GUNSTA

ガンプラを投稿しよう。facebook、twitterアカウントでも登録可能!ログイン会員登録

コンテスト対象
ムラサメ  -改-

ムラサメ -改-

アサギ「マユラ、ジュリ!いくわよ!」
マユラ.ジュリ『了解っ!!』
oyz「ま、ホントは彼女達ムラサメ乗ってないけどね〜。」

アサギ「ねえ!なんだか、地球連合の連中がオーブにムリな要求してるみたいじゃない?」
マユラ「え〜〜っ!?うっそー!」
ジュリ「カガリ様、大丈夫なんですか?」
アサギ「もし何かあったら私達がカガリ様をお守りしなくっちゃ!このムラサメでね。」
マユラ「ええ!もっちろん!」
oyz「あー、ダメダメっ!なんだねこのMSは!?」
マユラ「きゃあ!!」
ジュリ「何!?」
アサギ「なんなの急に!アンタ何者!?」
oyz「何者って言われれば、GUNSTARDOMで可変開発室の室長をしているoyzって者だよ。知らないかな?」
アサギ「知るわけないでしょ!」
oyz「ま、それはいいとして、なんだいこのMSは!?」
マユラ「へへーん!コレはオーブ軍の現行主力モビルスーツだったM1アストレイの後継機よ。戦闘機形態への変形が可能なんだから!あなたが可変室長だか何だか知らないけど、見くびらないでほしいわ!」
ジュリ「ちょっと!そんな怪しいヤツにムラサメの事、話しちゃダメじゃない!」
マユラ「やば….ごめーん!」
アサギ「まあいいわ!アンタね、このムラサメにケチ付けるなんていい度胸じゃないの!」

oyz「ふむ…。戦闘機への可変はとても素晴らしい….。だが、何故変形が差し替えなのだ!いくら可変後のスタイルが良くても差し替えて完成などと!腕や頭は何処に行っちゃうのか!腰のパーツは何処から出てくるのか!!到底納得出来ん!!」
アサギ「なによ!バン○イのキットでそうなってるんだから、仕方ないじゃない!」
ジュリ「そうよ!バン○イのキットの飛行形態の出来の良さを観てみなさいよ!こんなにカッコいいなら差し替え変形だっていいじゃないですか!」
マユラ「そーだよ〜。」
oyz「甘い!!何故キットのままで良しとするか!!ええい!私に任せておけぇーい!コイツを貸せーい!!」
マユラ「あーっ!ガンプラドロボー!!」

ー数日後ー
oyz「待たせたね、キミたち。」
マユラ「あー!こないだのガンプラドロボー!!」
ジュリ「警察よんでください!早く!」
アサギ「逃がさないわよ!覚悟なさい!!」
oyz「ちょっーーーーっと待ちなさい!!このムラサメを見なさい!!ちゃんと改造したから。」
アサギ「改造って何よ!?」
oyz「もちろん完全変形だよ。先日言ったじゃないか!?」
マユラ「えー?言ったっけ?」
ジュリ「そんな事おっしゃってなかったですよ?」
oyz「言わなかったっけ?イヤ、とにかく完全変形にしたんだ!今から解説するから、コッチ来なさい。」
マユラ「やーよ、変な仮面被ってるし。」
ジュリ「警察まだかしら?」
アサギ「まー、いいじゃない!出来たって言ってるんですから見せてもらおうじゃない!その完全変形とやらを、ね。」

oyz「よーし!では早速ご覧頂こう!コレが完全変形に生まれ変わった、ムラサメ!名付けて“ムラサメ -改-”だ!」
アサギ「何よ!全然同じじゃない。」
マユラ「なーんだ!同じだー!」
ジュリ「いえ!待って!!同じじゃないわ!」
oyz「フッフ!お目が高いね、メガネのお嬢さん!そうさ、外見こそ似てるがギミックがふんだんに盛り込まれているのだ!」
ジュリ「え?外見からだけど。肩にあるパーツと、脛にあるパーツ。」
oyz「え?ああ、ソコね。ハイ。それじゃまあ、改造ポイント解説といきましょうか。」

oyz「まずは、外見からかなあ。今回かーなーり手を加えてあって、腕なんか丸々、ビルドストライクと交換しちゃいました。」
マユラ「あ!ホントだ〜!」
oyz「肩の取り付け位置もだいぶ変わっていて、元のキットよりも上部に付いてるのだ。それでも印象が弱かったので肩上部にスラスターを増設した。という訳で、キットからは肩パーツしか使っていないのだ。
アサギ「たしかにそうねえ。」
「頭部パーツはそのままだが、首回りに襟を付けて頭周りの印象を強めにしたよ。首が短いと感じたので延長もしている。」
ジュリ「何の為にです?」
oyz「ムラサメは胸部がZガンダムの様に上に可動して可変する。そのギミックは素晴らしいが、そのギミックの為か肩が一直線で非常にオモチャっぽい….超合金っぽいのだ。とはいえギミックはそのまま使いたかったので、周りのパーツで印象を変える作戦だよ。」

oyz「脚は基本的にそのままだが、可変ギミックの関係もあり、取り付け位置がかなり下になっている。そこで、フロントアーマーの大型化とサイドアーマーの取り付け位置変更を行っているのだ。」
ジュリ「可変ギミックってどうなってるのかしら?」
oyz「それは後で見せるよ。脚はだいぶアッサリしてる事もあって、裏にスラスターを増設してるよ。」

oyz「では、本体内部をみていこう!」
マユラ「あら〜、なんか色々入ってる〜〜!」
oyz「元々のキットではただフタがしてあるだけだったので、随分手を加えたよ。まずは腕の付け根だが、キットのポリキャップの取り付け向きでは、可変出来ないので、Zガンダムの様に腕を体の全面に移動出来る様にした。」
マユラ「Zガンダムってなあに〜?」
oyz「まあ、それは置いといて。それと可変ギミックには正直関係無いんだが、腰部が左右に回転はするが前後に曲がらないので、ポージングが全く決まらなかった。そこで、腹内部に関節を仕込んである。見えないところなんで雑だが、ポージングの幅はだいぶ広がったと思うよ。」
アサギ「色々詰め込んだってワケね〜。」

oyz「今回の可変ギミックのキモである、腰部を見て行こう。」
ジュリ「普通のMSの内部とだいぶ違うわね。」
oyz「今回はアームアームズのジョイントと、ムラサメのキットの変形用パーツを使って変形機構を再現したのだ。ライトニングZの時の様なダイナミックさは無いが、その分非常に剛性は高く、可変状態で持ってもヘタらないのだ!」
ちなみにサイドアーマーは追加パーツを使って取り付け位置を上に上げているのだ。」
アサギ「これだけの事が完全変形に必要だったワケ…。」
ジュリ「ねーねー!早速変形させてみようよ〜!」
oyz「よーし、じゃあお待ちかね!変形シークエンスといこうか!」

① 顔、シールドを取り外す。

② 胸部を上に上げるて、腹部に顔、シールド基部を取り付ける。

③ 腕部を中央に稼働する。

④ 脚の基部を外側に稼動し、サイドアーマーを回転させる。

⑤ ウイングを展開する。

⑥ 脚を折り畳む。

⑦ シールドを底部に、ライフルを側面に取り付ける。

⑧ 完成!

アサギ「ちゃんと変形出来てる!」
oyz「なんとかなるもんだろう?」
マユラ「でも顔一回外したしぃ、完全変形じゃないよね〜〜。」
oyz「それは勘弁して。一応余剰パーツでないし、ね。じゃあ、私は満足したので、ムラサメはお返しするよ。」
アサギ「え?ええ…。」
ジュリ「あなた、お名前は?」
oyz「言わなかったっけか?私はGUNSTARDOMで可変開発室の室長をしているoyzって者だよ。」
ジュリ「だそうです。じゃあ連行してください。」
警察「ハッ。了解です。」
oyz「ええーーーーっ!!!返したのにーーーーっ!!」
警察「オイ!大人しくしろ!!」
oyz「タスケテ〜〜!」
マユラ「あーあ、行っちゃった〜。」
アサギ「まぁ、怪しかったし。イイんじゃない?」

-オーブ国防本部-
「緊急指令!緊急指令!!ムラサメ湾岸部隊、カグヤ島湾岸沖に地球連合の機体と思わしき機体が出現!スクランブル発進せよ!」
マユラ「ええっ!?何?何!?」
ジュリ「地球連合が実力行使に出たの!?」
アサギ「慌てないで!私達の部隊はまだ待機よ!」
キラ「行かなくちゃ…またあんな事になる前に…。皆さんは内地へ向かって下さい!」
ジュリ「え!?どうして!!?」
アサギ「敵が来たのは海側じゃない!」
キラ「地球連合の狙いはおそらく工場です!海側から強襲して僕達の内地の守りを薄くするのが狙いのハズです!僕は海側の敵を撃退します!皆さんは内地へ!!」
アサギ「ええ、キラ君、海側をお願い!」
キラ「あと、必ずフォーメーションを組んで戦って下さい!個々で敵わなくても、3機で組めば勝てる筈です!」
アサギ「わかったわ、キラ君!マユラ、ジュリ!いくわよ!」
マユラ.ジュリ『了解っ!!』
アサギ「ところでキラ君のフリーダムって変形出来たっけ?」
ジュリ「さあ?どうでしたっけ?」

※ココでマユラからのお願いですっ!
マユラ「製作の都合上、ZAFT製のMSが敵として出てくるけど、イメージとして捉えてねっ!マユラとの約束よっ!」

アサギ「マユラ!何やってんの!置いていくわよ!?」
マユラ「わーん、待ってよう〜!」

アサギ「もうすぐモルゲンレーテの工場ね…。」
ジュリ「敵部隊をキャッチしたわ!3時の方向!敵です!敵機を多数感知!」
アサギ「…いた!キラ君の言った通りだった…!」
マユラ「キラ君すっごーい!」
ジュリ「どうします?」
アサギ「もちろん撃破するわ!マユラ、ジュリ!離れないでね!いくわよ!」
マユラ.ジュリ『了解っ!!』

アサギ「オーブは、私たちが守る!」
ジュリ「私だって…やれるんだから!!」
マユラ「よぉーし、やってみせる!絶対負けないんだから!」

マユラ「ええーい、あったれぇ~♪」
ジュリ「やられるもんですか!」
アサギ「こんなところで死んでたまるもんですか!まだまだ!これからよ!」

マユラ「ねえ!アレって!?」
アサギ「ガンダムなの!!?」
ジュリ「あっ…味方が!!え?誰がやられたの!?」
スティング「へっ!ザコが!相手にならねえぜ!」
ジュリ「あんな奴に来られたら、オーブは!!」
スティング「ハハハハッ!次はどいつだあ!」

アサギ「マユラ、ジュリ!アイツ倒すわよ!」
マユラ「え!?ちょっとまずいかも…。」
ジュリ「マユラ、行くわよっ!私達が頑張らないと…!」
アサギ「キラ君の言ってた通り、フォーメーションで行くわ!」

アサギ「いい?2人共!ファーメーションAよ!」
スティング「へっ!なんだテメエら、ザコが何機来ても相手にならねえぜ!」

アサギ「マユラ、ジュリ!訓練通りいくわよ!」
マユラ.ジュリ『了解っ!!』
スティング「何だこいつら!?なにい、囲まれた!?」

アサギ「いまよ!!みんな!!」
ジュリ「派手にいくわよ!コイツの好きにはさせないんだから!」
マユラ「逃がさない!!え~いっ、突撃ぃ~!!」
スティング「なにい!?同時にだと!!?ぐわっ!うぁぁぁっーーーーっ!」

アサギ「やったわ!見たか!オーブの底力!」
ジュリ「よーし!」
マユラ「やったぁ~敵機撃破♪結構いけるじゃん、あたし達!」

oyz「スティング!撤退しろ!!(….やるじゃないか、仔猫ちゃん達….。)」
スティング「クソッ、クソクソォォーッ!!」

oyz「ふーむ、彼女達の機体、強化し過ぎたかな…。ん?通信が。」
ニシザワ「聴こえるでありますか?こちらオーブのニシザワと申す者であります!」
oyz「オーブからの通信!?ニシザワ?知らんな…。」
ゴウ「同じくオーブのゴウと申す者であります!」
イケヤ「同じくオーブのイケヤであります!」
ニシザワ「本来であれば!カオスガンダムを撃墜したのわ、我々なのであります!だがしかし!我々はあの娘達に出番を奪われ!我々の立場が無くなってしまったのであります!!許されるべきでは無いのであります!激しく遺憾なのであります!」
ゴウ「激しく同意!」
イケヤ「右に同じ!激しく同意であります!」
oyz「いやでも、ホラみんな知らないし…。」
ニシザワ「そういう扱いが!よくないのであります!激しく遺憾であります!!我々は断固!抗議するのであります!!」
ゴウ.イケヤ『激しく同意!!』
oyz「うぜええーーーーっ!!(゚Д゚)yy」

チョイ役で出ていたムラサメを完全変形にしましたよ〜。ストーリーはカラミティで張っておいた伏線を回収しました。(´ω`;) 伏線張っといたの気付きました?(astray_rd)[](URL)

コメント11件

  1. Wez@Caitsith 1日前
  2. @kazz_ho 3日前
    • oyz 2日前
  3. KTA 3日前
    • oyz 3日前
  4. 許されたワッキー 4日前
    • oyz 3日前
  5. まるいるか@Maru_Iruka 4日前
    • oyz 3日前
  6. KOU 5日前
    • oyz 5日前
oyz
oyz

可変機が好きなので、可変機を中心に作ります。が、制作は超スローペース。 ”ビルドガンダムチーム“ “ビルドダイバーズアナザーストーリー” “ガンダムセンチネル” “可変SDシリーズ” まで投稿完了!(´ω` フォースの“GUNSTARDOM”に参入しました!(・∀・)そして可変開発室 室長に就任! フォースでも頑張っていきます! SDコン 可変SDゼータが予選通過っ!本戦15位でした! 応援して頂いた皆様、ありがとうございました。 家庭環境問題で、塗装は筆....。塗装は苦手っす。