食玩 Gフレーム ナラティブガンダム B装備(G-アルケイン風改修・[MSAM-RX9] G-ナラティブ化)
  • 1750
  • 0

食玩 Gフレーム ナラティブガンダム B装備(G-アルケイン風改修・[MSAM-RX9] G-ナラティブ化)

前回製作したナラティブガンダム B装備の独自解釈μガンダム化に続き、今回はオレンジ(設定では赤)つながりでナラティブガンダムを「Gのレコンギスタ」に登場したG-アルケイン風に改修してみました。

食玩 Gフレーム ナラティブガンダム B装備(G-アルケイン風改修・[MSAM-RX9] G-ナラティブ化) アピールショット1
食玩 Gフレーム ナラティブガンダム B装備(G-アルケイン風改修・[MSAM-RX9] G-ナラティブ化) アピールショット2
食玩 Gフレーム ナラティブガンダム B装備(G-アルケイン風改修・[MSAM-RX9] G-ナラティブ化) アピールショット3
G-アルケインは、アメリアが「ヘルメスの薔薇の設計図」に記されていたG系統の設計をベースに、軍が蓄積してきたMS技術を投じて完成したという設定なので、今回の機体はG-アルケインより少し前に建造された試作機と脳内設定。 ナラティブは何世紀経っても試作機扱いということで…
食玩 Gフレーム ナラティブガンダム B装備(G-アルケイン風改修・[MSAM-RX9] G-ナラティブ化) アピールショット4
食玩 Gフレーム ナラティブガンダム B装備(G-アルケイン風改修・[MSAM-RX9] G-ナラティブ化) アピールショット5
キャピタル・アーミィが「ヘルメスの薔薇の設計図」に基づいてG-フェネクスを建造しているので、フェネクスと同時期に存在していたナラティブも設計図に載っているはず。ただし、劇場版NTのA,B,C装備は急ごしらえで用意したもののはずなので、設計図にはナラティブ本体のみ載っていたと想定し、武装やバックパック周りはオリジナルで製作しています。
食玩 Gフレーム ナラティブガンダム B装備(G-アルケイン風改修・[MSAM-RX9] G-ナラティブ化) アピールショット6
食玩 Gフレーム ナラティブガンダム B装備(G-アルケイン風改修・[MSAM-RX9] G-ナラティブ化) アピールショット7
機体本体は、頭部を改修した以外はカラーリングをG-アルケイン仕様に変更したのみ。G-アルケインのカラーリングをベースにしつつ、複数色で塗り分けて情報量を増やしています。 G-アルケインのアイコンでもある⾼出⼒対艦ビーム・ライフルは、コトブキヤのM.S.G モデリングサポートグッズ ウェポンユニット01 バーストレールガンを使用して代替。カラーリングはフルドレス仕様のオレンジ(赤)ベースを採用しました。
食玩 Gフレーム ナラティブガンダム B装備(G-アルケイン風改修・[MSAM-RX9] G-ナラティブ化) アピールショット8
ナラティブ B装備の有線式遠隔攻撃端末とバックパックは、独自解釈μガンダム化のとき同様に思い切ってカットし、小型シールドや切断した固定フレームを組み合わせてリビルド。前述のように、G-アルケイン以前に建造された試作機という脳内設定に基づき、スカート型スラスターの試作品のような装備と位置付けています。 バックパック接続位置の穴が目立ったので、ユニコーン ペルフェクティビリティ化(1体目)の作業中断で保管してあった後ろ脛のスラスターカバーを固定フレームの接続部ごと移植して目隠ししました。 ちなみに、リギルド・センチュリーの世界ではビーナス・グロゥブ以外は「ファンネル」の開発・実装をしていない(G-アルケイン フルドレスの独立可動式レーザービーム砲は、ビーナス・グロゥブで入手した資材を用いて製作した)ようだったので、今回は有線式遠隔攻撃端末部分(ファンネルもどきとケーブル格納部)はオミットしています。
食玩 Gフレーム ナラティブガンダム B装備(G-アルケイン風改修・[MSAM-RX9] G-ナラティブ化) アピールショット9
【製作工程1 フレーム】 今回は、初めてABSフレームの塗装にも挑戦。フレームを全バラシしてからタミヤ ファインサーフェイサーL ライトグレイ 180mLで下地塗装後、タミヤカラー スプレーカラー TS-18 メタリックレッドを3回ほど薄く塗り重ね。なんとか割れることなく無事に作業完了しました。 せっかくのメタリックレッドですが、フレームのトップコートは半光沢にしたのでメタリック感は消えています…
食玩 Gフレーム ナラティブガンダム B装備(G-アルケイン風改修・[MSAM-RX9] G-ナラティブ化) アピールショット10
【製作工程2 フォトン・ラジエーター】 頭部アンテナは、①…Gフレーム ユニコーンの胸像からアンテナを切り貼りして内側アンテナを大型化。②…トサカ後方に①でカットした胸像のアンテナの残りを利用してフォトン・ラジエーターを追加。 側頭部はちまちまとマスキングして、G-アルケインっぽく塗り分けています。
食玩 Gフレーム ナラティブガンダム B装備(G-アルケイン風改修・[MSAM-RX9] G-ナラティブ化) アピールショット11
【製作工程3 スカート型スラスター】 バックパック・小型シールドを切り貼りして、G-アルケインのスカート型スラスターっぽく整形。固定フレームの腕部を切り貼りして接続アームを自作し、バックパック接続部から懸架できるようにしました。 需要はないかと思いますが、一応接続アームの作り方を置いておきます。 (接続アーム) ①固定フレームの腕部をひじの下で切断 ②固定フレームの肩部接続軸を切断し、1で切断した前腕部のハンドパーツ接続部凹に接着 ③1で切断した腕部の残り(上腕)を、バックパック接続部に組み込んだ1の間に収まるよう切削し、2で接着した軸と接続 ④3までで懸架用の接続アームが出来上がるので、バックパックと小型シールドを組み合わせたものと接続(こちらも可動軸を仕込みたかったものの、今回は技量と材料不足により断念)
食玩 Gフレーム ナラティブガンダム B装備(G-アルケイン風改修・[MSAM-RX9] G-ナラティブ化) アピールショット12
食玩 Gフレーム ナラティブガンダム B装備(G-アルケイン風改修・[MSAM-RX9] G-ナラティブ化) アピールショット13
食玩 Gフレーム ナラティブガンダム B装備(G-アルケイン風改修・[MSAM-RX9] G-ナラティブ化) アピールショット14
食玩 Gフレーム ナラティブガンダム B装備(G-アルケイン風改修・[MSAM-RX9] G-ナラティブ化) アピールショット15
【Before & After】 本体塗装は、G-アルケインを参考にタミヤカラー スプレーカラー TS-56(ブリリアントオレンジ)、同じくTS-31(ブライトオレンジ)を配色。脛の内側だけGSIクレオス Mr.カラースプレー S-81 赤2号(あずき色)を使用。グレーとホワイトの部分は、タミヤ ファインサーフェイサーL ライトグレイとホワイトそのままです。 胸部フィンなどはエナメル塗料で筆塗り。デカールは、ハイキューパーツ 1/144 RB01コーションデカール カラーホワイトを使用。最後はGSIクレオス Mr.トップコート 水性プレミアムトップコート つや消しで仕上げました。
食玩 Gフレーム ナラティブガンダム B装備(G-アルケイン風改修・[MSAM-RX9] G-ナラティブ化) アピールショット16
最後はお決まりの手載り画像を。 最後までご覧いただき、ありがとうございました。
  • サイトの埋め込み
食玩のGフレーム ナラティブガンダム B装備を、G-アルケイン風に改修してみました。

コメント0件

食玩のGフレームをアレンジしています。エアブラシ未所有なので、塗装はスプレー塗装と筆塗り部分塗装で頑張ります。

関連ガンプラ作品

2021年最新作
  • rating_star52
  • rating_star24