わない ・クリアパーツは裏からメタリック系の色で塗装