ネオ(oyz)専用ウィンダム −ヴァリアブル−
  • 3092
  • 22

ネオ(oyz)専用ウィンダム −ヴァリアブル−

oyz「降臨…..!満を持して〜。」
スティング「ギリで、間に合ったな。一応。良かったな。」

アズラエル「….おい!巫山戯たこと言うな!!どうしようかなだぁ!?そんな時間はない!!SEEDコン予選も明日で終わりだ!こうなったら直ぐにもファントムペインも呼んで総攻撃に出るんだ!」
oyz「しかし、撮影準備が必要では….。」
アズラエル「だったら早くしたまえ!君は何を言っているんだ!状況が解ってないのは君の方だろうが!この世界に!オイシイ所を全部もって行く、あんな奴を残しておくわけにはいかなんだよ!」

oyz「….わかりました。」
アズラエル「オイ!何処へ行くんだ!!?話はまだ終わってないんだぞ!?」
oyz「….大丈夫です。私も向かいます、決着を付けにね…。」

oyz「ステラ。待たせたな、さあ行こうか。」
ステラ「ネオ…。」
oyz「このSEEDコンももうじき終わる…。明日には長かった闘いも決着が付くだろう。だが、我々にはまだやらなきゃいけない事が残っているのさ。」
ステラ「…ネオ….。」

スティング「オイ!待てよ!何処に行こうってんだよ、俺たちにも出撃させろ!」
アウル「そーだよ!ボク達を置いてこうたってそうは行かないぜ!」

oyz「お前たちはよく戦ってくれた…。もう充分だよ。」
スティング「テメエ!自分ばっかりカッコつけようたってそうはいかねえ!」
アウル「そうだよ。この闘い、まだ負けたわけじゃねぇぜ!」
oyz「お前たち….。」
ステラ「ネオ…。」

oyz「わかった。残り時間もあと僅かだが、俺たちファントムペインは負けは許されない!出撃するからには解っているな?」
スティング「フン!当然だ。好きにやらせてもらうぜ…ネオ!」
アウル「OK。行こうぜ、ネオ!」
ステラ「ネオ…ネオと一緒にやっつける…。」
oyz「みんな、俺の事をネオと呼んでくれるのか….。ありがとう…。」

oyz「俺たちは、キラを…!主役として覚醒したキラと戦う事が使命だ。しかし、私にはやるべき事がある…。」
ステラ「ネオ…?」
アウル「それってまさか…。」
oyz「そう。キラが主役になった事により、主役の座から転落した、シンとの決着だ。以前は成り行きで撃破したが、今回はキッチリ決着を付けさせて貰うとしよう。」
スティング「フン!まあ、お前の考えそうな事だな。コッチは俺達に任せな。」
oyz「スティング?」
スティング「キラってヤツのアメイジングストライクフリーダムは、俺とアウルで追撃する。なあに、あの3馬鹿も居るんだ。こっちは任せておけよ。」
oyz「スティング…。」
アウル「そーだよ。任せておけって!それとさ、いままでありがとな。ま、礼だけは言っとくよ。気にくわねぇけど。」
oyz「アウル…。」
アウル「さー行こうぜ、スティング!3馬鹿が待ってんじゃね?」
スティング「じゃあな、ネオ!キッチリ決着つけて来いよ!」
oyz「よーし、お前たちも、決着つけて来い!くれぐれも、慎ましくな。」
ステラ「…スティング…アウル…。」

ステラ「ネオ…。ネオ、この機体….?」
oyz「この機体はウィンダム。私の専用機だ。SEEDコンが始まって直ぐに作り出したが、結局ここまでかかってしまったよ。」
ステラ「うん…。」
oyz「ベースとしてはインパルスを使い、殆ど見えないが背面はストライクを使用している。頭部やスラスターなど、ジャンク品から近いものを持ってきたが、やはりちょっと違う感は拭えないな。」

oyz「バックパックの羽根もインパルスだ。エンジン部はバクウから持ってきた。それだけでだいぶ雰囲気は近づいたと思う。後はオリジナルの追加武装としてガトリングガンを2挺固定装備とした。」
ステラ「うん。」
oyz「大型のシールドはWガンダムとアームアームズのパーツを合わせたものだ。スナイパーライフルはライトニングガンダムから流用した物だよ。」
ステラ「うん。」

oyz「インパルスがベースになっている事もあり、広い稼働領域を持つ。そして更に腰部にジョイントパーツを追加したので、稼働はインパルスを上回る。そして当然だが可変する。」
ステラ「可変….するの?」
oyz「当然するさ。いいかステラ、ウィンダムっていうのは、ウィングガンダムの略なのさ。ウィングガンダムをSEEDの世界に登場させたのがウィンダムさ。となれば、変形するのは当然だろう?」
ステラ「うん…。」
oyz「さあ、ステラ。我々も行こうか、慎ましくいこう。」
ステラ「うん…わかった…。」
oyz「この闘い、終わらせて帰ろう、ステラ。」

−アーモリーワン プラント宙域−
oyz「しかし早いもんだ。アビスを投稿して1ヶ月とちょっとか…。もう投稿したのが随分前に感じるよ。」
ステラ「うん…。そうだね…。」
oyz「よくここまで漕ぎ着けたもんだ。まあここまで出来るのは今回のSEEDコンだけだろうが…。ふむ…。そろそろか。ヤツはこの辺りにいるはずだがな…。」
ステラ「ネオ、それ…?」
oyz「ああ、コレは広周域探索レドームだ。ウィンダムのオプション装備で、主に偵察で使用する。どうやら見つけたようだぞ。あの辺だな。」
ステラ「….ネオ…。あれ…。」
シン「何処だあ!!ステラっ!何処にいるんだぁーーーっ!!」
ステラ「ネオ….あの人….怖い…。」
oyz「大丈夫だ。怖いものは全部やっつけなくちゃな…ステラ。」
ステラ「うん…。やっつけなきゃ…怖いものは…全部!」

シン「ステラ!そこに居たのか!」
ステラ「イヤ…!」
シン「ステラ?僕だよ、シンだ!僕の事が解らないのか!?」
oyz「もうやめるんだ…、シン。」
シン「なんだよ!アンタ!」
oyz「私はステラの上官にあたるoyz…。いや、今はネオと名乗っておこう。シン、もうやめるんだ。」
シン「隊長機!?こいつを落とせば····!」
oyz「話し合いをするつもりは無い様だな。いいだろう。相手になろう。」
ステラ「ネオ…!…守る…!」
oyz「ステラ、大丈夫だ。そこで見ているんだ。」
ステラ「…わかった…。」

oyz「さあ、どうした?私を落とすんじゃなかったのか?」
シン「なんなんだよ、アンタは!!」
oyz「あんまりいい気になるなよ?ザフトのエースくん!」
シン「コイツ…..!!….強い…!なんて火力とパワーだよ、こいつは!」

シン「俺はステラを守る!そう約束したんだ!!」
oyz「そうか、ステラを守るか…。だが、今のステラを見るんだ。ステラは君の事を怖がっているんだぞ…。」
シン「そんな事あるか!」
oyz「君はどうやら、頭に血がのぼると周りが見えなくなる性格の様だね。ならば気付いていないだろう。今、SEED Destinyの主役はすでに君では無いのだよ。」
シン「アンタ、何を言ってるんだよ!」
oyz「やはり気付いていないか。自分の周りを見てみるがいい。君には何が残っているんだ?」
シン「クソォ!なんでこんな奴に!」
oyz「今の君は孤独じゃないか。どうしてそれに気付かない!ステラを守るっていうのは、君の勝手な思い込みだって、何故気付かない!!」
シン「……!そんな…..!!」
oyz「世界を救うっていう思いは何処に消えたんだね?自分勝手に行動したって、誰もついて来はしないさ!!」
シン「そんな綺麗事を…いつまでも――ッ!」

シン「ちっきしょう!アンタは俺が討つんだ!今日!ここでェ!」
oyz「そんな感情任せの攻撃は効きはせんよ!」
シン「クソっ!大した腕も無いくせに!!」

oyz「…..。
それはガンプラの腕の事か?」

シン「….え?」

oyz「それはガンプラの製作技術の腕の事かって!!聞いてるんだあーーーー!!」
シン「いきなりぶち切れたあ!!!」

ハイネ「オイ待てよ!シンはやらせないぜ!」
oyz「何い!?」

シン「まさか…!!ニシ○ワさん!!爆散してたけど、無事だったのか!?」
ハイネ「オレは、伊達にマーヴェラス(?)じゃないんだぜ!ここは俺に任せな!!

ハイネ「シンはステラって娘を…。ん?そういえば、SEED Destiny放映時に何歳だったんだ、その娘。」
シン「え?16歳かな。」

ハイネ「えーと、SEED Destiny放映が2004年だったから、15年も前か。じゃあその娘も30超えたって訳か。じゃあ娘じゃなくて、ステラおばさんって呼んじゃったりするか? ハハハッ。」

oyz「あ…!それは…!!」

ステラ「…..ラおばさん…じゃねえよ….。」

ハイネ「….え?」

ステラ「ステラおばさんじゃねーーーーよっ!!」
ハイネ「なっ、何ぃ!?いやちょ!!?うぉわぁーーーーーっ!!」
シン「ああ!またっ!!マーヴェラス☆ニ○カワさーーーん!!マジで鉄板すぎるーーーっ!!」

シン「ステラ!落ち着け!!ステラ待てって!!」
ステラ「…ケル・ムーアじゃねえよ…。」
シン「え?いやちょっと..!」
ステラ「マイケル・ムーアじゃねえーーーよっ!!」
シン「誰も言ってないって!!うわあああッ!止めるんだ、ステラーーーっ!!」

oyz「おいおい!それブロックワードだったんだよ!言っちゃダメなヤツ。なんで言うんだよ….。」
ステラ「….レックじゃねえよ…。」
oyz「え?ステラ??ちょっと落ち着こう、ね?話せばわかるって。…こいつはちょっと…シャレにならんぜ!」
ステラ「シュレックじゃねえーーーよっ!!!」
oyz「何っ?ばっ…馬鹿な…!?ぐあぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」

ステラ「…..ザン・ボイルじゃねえよ….。スーザン・ボイルじゃねえよ….!」

oyz「うう、前半のシリアスな話はなんだったんだ….。みんな….女性にはブロックワード言っちゃダメだよ…。モデラーの皆さん、管理人さん、SEEDコンお疲れ様でした……。ガクッ」

  • サイトの埋め込み

SEEDコン第10弾!ギリギリロールアウト!!間に合った!!今度は可変するウィンダムです。宜しくお願いしますっ!!

コメント22件

  1. くろいの 1年前
    • oyz (オイズ) 可変開発室長 1年前
  2. ケイR2 1年前
    • oyz (オイズ) 可変開発室長 1年前
  3. @PVTjXN075zETlqb 1年前
  4. じゅーきち 1年前
    • oyz (オイズ) 可変開発室長 1年前
  5. @kazz_ho 1年前
    • oyz (オイズ) 可変開発室長 1年前
  6. KOU 1年前
    • oyz (オイズ) 可変開発室長 1年前
  7. まるいるか@Maru_Iruka 1年前
    • oyz (オイズ) 可変開発室長 1年前
  8. ジム・コマンド乗りのくぼさん少佐 1年前
  9. KTA 1年前
    • oyz (オイズ) 可変開発室長 1年前
  10. Wez@Caitsith 1年前
    • oyz (オイズ) 可変開発室長 1年前
  11. 火星大王参號 1年前
    • oyz (オイズ) 可変開発室長 1年前

フォース“GUNSTARDOM”可変開発室 室長。 可変機が大好き!作品毎にストーリーを書きます。最近小説みたいになってガンプラの写真が挿絵の様に...。(;´∞`)ヤバい。 『コンテスト結果』 ・SDコン「可変SDゼータ」本戦15位、 ・SEEDコン「フォビドゥン」本戦18位、 ・連vsジ「バウ エアマスター」本戦ジ7位、 ・マスコン「嫁ッガイ」本戦29位、 ・コアコン「インフィニティアーマー」本戦32位 ・鉄血コン「ガンダムセーレス・ペリオル」本戦36位 応援して頂いた皆様、ありがとうございました。 嫁がガンプラアンチで隠れて制作。なので塗装は筆です。(´・ω・`)

oyz (オイズ) 可変開発室長さんがお薦めする作品0件

  • すーぱーるなまりあ

  • すーぱーはまーん様

  • オイズッガイ

魔王軍四魔将 魔影衆頭目『デス』

エピローグ  −ルシファーの物語− 先ず天に神界あり。 神は地上にエデ…

  • 14
  • rating_star75
  • 824

ガンダム バエル−ゼブル

??「失礼するよ、キミ、ここが可変開発室とやらで間違いないかな?」 リ…

  • 14
  • rating_star95
  • 1544

ガンダム セーレス・ペリオル

リュウ「おい、おやっさん! オレの機体はもう仕上がったのかよ!? 改修…

  • 30
  • rating_star119
  • 3808

「旧キット」ヤクト・ドーガ クェス専用機…

宇宙世紀0094年。シャア・アズナブルが新生ネオ・ジオン軍を率い、自ら…

  • 22
  • rating_star71
  • 1233

関連ガンプラ作品

量産機をガンダムにしてみたかった

タイトルの通り、ウィンダムをガンダムにしてみました。 個人的に〇〇専用…

HG1/144「翠の渦巻き」

夏の日に向けて制作した改造キッド

RG デスティニーインパルスガンダム3号…

RG デスティニーインパルスガンダム3号機を作製しました。 RGフォー…

  • 0
  • rating_star34
  • 648

SEEDHG1/144「インフィニットジ…

歌姫に合わせたかの様なカラーリングで戦場を駆け巡る羽目になってしまった…