GUNSTA

ガンプラを投稿しよう。facebook、twitterアカウントでも登録可能!ログイン会員登録

Gストライカー2号機

Gストライカー2号機

形式番号 RGE-X-G-S1701
アデルからクランシェの転機期に登場したGバウンサーの強化発展型というイメージで制作しました。
本機はその2号機です。
Gバウンサー直系の1号機とは打って変わって近接戦闘に特化した仕様となっています。

・正面

Gバウンサーのスタイルを崩さずにヒロイックな機体になることを目標にしました。
肩と武装以外は1号機と同じです。

・背面

腰部の追加ブースターが標準装備となっています。
突撃砲の代わりにソードホルダーが取り付けられ、主兵装の長刀がマウントされています。

・装備品一覧

近接戦闘が主体なのでシンプルにまとめています。
突撃砲2丁
ファイティングバヨネット2振
長刀2振
後はGバウンサーの共通装備のビームサーベルとニードルガンです。

・突撃砲

本機の唯一の携行火器。
近接戦闘が主体なのであくまで牽制用。1号機とは形状が異なります。

・ニードルガン

Gバウンサー系列共通の固定装備(媒体によっては装備していないとの記載も有り)
2号機は武装の性質上、両手が塞がる場合が多いので火器として重宝します。

・157式試製長刀型シグルブレイド

2号機の主兵装。高い切断力を誇るシグルブレイドの流れを組む近接戦闘用武器で、刃部分に限定してシグルブレイド素材を使用することで長身ながら重量を低減しています。
ただし摩耗によってプラズマが剥離すると切断力が低下するという弱点は健在。

近接戦闘が主体ということで主兵装は長刀です。
ビームサーベル以外にエネルギー兵器を使用しないため、スパロー本来のステルスシステム(熱源探知に強いらしい)を使用可能となっています。
そういった意味ではレイザーとは別方向でスパローの発展型という解釈もできそうです。

試製対装甲コンバットナイフ「ファイティングバヨネット」

Gストライカーの共通装備。
肘部に収納された実体ナイフ。

1号機と比較。

パーツはほとんど同じですが肩がGサイフォスをベースにしているのと、カラーリングもあって、ぱっと見の印象が異なります。

側面

腰の追加ブースターと長刀があるので後ろに長めです。
また、2号機には右腕部2連装ビームバルカンが装備されていません。

背面

追加ブースターと長刀があるので腰にボリューム増し。

仮組状態。
上半身はGバウンサー/Gサイフォスのランナー構成に従って塗装したので全体的に単色。
少し物足りなさを感じたので部分的に黒を追加することを決めました。

黒を足した状態。

デカールと艶消しを行った状態。
頭部は30minutesのアルト指揮官用アーマー。
肩部はGサイフォスをベースに指揮官用アーマーの肩、F91のフィン、MSGの角モールドを追加しています。
胸部は指揮官用アーマーを追加。

頭部のセンサー類はクリアパーツの下にシルバーと艶出しクリアーを塗っているので光を拾って光ります。

下半身は股関節部をアルトの物に換装。
スカートアーマーに装甲とビームサーベルを追加。
脚部はF91とアルトでボリュームアップしています。
追加ブースターと長刀、ソードホルダーはアルト用のブースターとMSGの組み合わせで制作。

・カラーリング

最後に配色ですが
下地に1500番のサフ
全体をタミヤのブルーバイオレット
黒部分をクレオスのメタルブラック
白部分をクレオスの艶消しホワイト
最後に艶消しクリアーで仕上げています。
ニードルガンとバーニアはクレオスのシルバーの上から艶出しを行っています。

1号機が白系のカラーリング(しかも小野D)ということで2号機はこのカラーリングしかないと思い、この配色になっています。 一応、元ネタはマブラヴの僕の好きな戦術機の配色です。
元ネタが伝わる人がいたら幸いです。

最後まで閲覧ありがとうございました。

Gバウンサー×30minutes。 Gバウンサーの強化発展型をイメージして制作しました。

コメント2件

  1. オリジンレノン 1週間前
    • @murakumoP03L 6日前