ガンダムAGE‐2 ダークハウンド アンダーテイカー
  • 952
  • 0

ガンダムAGE‐2 ダークハウンド アンダーテイカー

型式番号 AGE-2 DH-AT

アセムが戦後の世界で駆る機体という設定で制作した機体です

ガンダムAGE‐2 ダークハウンド アンダーテイカー アピールショット1




ゼハート・・・俺は前に進むぞ



お前の想いも



全て背負って



ガンダムAGE‐2 ダークハウンド アンダーテイカー アピールショット2

ガンダムAGE‐2 ダークハウンド アンダーテイカー

戦後、ビシディアンの新たなフラグシップ機として再改修されたダークハウンドという設定の機体です。
ダークハウンドの改修機らしく海賊風の意匠と装備を施しています。
名前こそダークハウンドですが、ベースになっているのは実はAGE-ⅡマグナムSVで胴体、バインダー等をダークハウンドから移植しています。
また額にはクロスボーンガンダムX1のアンテナとドクロレリーフを移植しています。

ガンダムAGE‐2 ダークハウンド アンダーテイカー アピールショット3

バックパックはAGE-ⅡマグナムSVの物をベースにMSGのプロペラントタンク丸のバーニアを使用しています。
肩はAGE-Ⅱマグナムの肩に3mm穴を開けて中にポリキャップを仕込み、そこにバインダーガン付属のボールジョイント受け(大)を差し込み、バインダーをボールジョイントで接続・可動できるようにしています。

全体的なデザインはビルドダイバーズ3話に登場したクジョウ・キョウヤの偽装ダークハウンドを参考にしています。

ガンダムAGE‐2 ダークハウンド アンダーテイカー アピールショット4

・機体解説

AGE-2 DH・AT ガンダムAGE-2 ダークハウンド・アンダーテイカー

宇宙海賊ビシディアンのフラグシップ機。
ラ・グラミス攻防戦後、ダークハウンドに全面強化改修を施した機体である。
ヴェイガンとの戦いの中で浮き彫りとなったダークハウンドの欠点である決定力の低さを補うべく、武装の高出力化、新規武装の追加が行われている。
両肩バインダーには疑似斥力推進器を兼ねた四基のビームブレイドが装備されており、推進器としての機能は勿論、投擲武器としての使用、疑似斥力の力場を利用した肩部バインダーの電磁装甲の機能拡張など、様々な面において本機の戦術の幅を広げている。
背部には可動式のテールユニットが備わっており、運動性の向上の他、各種オプションのプラットフォーム、グリップによって僚機のけん引など、運用面での強化も行われている。
また、関節部には特殊コーティングが施されており、アッシュの操縦による負荷の低減に一役を買っている。

改修にはマッド―ナ工房だけでなく、ロディ・マッド―ナら元ディーヴァのスタッフも携わっており、戦後の世界において、ビシディアンの必要性を重んじたフリット・アスノによる配慮もあって、海賊組織が保有するMSとしては規格外の性能を有している。

アンダーテイカーとは葬儀屋の意味で、終戦後の世界において、「争いの火種を闇の中で葬る」というアッシュの決意が込められている。

・パイロット解説

キャプテン・アッシュ(アセム・アスノ)

宇宙海賊ビシディアンの首領。
戦後の世界において、ヴェイガン残党や連邦政府の水面下での弾圧行為を始めとする、争いの種を積むべく世界の影の中で戦い続けている。

連邦政府、旧ザラム・エウバ派の協力の元、喪失したEXA-DBの行方を掴んだ彼は新たな戦火の中へと身を投じることとなる。

一連の戦いの中、セカンドムーンで出会った人工Xラウンダーの少年、リオン・シンシアの後見人となり、彼が自らの生きていく道を探すため、力を貸している。

ガンダムAGE‐2 ダークハウンド アンダーテイカー アピールショット5

装備品一覧

ダークハウンドの既存装備はそのままに、設定にある通り各種武装の強化・追加を行っています。

ガンダムAGE‐2 ダークハウンド アンダーテイカー アピールショット6

・ハイパードッズランサー
本機の主兵装。ドッズランサーの発展型で内蔵されたジェネレーターによって、より高主力のDOSSフィールドを穂先に滞留させることに成功し、ザムドラーグクラスの電磁装甲をも貫く攻撃力を得ている。
さらにライフルカバーにはビシディアンの共通装備であるフラッシュアイが増設されており、刺突と共に発光させることで瞬間的に敵の視界を奪い、確実に敵機を貫くことが出来るなど、近接戦闘において真価を強く発揮する。

ダークハウンドといえばやはりこの武器・・ということで、自分なりにアレンジを加えたドッズランサーです。
ドッズランサーをベースにカバーパーツをAGE-Ⅱマグナムの物に変更。
上部にはクロスボーンガンダムX1フルクロスの胸部パーツを接着しています。

ガンダムAGE‐2 ダークハウンド アンダーテイカー アピールショット7

・ビームブレイド
本機の追加装備の一つ。ダークハウンドの決定力の低さを補うために考案された武装。
それ自体が疑似斥力フィールド発振器を備えた可変翼であり、本機の機動性と運動性を高める他、疑似斥力フィールドの力場を応用して、バインダーの電磁装甲の機能を拡張させることで防御力を向上させることも可能となっている。

ガンダムAGE‐2 ダークハウンド アンダーテイカー アピールショット8

発生するビーム刃は疑似斥力フィールドによって収束された強力な物となっており、攻撃力の強化にも一役を買っている。
また、推進機関を持つことを応用し、投擲武器としても使用が可能。
これはビームサーベルを投擲して使用する機会の多かったアッシュの為に最適化させた機能であり、彼の力量をもってすれば投擲したビームブレイドをアンカーショットで掴んで振り回すといった芸当も可能となっており、本機の攻撃の幅を大きく広げている。

本機の追加装備その1。いろいろと設定多忙なビームブレイドです。
パーツ自体はAGE-ⅡマグナムのFファンネルそのままですが、推進機関らしさを意識してバーニアモールド追加しています。

ガンダムAGE‐2 ダークハウンド アンダーテイカー アピールショット9

・ドッズスマッシャー
ハイパードッズランサー下部に接続可能な複合ビームデバイス。
少数精鋭であるビシディアンの特性から一対多の戦闘を強いられる場面を想定し、ダークハウンドに面制圧能力を付与させることを目的に開発された。
計15門のリフェーザー砲の銃口を備えており、単騎で敵陣を切り崩す際に重宝される。

ガンダムAGE‐2 ダークハウンド アンダーテイカー アピールショット10

懸架したままソード形態に変形可能です。

ガンダムAGE‐2 ダークハウンド アンダーテイカー アピールショット11

接近戦時はソード形態に変形。15門のリフェーザー砲全てを高出力のビームサーベルとして扱うことが可能となる。
ハイパードッズランサーと共に扱うことでその攻撃力をさらに高めることが可能となっている。

追加装備その2。クジャクをそのまま使用しています。
クロスボーン系で一番好きな武器は何ですか?と聞かれれば迷わずにクジャクと答えるくらい大好きな武器です。
特にスマッシャーモードの面制圧能力はダークハウンドには重宝するんじゃないかなと思い採用しました。

単機での面制圧能力を付与させるという意味では、ダブルバレットに該当する装備という位置づけです。

ガンダムAGE‐2 ダークハウンド アンダーテイカー アピールショット12

・ストライダー形態
ダークハウンドと同様の高機動形態。機構自体は同様だが追加された推進器と機首の武装によって高い突破力を有している。

ガンダムAGE‐2 ダークハウンド アンダーテイカー アピールショット13

変形機構はダークハウンドと同様です。
背部のテールユニットはSVユニットを基部にして変形時でも干渉をしないようにしています。
変形時には機首のハイパードッズランサーのドクロ部分が先頭になるように配置してみました。

ガンダムAGE‐2 ダークハウンド アンダーテイカー アピールショット14

また、設定に少し書きましたが、背部のグリップに僚機を捕まらせることでサブフライトシステムとしての役目を担うこともできます。
元々、ハイパーブーストで僚機を連れて戦域からの離脱が出来る・・というのがダークハウンドの設定ですが、グリップを増やしたことで最大四機の僚機をけん引可能となっています。

ガンダムAGE‐2 ダークハウンド アンダーテイカー アピールショット15

・配色
本体 グレー部分                    クレオス MSファントムグレー

本体 黒部分                      クレオス つや消しブラック
本体 赤部分        クレオス 赤2号
本体 関節・バーニア部    クレオス シルバー

本体 手甲・他        クレオス MSグレージオン系
本体 頭部センサー      クレオス ゴールド
アンカーショット先端     クレオス シャインシルバー

ドクロ等白部分        クレオス 艶消しホワイト
ドッズスマッシャー黄部分   クレオス MSイエロー


(戦後世界の時代背景について)

このダークハウンドの設定の関係で少し雑談でも・・。

これは小説版における設定ですが、ラ・グラミス攻防戦の後も地球・火星の太陽系連邦樹立を巡って反連邦主義者・各コロニー圏の過激派との間で、長きにわたって再統合戦争なるものが起こっていた・・というのがA.G世界の史実にはあります。

で、ここからは史実を踏まえた上での妄想。

そういった時代背景の中、ビシディアンは連邦政府の介入できないところで各地の火種を消しつつ、残されたEXA-DBを巡って戦っていた。
・・という設定の元、戦後世界におけるビシディアンの旗として今回のダークハウンドを制作しました。

あくまでAGE好きモデラ―の妄想程度に思ってくれれば幸いです。

ガンダムAGE‐2 ダークハウンド アンダーテイカー アピールショット16

機動戦士ガンダムAGE INHERIT of EDEN

A.G.166年。
長きにわたる戦争は終結し、地球連邦・ヴェイガン両政府は太陽系連邦樹立および火星再テラフォーミング計画への動きを進め、再び人類はひとつの種としての道を歩み寄ろうとしていた。

着実に平和な時代へと歩みを進める世界だが、その裏では地球連邦政府の水面下での弾圧行為、それに反発するようにヴェイガン残党によるテロ活動が続けられていた。

さらに、それらはコロニー圏の独立運動、反連邦主義者、分離主義者らの動きを過激化させることとなった。

長きにわたる戦争が残した爪痕、未だ叶わぬ悲願と憎しみの残り香、それが新たな火種を生み出し、再び世界に蔓延しようとしていた。

そんな時代の中、地球連邦・ヴェイガン両政府の介入できない、世界の暗闇の中で一人の男が再びその旗を掲げる。

男の名はキャプテン・アッシュ。

彼の機体の名はダークハウンド。

争いを生む者を暗闇の中で葬る為、宇宙海賊ビシディアンは再び決起するー


Memory of Edenに続編があったら・・みたいな妄想で作ってみました。
INHERIT of EDEN というのは「受け継がれた理想郷」という意味です。


最後まで閲覧ありがとうございました。

  • サイトの埋め込み
アセムが戦後の世界で駆る機体という設定で製作したダークハウンドです。

コメント0件

ガンプラ復帰勢です。AGEキットを中心に作っています。 最近はレギルス、Gバウンサー系を中心に制作中。 気軽にフォローしてください。

2021年最新作
2021年最新作

関連ガンプラ作品

2021年最新作
2021年最新作
  • rating_star30
2021年最新作