GUNSTA

ガンプラを投稿しよう。facebook、twitterアカウントでも登録可能!ログイン会員登録

HGUC MSA-005 METHUSS メタス

HGUC MSA-005 METHUSS メタス

Zガンダムに登場したアナハイム初の可変機メタス

子供心に初めてメタスをみた時「だっせ〜!弱そう!あんな細い腰じゃすぐやられるじゃん!」と思った通り初登場後もやられMS的ポジション。しまいには百式のメガバズーカランチャーのバッテリーとまで呼ばれる残念なイメージのMS。でも実際に組んでみるとこれが中々カッコ良いのです!

子供心にメタスがカッコ悪いと思った一番の理由が作業重機のような黄色い機体色。おっさんとなった今見るとこの黄色のボディーが骨太なデザインに合っていて頗るカッコよく見える。
黄色って塗装難度高いけど、上手く吹けると嬉しい色の一つ。最近は黄色いMSってカッコ良いなぁと思ったり(今一番気になるグレイゼータも全身黄色)。

ジム系のイメージだった頭部。実際に組んでみるとマスクはゲルググのようでジオン系と連邦系の融合のような面白いデザイン。設定ではモノアイx2だそうで横に動くカメラと縦に動くカメラが装備されているとの事。

プロペラントタンク内蔵の巨大な推進部。可変後はメインとなる部位。三連ブースターがとてもカッコ良い!

とてもカッコ良い脚部。エルガイムのように側部が開閉して推進器が露出する。

大人になった今でも心配になってしまう程シンプルな腰部。細いメインのフレームを2本のサスで挟むか細は非常に不安を感じる作り。
強度不足で量産されることは無かったというメタスの一番の弱さがこの腰部なのではないかと思われる。
今回改めてメタスの設定を調べてみると、MS形態はオマケのようなもので、飛行形態がメインの設計との事。MS形態はひ弱に見えるけど、確かにMA形態は防御力も高さそう。飛行形態としてはかなり優秀な機体だったというのも頷ける。

劇中百式と出撃する事が多く、百式がメガバズーカランチャーを使う際にはサポート機として大活躍(!?)。
レコアさんがメインパイロットでその後ファに引き継がれた女性パイロット専用MSだと思っていたらカツが乗ったことあるそうな(すっかり忘れていた)。

HGの割にパーツ数も多く組むのにも時間のかかるメタス。造形は非常に素晴らしく子供の頃のイメージよりも遥かにカッコ良い仕上がり。それにしてもZに出てきたMSにハズレなしというか、Zの機体は大人になった今見てもどれも非常に洗練されていてカッコ良い♪

今年の4月に完成したHGメタス。ようやくガンスタさんに投稿です!

コメント0件

D-GPさんがお薦めする作品0件

  • HGUC MRX-009 サイコガンダム

  • MG MS-09 ドム : 黒い三連星機

  • RE/100 MSN-03 ヤクト・ドーガ シャア・アズナブ…