GUNSTA

ガンプラを投稿しよう。facebook、twitterアカウントでも登録可能!ログイン会員登録

今日のアストレア1〜4

今日のアストレア1〜4

Twitterで載せている#今日のアストレア のまとめ1〜4です。
より詳しい機体解説や、裏話などもあるので、よろしくお願いします。

ガンダムアストレアRF1号機
形式番号:GNY-001RF-1/P
通称:アストレアRFP、アストレアP、プロトアストレアRF など

概要
GNY-001ガンダムアストレアをベースに、エクシアやダブルオー、ダブルオークアンタのデータをフィードバックして再設計したMS【ガンダムアストレアRF】のプロトタイプ。
後継機と比べて装備換装用のハードポイントが少なく、装備バリエーションは他機に劣るが、太陽炉の換装が容易で、常に最新型の高出力擬似太陽炉を搭載することで、非常に高い出力を誇る。また、この時点でアストレアRFに共通している、簡易的な新型フレームの採用によって、高出力に耐えられるだけの強度と柔軟性も兼ね備えている。

備考
カラーリングはプロトタイプガンダムを参考にしています。武装は用意が間に合わなかったという設定で、ジンクスⅣのものを装備させました。ビームサーベルも、擬似太陽炉搭載型ということで、オレンジのものをジンクスから流用しています。
元々つや消しの黒で塗装していたのですが、ザラザラ感が強かったので、年末に実家で半光沢に再塗装したことをよく覚えています(笑)

ガンダムアストレアRF2号機
形式番号:GNY-001RF-2/B
通称:アストレアRFB、アストレアB、ベースアストレア など

概要
換装式汎用MSであるアストレアRFの2号機。機体各所にハードポイントを持ち、様々な武装を装備できるように設計されている。
本機は装備開発及び運用試験のための機体であり、機体性能や操作性にクセがないのが特徴で、あらゆる武装、パイロットに親和性を見せる。そのため、装備や操縦者によって格闘機にも砲撃機にもなり得る可能性を持つ。
しかし裏を返せば、特長が無いとも言え、いい意味でも悪い意味でも凡庸な機体である。また、動力が粒子タンクなため、稼働時間に限界がある。これについては、両ひざ横に粒子タンクを兼ねたスラスターを装備することで、ある程度解消されている。
本機で得られたデータを元に、新装備や新たなアストレアRFが開発されている。

備考
元々、装備を作るときに、他のアストレアを汚すのが嫌で複製したものだったのですが、長い間使っているうちに愛着が湧いて、今に至ります(笑)
色は実はサフそのままです。このアストレアから、他のアストレアに変化するイメージなので、どの機体もこれとどこか共通点を持たせるようにしています。

ガンダムアストレアRF3号機
形式番号:GNY-001RF-3/L
通称:アストレアtype:L、アストレアL など

概要
アストレアRFの機動力と柔軟性に重きを置いた仕様。近〜中距離の遊撃機としての適性が高く、全体的にバランスのいいスペックを持つ。
右腕の多目的装甲は、ヴァーチェの外装を流用しており、ビームガンを兼ねるボックスタイプビームサーベルや、小型GNフィールド発生装置を備える。両膝にはビームシールドを持つ。これは防御手段としてだけでなく、蹴撃の強化や、膝装甲ごと手に装備してナックルガードにするなど、使い勝手が良い。
右手の甲にはGNリフレクション発生装置を持つ。発生範囲を手のひらに限定することで、非トランザム状態でも使用可能。また、腕部装甲のGNフィールドと組み合わせることで、敵のビームを弾いたり、掴んだりすることができる。
変わった武装で敵を翻弄するトリッキーな戦いを得意とする。

備考
一番思い入れの強い、アストレアLです。自分専用機を意識した改造を沢山施しています。
これは初めて買ったHGエクシアを改造し続けて完成した機体なのですが、ほとんどパーツは入れ替えられて、特に外装については、当時のままなのはフェイスくらいです。

ガンダムアストレアRF4号機
形式番号:GNY-001RF-4/C
通称:アストレアC、アストレアクリムゾン など

概要
格闘戦を意識して設計されたアストレアRF。フレーム強度が高く、特に腕部については、敵を殴っても損傷しないほど。
赤い部分は他と比べて防御力が高く、戦闘時にはこの部分で敵の攻撃を受けながら接近し、強力な一撃を叩き込む戦いを得意とする。
両腕部に備えられた装甲は、増加装甲としただけでなく、スラスターやGNコンデンサーを内蔵することで格闘技の強化にも使われる。またこの装備にはGNバルカンが二門備えられており、本体の一門と合わせて、計三門の砲口を持つ。さらにこれらを連動させることで、小型のトライパニッシャー『GNショット』を使うことができる。これは射程は短いが、チャージすることによって、威力や速度を変化させることができる機能を持つ。

備考
アストレアクリムゾンこと、アストレアCです。上述のアストレアLと対になるように制作しています。
色はダブルオーインスペクションをモチーフにしています。
結構ガシガシ動かすので、設定だけでなく、リアルでもかなり頑丈です(笑)

#今日のアストレア 1〜4のまとめです。Twitterよりも詳しい設定もあります。

コメント0件