GUNSTA

HG 1/144 ジムIII (マグノリア・マウンテン隊仕様)
  • 976
  • 0

HG 1/144 ジムIII (マグノリア・マウンテン隊仕様)

HGの1/144、ジムⅢビームマスターに簡単な塗装とスジボリを加え、オリジナルの部隊機を作成。
部隊名のマグノリアは花の名前であり、かつて南北戦争の舞台となった山間地方の名称から、そこを駐屯地とする隊を「マグノリア・マウンテン隊」と付けてみました。

【フロント全体】
素のカラーリングは、ビルドダイバーズのジム3ビームマスターですので、鮮やかなオレンジだったんですが、全て「ガンダムホワイト」に変更。胴体や爪先なども「ファントムグレー」に。
スジボリは適当にそれっぽく入れてみました。

【装備携行】
商品に同梱されていた武装はほとんど剥ぎ取りましたw
シールドとビームサーベルのみという白兵特化仕様。ビームライフルも作成しましたが、撮影はしていないので‥‥

【上半身】
ところどころには銀チョロと、タミヤのウェザリングマスターで汚しています。白と黒は、チッピングの効果が分かり易いですけれど、加減が難しいです。

【バストアップ】
臨戦態勢。最近のHGは可動域が本当に優秀で、どんなプラモデルでも「それっぽい格好」が付けられます。
某家電屋で投げ売りされていたところを買ったんですが、やはり連邦の主力MSがベースなだけあって、カッコいい。

【頭部】
全体と色調を合わせているのですが、実はバイザーは「黒鉄色」です。決してカラーリングを失敗したわけではなく「一度敵機に破壊された頭部を別素材で応急措置した」という設定ですw

【バックパック】
こちらは対して何もしていません。後悔しているのは、ブースターの中を塗装すれば良かったかなぁ、というくらいでしょうか。あと、アンテナの色はちょっと迷いましたが、ボディと同じホワイトで統一しました。

【腰+局部】
腰回りとふくらはぎ、膝周辺。
ここいらは、地味にスジボリを頑張りました。見えそうであまり見えない場所がこの部分(ふともも)なのですが、その分、チラ見えでスジボリの効果はボディブロー的にジワジワ効いてくるのを狙っていますw

【シールド】
これは激しく失敗しました。ウェザリングがうまく乗らず、何とも濁った感じに。とても後悔しています‥‥原因は墨入れの後の乾燥不足。ちゃんと水分がなくなったのを確認して、ウェザリングマスターを散らせるべきでした。

  • サイトの埋め込み
  • 報告する

初めてのオリジナルカラー機。

コメント0件

三十路を過ぎて、ガンプラ始めました。 子供の頃にBB戦士でガンダムを知ったくちですが、およそ20年の時を経てガンプラに目覚めました。 HGを中心にマイペースで進めたいです^ ^

鉄血のオルフェンズ作品投稿コンテスト

1/100 シュヴァルべグレイズ(マクギ…

鉄血のオルフェンズから、青いカラーが印象的な「シュヴァルべグレイズ(マ…

SDEXスタンダード 004 ウィングガ…

最近はクロスシルエットに押されまくっているEXSDスタンダードから、ウ…

HG MECHANICS 1/550 ヴ…

短命で終わってしまったHG MECHANICSシリーズの「ヴァル・ヴァ…

MG 1/100 コアファイター (マグ…

MGのコアファイターを作成しました。元キットは一番くじのガンプラF賞の…

関連ガンプラ作品

ガンダム・アヤメエクシア・リペア

事故で身体の殆どを欠損したが、通りすがりのメタル刹那・F・セイエイによ…

ガンダムG-エルス

いくつかG-セルフの余剰パーツを使用してシンプルなG-エルスを作成しま…

G-ハーミット・ナイトシーカー

三作目になります!! 今回もコアガンダム×ウーンドウォートで、前作ヴェ…

鉄血のオルフェンズ作品投稿コンテスト

ガンダム・キマリスヴィダール

未改造の塗装のみです。 フルシティ同様コイツもお気に入りなので塗装にち…