GUNSTA

鉄血のオルフェンズ作品投稿コンテスト
ASW-G-07 ガンダムアモンデュール
  • 6208
  • 2

ASW-G-07 ガンダムアモンデュール

“厄祭戦時に失われたとされた、72体のガンダムフレームの一体「アモン」を発見し、改修した機体”という設定で作りました。HGバルバトスベースのミキシングキットです。

頭部に得たいの知れない未知のブラックボックスが搭載されたガンダムフレーム。
発見された時、機体は半壊していたものの、エイハブリアクターが起動状態で地中に埋まっていた。修理や改修をすることは出来たが、機体自体が意思を持つかの如く、操縦はおろか、相手によってはコックピットハッチすらロックされてしまう不気味な機体。”怨念が憑いている”と噂され、一部の限られた者以外は一切機体に近寄らなくなってしまった。
阿頼耶識システムは搭載されていない。

バックパックはASW-G-08バルバトスと同型のものが使われている。

宙空戦仕様。
機体と一緒に発掘されたパーツを修理改修して装備した仕様。

プローラーブースター:
アモンと同じ場所から発掘されたモノで、修理改修時にコックピットを増設された支援機。アモンデュールの背部にドッキングすることにより、重力下においてMSの空中戦闘が可能になる。宇宙空間での運用も出来る。
分離時はエイハブバスターランチャーとシールドバインダーをマウントする事が出来る。

シールドバインダー:
防御盾としての使用の他、内部に予備の弾薬などを内蔵している。

腕部200mm砲:
接近武器を手に装備したまま使用することが出来る実弾兵器。

武装は他のMSと同じ汎用武器を使用する。

エイハブバスターランチャー:
プローラーブースター同様にアモンの近くで発掘された兵器。厄祭戦時にはビーム兵器として運用されていた様だが、修理改修時に実弾兵器として改造を施された。専用ケーブルで機体とリンクさせることにより、エイハブリアクターから供給されるエネルギーを圧縮し、高威力の実弾を放つことの出来る兵器。
脅威的な破壊力を誇るバスターモード、低出力で連射可能なアサルトモード、低射程散弾モードと、セレクターと専用弾により3つのモードで運用出来る。
しかしバスターモードに関しては一度の使用でエネルギーの大半を消費してしまうため、機体が数分間起動不能になってしまう他、武器自体がオーバーヒートで使用が出来なくなり、修理が必要となるのが最大の欠点である。

後にダインスレイブを使用することも出来る様に改造される。

「おいっ!」と思った方、優しい目で見てやって下さい。

  • サイトの埋め込み
  • 報告する

コメント2件

  1. 火星大王参號 2か月前

基本的に部分塗装、スミ入れ、つや消しクリアーで仕上げる「簡単フィニッシュ」で製作しています。 たまに"チョイ加工"や"筆塗り全塗装"なんかもやってます。

MS-06R-1A/CUSTOM シン・…

コミック「虹霞のシン・マツナガ」に登場する06Rカスタムタイプっぽい機…

MS-06F ザク マインレイヤー

旧キットのパーツと、公開中のザクIIのパーツを交換して完成するキットで…

RGM-79 スレッガー・ロウ専用ジム

コミック「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」に登場する̶…

MS-06F ザクII

スタイルの良いザクIIを作りたくって、ベースに高機動型ザク(マツナガ機…

関連ガンプラ作品

鉄血のオルフェンズ作品投稿コンテスト

バルバトスルプスレクス

二回目の作品投稿ですが、これはまだガンプラを趣味としてやり始めて間もな…

鉄血のオルフェンズ作品投稿コンテスト

激戦

ガンダムバルバトス 第6形態

鉄血のオルフェンズ作品投稿コンテスト

グレイリート改・改(1/100)

ガンスタ様への初参加&丁度作った機体が鉄血絡みだったので初参加! 数年…

鉄血のオルフェンズ作品投稿コンテスト

ガンダムアルフ

「これが…例の?」 「はい、ガンダムアルヒのデータを元に量産したガンダ…