M1戦車発展型

M1戦車発展型

2000円企画、なんとか間に合いました!
前回投稿したドワッジからおよそ1ヶ月ぶりの投稿は、マゼラアタックの原型となった知る人ぞ知る、どころか、そもそも知っている人がガンスタ利用者の方の中にいるのかわからないようなドマイナー車輌「M1戦車発展型」です。
実は今回の作品、かなり長い時間手を付けずに放置してしまっていたキットの1つなのです。
そもそもネットで「M1戦車発展型」という車輌の存在を知り、作ってみたいと思い立ってマゼラアタックを購入したのは、2010年頃の話なので・・・。
しかし、なかなか改造のアイディアが浮かばなかったり、モチベーションが上がらなかったため、前回投稿したドワッジ同様、ずっと部屋の隅でほこりをかぶっていました。
今回「2000円企画」という、このキットの晴れ舞台にピッタリな企画を知り、なんとか間に合うようにと製作を進めて10年積んできたキットを成仏させてやることができました(ガンスタさん、素敵な企画をありがとうございます!)。
砲塔部分はほぼスクラッチのような有様ですが、おおよそイメージ通りの形に仕上がってくれたかなと思います。
マニアックな機体(そもそも「機体」か?)ですが、どうか最後までご覧になっていってください。

製作料紹介です。 ・1/144マゼラアタック(旧キット)・・・¥400 ・プラ板3枚セット・・・・・・・・・・・¥420 ・8mmプラパイプ・・・・・・・・・・・¥400 ・タミヤパテ・・・・・・・・・・・・・・¥250 ・カスタマーズキャンペーンのミサイル・・¥200 ・はしごに使った「あるモノ」・・・・・・¥90                 計・・・¥1,760(税抜) 今初めて計算しましたが、意外と掛かっていますね・・・。
今回、塗装の際に初めて「スポンジチッピング」というものを試してみました。 今回の設定としては「一年戦争初期にマゼラアタックやザクの数が足りず地上に降ろされた、当時からすでに型落ち気味になっていたM1戦車発展型を、アフリカ戦線の部隊が砂漠用に塗装し直してずっと使用していた。長年の使用でデザートカラーの塗装がはげ、下から本来の色であったオリーブグリーンが所々顔をのぞかせている」というようなイメージで仕上げてみました。 そのため砂色の上からチッピングに使用した色も、よくあるグレーや黒鉄色のような色ではなく、オリーブドラブを使用しています。 初めてにしてはうまく出来たのではないかと、個人的には大満足です(笑)。
両側面からの画像です。 左側面(上画像)には、元にした画像にも見られる搭乗用と思しきはしごを、右側面には、こちらも元画像で確認できるスモークディスチャージャーを取り付けてあります。ちなみにこちらのスモークディスチャージャーは、プラ板とランナーによるスクラッチです。 また、左側面には部隊番号(15)、右側面にはジオンマークのデカールを貼り付け、さらにその上からスポンジチッピングによる「塗装はげ」を表現してみました。 それから、砲身の白いラインはマスキングによる手書きです。マゼラアタックの旧キットの箱絵を真似してみたのですが、このライン、一体何のために描いてあるんでしょう(撃墜マーク?)・・・? ちなみに、今回はあえてデカール類は少なめにして仕上げました。モビルスーツや航空機ならともかく、戦車ってあまり注意書きがしてあるイメージがなかったので・・・。
今回の製作にあたって、最初の頃に書いた設計図もどきです。 なんとか2000円以内に収めるため、砲塔部分はほとんどプラ板によるスクラッチとなってしまいました・・・。
砲塔部分です。ご覧の通り、ほぼほぼプラ板による箱組みです。 砲塔の旋回機構には、カスタマーズキャンペーンのジョイントパーツを使いました。
塗装前の状態です。 後ろのタンクはプラパイプ、砲塔上面の排気口と思しきダクトはカスタマーズキャンペーンのパーツ、ペリスコープらしき部分はプラ板で製作、ハッチはプラ板とマゼラトップの後部ノズルの基部を使用しました。 ちなみに主砲はマゼラアタックのものを改造して移植してあるので、ある程度上下に動きます。 それでは、突然ですがここで問題です。 先ほど材料の説明の所でも述べました「はしごに使ったあるモノ」とは、一体なんでしょう? 正解は次の画像で!
正解はこちら! 「ホッチキスの針」でした~!! ホッチキスを使ってコの字型のまま針を打ち出し、ラジオペンチで曲げてはしごにしました。 細くて繊細な工作が出来る上、かなり丈夫で値段も安いという、この手の工作にはうってつけの材料です!
主砲です。 マゼラアタックのものよりいくらか短いので、3ヶ所ほどで切断し、再接着しました。 また、砲塔に取り付けるために砲身基部も幅詰めを行ってあります。
旋回機銃です。 マゼラアタックだと三連装になっていますが、ご先祖にあたるこの車輌は1本のみ(砲塔のものも合わせれば2本ですが・・・)です。 しかし、数が少ないことを逆手にとって、旋回できるようプラ板の積層でターレットを作ってみました。 ちなみに、車体横の白い物体は製作途中の砲塔です。
搭乗ハッチです。 先ほども述べましたが、ハッチ本体はプラ板を加工したもの、ハッチ周りのリング(?)は、マゼラトップの後部エンジンのパーツをくり抜いて加工したものを使用しています。
リアビューです。 いつもだったら2,3枚目くらいに載せるのですが、すっかり忘れていました・・・。 よ~く見ると、後部タンクの左側に1枚だけコーションデカールが貼ってあります。
元ネタ画像です。 マゼラアタックに比べればはるかに現実的なデザインだったのですっかり失念していましたが、よく考えたらなんつー大きさの戦車だこれは・・・。 それからこの画像以外ですと、10年以上前にガンダムエースで夏元雅人さんが連載していたマンガ「GUNDAM LEGACY」のコミックス1巻にもチョイ役(?)で登場しています(その「チョイ役」というのも、反乱軍によって使用され、ガデム大尉の駆る旧ザクにヒートホークで真っ二つにたたき切られて1ページで退場という哀しいモノでしたが・・・)。
20年近く前、中学1年の時に作ったマゼラアタックとの比較です。 こうして並べてみると、やはり全然違いますね。 というか、旧式のはずのM1戦車発展型の方が現実の戦車に近い分、強そうにすら見えてきてしまいます(笑)。
最後までご覧いただきありがとうございました。 久々に戦車模型を作ったのですが、モビルスーツを製作するときとはかなり勝手が違い、戸惑うことも多かったです。しかしその分、普段とはまた違った新鮮な気持ちで楽しく作れました。 よろしければ、本作品をご覧になっての感想などいただけますと幸いです。
  • サイトの埋め込み
M1戦車と検索すると、アメリカ軍のエイブラムスのことしかヒットしません。悲しい・・・。

コメント12件

  1. Betty一式 8か月前
    • Zoo 8か月前
  2. 木村森尾 12か月前
    • Zoo 12か月前
  3. LーM 12か月前
    • Zoo 12か月前
  4. GORO55 12か月前
    • Zoo 12か月前
      • GORO55 11か月前
        • Zoo 11か月前
  5. 蒼き鷹 12か月前
    • Zoo 12か月前

昨年、スマホのネットアプリ(?)のオススメで発見して登録しました。 地味な作品が多いかもしれませんが、暇を見て投稿していきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

ジム・スナイパーⅡ

 高校生の頃、どうしても欲しかった「ジム・スナイパーⅡ」を自作したモノ…

ルッグン

 今回は記念すべき(?)「ガンスタ投稿40作目」の作品なので、何か特別…

プロトタイプ・ドム

なんとか今年もドムの日に間に合いました! 今年は1/144旧キットの「…

ザク強行偵察型

高校生、大学生の頃に製作した、1/144 のMSVキットです。 現在、…

関連ガンプラ作品

オラザク選手権参加!グフカスタム

オラザク選手権にHGグフカスタムでエントリーしました。 予想通りその他…

  • 0
  • rating_star9
  • 96

ザクマリナー特務仕様

今回は本体を全く改造せず(初!)代わりに?専用のサポートメカをジャンク…

  • 2
  • rating_star27
  • 128

HGUC ジュアッグ

HGUCジュアッグを旧キットの箱絵の配色で塗装してみました。 今年の夏…

1/144 高速機動型ザク

第23回オラザク選手権に挑戦した作品です。 好きな機体ですが、長年リメ…

  • 4
  • rating_star97
  • 624