GUNSTA

コピーできました!

RGM-79D型 ジムD型

RGM-79D型 ジムD型

9月から制作入り、時間掛けつつ完成しました。今回の制作は、『スジボリの練習』、『可動域の追加』を目標に、安価なHGUCジム寒冷地仕様を使いました。

RGM-79D型 ジムD型 アピールショット1

とりあえず正面から。

肩関節を改善し、若干ですがプロモーションも改善したかと。プラ板で肩部や脚部に追加ディテールを施し、胸部等をタミヤアクリル塗料で筆塗り、つや消し+デカール貼付後は汚し塗装しています。

RGM-79D型 ジムD型 アピールショット2

一昔前のHGUCのため、肩の接続は真っ直ぐな軸のみ。ネットなど参考、元々の接続軸をエッチングノコとピンバイス、ヤスリで削除。

市販のプラパーツをプラ板で支えつつ、瞬着で固定しました。

RGM-79D型 ジムD型 アピールショット3

もう一つ可動部を追加。腰部のカバーを一旦分割し、真鍮線で固定。キットでは一体式だったのを左右独立して動かせるようにしました。

RGM-79D型 ジムD型 アピールショット4

後ろ側。バックアップは同じくHGUCのジムコマンドから拝借。イメージはジムD型の新型バックアップの試験を兼ねた機体です。

RGM-79D型 ジムD型 アピールショット9

可動域が改善されたので、より銃器を構えやすくなったかなと。

RGM-79D型 ジムD型 アピールショット10

汚し塗装は、腕部や脚部はウェザリングカラーを薄めてウォッシング。胸部はエナメル塗料のドライブラシで経年劣化をイメージ。細かいとこはエナメル塗料とウェザリングマーカーでチッピングしてあります。

ちなみに、頭部アンテナは真鍮線に替えてあります。

RGM-79D型 ジムD型 アピールショット11

メインウェポンは、ビルドファイターズトライ製品から。プラ棒でバレルを延長してます。シールドはリューターで傷付けてから、エナメル塗料で弾痕をイメージしてあります。

RGM-79D型 ジムD型 アピールショット12
  • サイトの埋め込み

コメント2件

  1. Zoo 1週間前
    • ponta20 1週間前

ガンプラ作りが再熱しました! 今までは素組+部分塗装のみでしたが、今後は改造や塗装もやっていきたいと思ってます! 復帰後は量産型MSを中心に制作してます! よろしくお願いします!

ponta20さんがお薦めする作品0件

関連ガンプラ作品

  • rating_star47