GUNSTA

ジム クゥエルガードカスタム
  • 2520
  • 0

ジム クゥエルガードカスタム

本機はティターンズテストチームが試作機の護衛を目的として開発した機体で、一年戦争末期に存在したエースパイロット向けの機体を参考としている。
改造は前のビームマスターの余りパーツ等を使ってます。大型シールドはもちろんジムガードカスタムから。そのほかはいつも通りシタデルカラーで塗装、デカール貼り、艶消しです。

クゥエルガードカスタム全体図です。チョバムアーマーは過去の雑誌付録の物です。バックパックと腰部のミサイルブースターはビームマスターの余りパーツから作成。

ビームサブマシンガン。ヘイズル系おなじみのカードリッジ式にしてます。銃自体はパワードアームズの物を使っています。

90㎜マシンキャノン。 ジムガードカスタムには肩部バルカン砲が付いていたのでそれの代替え兵装。銃身上部の円柱形のものはマガジンで変えることにより弾切れを防ぐ

ビームガン兼ボックスタイプビームサーベル。左腕が基本的にシールド隠れているため不意を衝く使い方も可能。肩アーマーはジムパワードカーディガンからです。

ガーディアンシールド。一年戦争時の物と比べると覗き穴が無くなったがシールドバルカンは健在。固定方法も腕部から左肩部ハードポイントよりアーム介して装備される為、左腕の自由度が高くなっている。右肩部はビームサーベルマウントとなっている。

過去作とのテスト小隊。通信能力が強化されており、小隊長ポジションで緊急時には試作機の護衛や撤退の援護をする。

おまけ 相変わらずのバックパック換装システム。元々のバックパックがアンテナとマシンキャノンしか付いていないのでどれを換装しても機動力が上がりそう、ただジャグラー装備はシールドも相まって機動力が悪そう。個人的にはフルドド装備が好みです。

塗装前の状態です。脹脛の追加スラスターはビームマスターから。ガーディアンシールドの穴埋めはパテでは重たくなるので100均の薄いプラバンにしました。

塗装前バストアップ。バイザーの移植が一番大変でした。あと、バイザーを上げているとバルカン砲が使えない欠点があります(笑)

  • サイトの埋め込み
  • 報告する

バイザー上げた姿がジェスタに似て中々イケメンです

コメント0件

ぼちぼち、マイペースで作っていきます。基本筆塗りの作品ですが良かったら見ていってください

ジム クゥエルインターセプトカスタム&ジ…

本機はティターンズテストチームが大気圏内でのMSによる飛行能力、強襲能…

ユニコーンガンダムフェネクス ペルフェク…

フェネクスが各アームド・アーマーを全て装備して実験していたら、と言う設…

ストライクガンダムゲーテ+グラディエータ…

エドワード・ハレルソンが南アメリカ独立戦争後、南米に戻った際に国土自衛…

量産型コアガンダム+簡易型ヴィーナスアー…

コアガンダムコン2作目となる量産型コアガンダム(通称コアGM)と簡易型…

関連ガンプラ作品

HGUC ガンダムTR-1 [ヘイズル改…

強襲形態と高機動形態に引き続き、ヘイズル改のサブ・アーム・ユニット装備…

TR-1 ヘイズル・ラー(第二形態)

ヘイズル・ラー(第二形態) 素のままではあっさりしていたので今回もチョ…

HGUC RGM-79Cジム改(ガンプラ…

今回はGWから制作開始して約2週間で完成。大型連休とリモートワークでは…

HGUC ドム/リック・ドム(WKN仕様…

『HGUC ドム/リック・ドム(WKN仕様)』小改造製作です。 主な作…