GUNSTA

ガンプラを投稿しよう。facebook、twitterアカウントでも登録可能!ログイン会員登録

ビルドガンダムMk-II・リペアード

ビルドガンダムMk-II・リペアード

「つくろう!RG」のおまけとして。筆者が「RG恐怖症」になった理由と現在構築した結果を。

もともとは2014年1月製作。スタビルがガンプラで出る直前当たり。
製作記事・RGに各パーツをフィットさせる方法は当時のブログの方で

後日「GBNW:EX」で詳しく解説しますが、ビルドブースターと同Mk-IIにはRGへの無改造取り付け機構が存在します。
ビルドガンダムMK-II本体も必須となりますが、RGに元キットの追加パーツを組み付ければRG仕様のビルドガンダムMK-IIを製作できる・・・ということ。
具体的には頭部と胸部(取り付けに際し改造しています)、腕部の増加装甲とビームライフルMK-II(ピンを若干縮めています)と背負いものです。

・・・リアリスティックデカールも貼り、あとはスミ入れ・・・と言うとき、うっかりスミをフレーム部分に流し込んでしまい股関節の軸が破損。
その場にあったパーツで急造した「ビルドガンダムMK-II・ベッセルング」として、当時のホビーサイト公式「ガンプラフォトアルバム」に投稿しています(写真1枚のみの簡素な方式だったので写真も少なめ)。

具体的にはこのような感じに(まだ持ってる)。
右足の股基部がエナメル溶剤で劣化しすっ飛びました。当然、組み直すにはAMSジョイントを買い直すしかありません(当時はパーツパラダイスをまだ知らなかったころ)。
これが元となり、昨年製作のRGセラフィムまでRGを組むことはありませんでした。
今回、「つくろう!RG」(前編後編)記念として本体を引っ張り出し、せっかくRGフリーダムを分解することとなったので、フリーダムから両足を移植(素組みですが)。 ビームライフル持ち手も持ってきました。
ベッセルングとくれば当然「リペアード」でしょう。

AMSジョイントが一部に互換性を有する・・・と言うことは「つくろう!RG」でも述べましたが、それを生かした形です。
下半身が細身になりましたが再び大地に立ちました。
スタンド取り付け部はジャスティスのものが合わず。トップ写真はオビツスタンドです。

双方にリアリスティックデカールを貼り込んでいたこともあり、下半身が素組み(スミ入れ済み)であることも忘れさせてくれます。
上半身は塗装しています。

両腕の追加装甲無しで。

「つくろう!RG」のおまけ。あの時失敗したRGビルドガンダムMK-IIを再改造

コメント0件

solphisさんがお薦めする作品0件

  • 【ガンプラビギナーズガイド】EX:GUNSTA投稿ガイドRe…

  • 「GBNWeapons」索引