GUNSTA

ガンプラを投稿しよう。facebook、twitterアカウントでも登録可能!ログイン会員登録

迫撃!トリプル・ドム

迫撃!トリプル・ドム

なんとか今日中(10月6日=ドムの日)に完成しました!
・・・いや、決してタイトル詐欺じゃないですよ?だってちゃんとドムが3機いるし、黒い三連星なんて一言も言っていないし・・・。

はい。冗談はこの辺にして、以前投稿した「R・ジャジャ(袖付き)」に続き、「やるやる詐欺」撲滅キャンペーン第2弾です。
メインで使用したキットは、昨年末に東京は秋葉原で購入した「HGUC 黒い三連星 トリプルドムセット」です。しかしながら、今回製作した3機の中に普通のドムは1機もいません(そんなん見りゃわかるって・・・)。
右から順に「リックドム」「熱帯戦用ドム量産型」そして「ドワッジ」です。
それでは、順番に1機ずつ紹介していきたいと思います。

1機目、リックドムです。
今回、一番改修が必要なかった機体です。
しかしその分、塗装はそれなりにこだわってみたつもりです。
アニメに登場するリックドムは、地上用のドムと全く同じ紫色がメインカラーとなっているのですが、MGの見本の完成写真や一部ゲーム作品などでは、やや青みがかった配色になっています。これが抜群にカッコ良く、いつか再現してみたいと思っていたカラーリングなので、今回はそれに挑戦してみました。
また、個人的にビーム・バズーカを装備したリックドムが好きなので、各種必要なパーツと一緒に、数年前に陸戦用のドムとして作った「HGUC ドム/リックドム(3機セット売りじゃない普通のHGUCのドム)」から取ってきました。

リアビューです。
バックパック(と呼んでいいのか分かりませんが、背部のスラスター周辺です)、リアスカート、この画像では分かりませんが足の裏を、HGUCリックドムから移植しています。
逆に言えば、改修点はたったこれだけです(笑)。

2機目、熱帯戦用ドム量産型です。
おそらく、今回の3機のドム達の中でもぶっちぎりでマイナーな機体だと思います。
一応、公式設定らしきモノもちゃんとあり、それによると「YMS-09D(ドム・トロピカルテストタイプ)用に作られた近距離用通信アンテナや頭部放熱パイプ、バックパックといった熱帯戦用オプションは、若干の改造で従来のドムに装備することが可能であったため、キャリフォルニアベースで一部へ向けて生産が行われている」とのことです。
また、自分も去年たまたま画像を見つけたのですが、昔のカードダスでSDのイラストも描かれています。というか、その画像を見て衝撃を受け「なんとかSDじゃないリアル体型でこれを再現してみたいっ!!」という欲求に駆られたのが、そもそもの始まりでした(笑)。

リアビューです。
バックパック、動力パイプ、そしてアンテナは、全て「MSV 1/144 局地戦闘型ドム」から取ってきました。おかげでバックパックもアンテナもない局地戦闘型ドムが1機、丸々余ってしまいました・・・。そのうちプロトタイプ・ドムにでも改修しようかな・・・?

3機目、ドワッジです。
旧キットのドワッジとのミキシングですが、これが一番大変でした・・・。
ちなみに塗装は、最近よく見るユニコーン版ではなくZZ版、というより、プレバンで発売された「MGドワッジ」をかなり意識してみました。
砂色の部分も「熱帯戦用ドム量産型」とは違いを出したかったので、そちらの塗装に使った色(ライトブラウン)にニュートラルグレーを混ぜ、一段淡い色にしてみました。
また熱帯用ジャイアント・バズは、旧キット・ドワッジのサーマルスリーブをHGUCのジャイアント・バズと合体させ、フォアグリップをHGUCの方から、銃口脇のスモーク・ディスチャージャーを旧キットの方から移植してあります。

リアビューです。
背部とふくらはぎのプロペラント・タンクは、個人的には文句なしの出来だったので、取り付けに必要な加工以外は行っておりません。
後方用カメラは銀色で下塗りをした後、マッキーのピンクで塗ってあります。実はこの方法、モノアイやバズーカのレンズなどにも使っているのですが、お手軽ながらメチャクチャ見栄えが良くなるので、結構オススメです。

武器を装備して、再び全機集合です。
ちなみに、熱帯戦用ドム量産型(ええい!長ったらしくていい加減打つのが面倒になってきたぞ、この名前!!)のみ、かなり派手目にウェザリングが施してあります。これは、ウェザリングが似合う機体揃いのMSVの派生機であること、激戦区で有名なアフリカ戦線で戦っていた機体であることなどが理由です。
また、リックドムに関しては「ア・バオア・クーで新兵が乗っていた」という脳内設定があり(製作が終了したら、彼女(その新兵)が所属していた部隊も投稿したいと思います)新品同様に、ドワッジは、当初はウェザリングを施す予定でしたが、製作が終了した機体を見ていると汚すのがもったいなくなってきてしまい、今回はあっさり仕上げとしました。

それにしても改めてこうして並べてみると、3機とも塗装以外は大きな差異はないような気もします(まぁもともと皆同じキットなので当たり前ですが)。しかし、ひとたび後ろを見せると・・・。

皆こんなに個性的wwww
君たち、背中で語るタイプなのね・・・。

3機を同時進行したり順番にいじったりしていた頃の写真です。カオス・・・。
この段階では、ドワッジはどういじれば良いのかアイディアが浮かばず、途方に暮れてほとんど放置状態でした。
リックドムと熱帯戦用ドム量産型は、そこそこ形になっていたのですが・・・。

武装一式です。
以前製作したドムのジャイアント・バズもリペイントしたので、熱帯用バズと合わせて、計4丁のバズーカがあります(笑)。
旧キットのドワッジに付属していたヒート・サーベルも塗装してみたのですが、こちらは太すぎて、HGUCのサーベルラックには収納できませんでした・・・。
さらに、今回使用した「トリプルドムセット」にはバズーカの弾頭と煙のエフェクトパーツまで付属する豪華仕様なので、そちらも一緒に並べてみました。

オマケのアクションシーンです。
「ガイア!オルテガ!マッシュ!モビルスーツにジェットストリームアタックをかけるぞ!!」
「いや、お前誰やねん!!」
・・・はい、茶番を失礼しました。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。
今回製作した3機ですが、製作工程など、まだまだお見せしたい画像や語りたいエピソードがたくさんあるので、今後時間を見ながら1機ずつ、個別に投稿していきたいと思います。そちらの方も是非ご覧になってください。
ただ、ドワッジはちょっと追加武装を作りたいので、投稿が他より遅くなるかと思います。どうかご了承ください。
最後になりますが、ご覧になっての感想などいただけますと幸いです。

この作品に黒い三連星は登場しません。ご了承ください。

コメント10件

  1. なにとぞ 1週間前
    • Zoo 1週間前
  2. @Ss360Take 2週間前
    • Zoo 1週間前
  3. LーM 2週間前
    • Zoo 1週間前
  4. 井野清志 2週間前
    • Zoo 1週間前
  5. GORO55 2週間前
    • Zoo 1週間前