ガザD

ガザD

ようやく完成しました。「ガザDツインセット」です。
「なんとか5月中には新作を投稿できそうです」とか言っていたのに、結局ギリギリになってしまいました・・・。
ただ、時間をかけた分、やりたかったことはほとんど詰め込むことができたと思います。
どうか最後までご覧になっていってください。

モビルスーツ形態での正面素立ち&リアビューです。 今回の作品は2つのコンセプトの元に製作しました。 まず最初のコンセプトは「毒々しいまでにビビッドなカラーリング」です。 そのため、いつもの自分の地味な作品にはまず使わないような鮮やかな塗料を使用しました。 基本塗装はインディブルー、ピンクの下地に、ワインレッドとピンクを蛍光ピンクの空きビンで混ぜたショッキングピンク、動力パイプのディトナグリーン、ナックルバスターはすみれ色です。 また、モノアイと右胸のセンサーは裏からカッターとタガネでスジボリを入れたHアイズを張り付けてあります。
モビルアーマー形態での正面&サイドビューです。 今回の製作コンセプト、2つ目は「可動範囲の拡大と、それにともなう変形機構の完全再現」です。 まずはご覧の通り、ミサイル発射状態を再現できるようになっています。 また、膝の関節を改修することで自然な変形状態を再現できるようにしました。 さらに、モビルアーマー形態での機首(?)にもモノアイを搭載してあります。
モビルアーマー形態の上面です。 機首のモノアイはHアイズのランナーと余ったプラ材で作りました。 また、2連装ビーム砲も開口してあります。 そうそう、スタンドには、以前購入した「HGUCトリプル・ドムセット」に付属するモノを流用しました。 股下の三連バーニアの真ん中に穴をあけ、裏にポリキャップを仕込んであります。
脚部メガ粒子砲です。 キットそのままのデザインだとバーニアなのか砲口なのか分からない形だったため、プラ棒を加工し内側に銃口をスクラッチしました。 さらに、画像だと少々分かりづらいですが、バインダー脇のミサイルランチャーも再現してあります(とは言っても、ピンバイスで穴をあけて裏から色を塗ったプラ板を張り付けただけですが・・・)。
仮組みです。 このままでも悪くはないプロポーションなのですが、頭がつぶれたようなデザインになってしまっているところだけは気に入らなかったので、延長しています。
頭部の加工です。 モノアイ部分をくり抜き、縦に1、2mm延長してあります。 モノアイ部分はプラ板を箱組みして作りました。 頭部は胴体に仕込んだポリキャップとプラ棒で接続してあるので、多少左右に動かすことができます。
膝関節です。 もともとは太ももと膝関節が一体化したパーツだったので、関節部分を切り取り、新しく関節を作りました。 これによって膝が二重関節化し、可動範囲を拡大させることができました。 関節は太ももの中に仕込んだポリキャップに差し込んで固定するようにしたので、膝を曲げるときには膝関節を下に引き出して動かすようにします。 この「関節そのものを動かして可動範囲を確保する」という部分は、我ながらナイスアイディアだと思います(余談ですが、自分はこれを「スライド関節」と勝手に呼んでいます笑)。
膝の二重関節化です。 ご覧の通り、2か所で動かすことで可動範囲の拡大に成功しました。 しかもこの関節、思わぬ副産物をもたらしてくれました。 それがこちら・・・
なんと膝が逆に曲がるようになったのです! これによってモビルアーマー形態に変形させた際、足のクローとメガ粒子砲が機首と同じ方向へ向けられるようになりました(キットをそのまま組み立てると「体育の柔軟体操」みたいな不格好なポーズになってしまいます・・・)。
肩部バインダーです。 もともとは上下張り合わせのいわゆる「モナカ構造」だったのですが、ミサイルランチャーの部分を切り取り、ポリキャップとL字型のプラ棒(ランナーから切り取ってきました)で膝関節と同じ「スライド関節」を組み込みました。 ミサイル本体はレゴブロックをカッターノコで切り取って作りました。 塗料を買うため近所の家電量販店のおもちゃコーナーに立ち寄った際、たまたまレゴを見つけ「これだ!」と思って購入しました。 さらに、バインダー脇のビームサーベルは取り外しできるよう、裏からポリキャップのランナータグを張り付け(画像のマスキングテープの部分です)、ピンバイスで開口しました。
足裏です。 先ほど説明した脚部メガ粒子砲をピンバイスで穴を開けたプラ棒で再現しました。 また、つま先の肉抜き穴もプラ板とパテで塞いであります。
足首関節です。 キットに付属していたポリキャップは普通の差し込み式のものだったので、ボールジョイントに変更しました。 足首側のボールジョイント(♂)はパテを盛って製作しました。
手首です。 キットには昔のモノとは思えないほど出来の良い握り手と平手が付属するのですが、真ん中に大きな肉抜き穴が開いていたので、プラ板とパテで埋めてあります。
ネオ・ジオンMS小隊です。 実はもともと今回のガザDは、以前製作したこの「R・ジャジャ(袖付き)」と小隊を組んでいる僚機、という設定で作り始めました。 ちなみにR・ジャジャが隊長機です。 そういえば説明が遅れましたが、ビームサーベルはキットのパーツを刃の付け根でカットし、ピンバイスで穴をあけてHGUCのサーベル刃を取り付けられるようにしてあります。 設定や説明書の指示ではスカイブルーですが、全体の色のバランスや個人的な好みを考慮して黄色のサーベルを取り付けてあります。
最後までご覧いただき、ありがとうございました。 かなり時間と手間がかかってしまいましたが、これでまたひとつ積みプラを成仏させてやることができました。 最後になりますが、本作品をご覧になっての感想などいただけますと幸いです。
  • サイトの埋め込み
旧キット、ガザDのツインセットです。 見ていると「あ~!目が~、目がぁ~!!」となりそうなドギツイカラーリングがステキッ!

コメント20件

  1. GORO55 4か月前
    • Zoo 4か月前
  2. LUCIOLE 5か月前
    • Zoo 5か月前
  3. himaganota 6か月前
    • Zoo 6か月前
  4. sora 6か月前
    • Zoo 6か月前
  5. ロートル 6か月前
    • Zoo 6か月前
  6. RH少佐 6か月前
    • Zoo 6か月前
  7. ガザマスク 6か月前
    • Zoo 6か月前
  8. 蒼き鷹 6か月前
    • Zoo 6か月前
  9. pontyan 6か月前
    • Zoo 6か月前
  10. Hotimaru 6か月前
    • Zoo 6か月前

昨年、スマホのネットアプリ(?)のオススメで発見して登録しました。 地味な作品が多いかもしれませんが、暇を見て投稿していきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

ジム・スナイパーⅡ

 高校生の頃、どうしても欲しかった「ジム・スナイパーⅡ」を自作したモノ…

ルッグン

 今回は記念すべき(?)「ガンスタ投稿40作目」の作品なので、何か特別…

プロトタイプ・ドム

なんとか今年もドムの日に間に合いました! 今年は1/144旧キットの「…

ザク強行偵察型

高校生、大学生の頃に製作した、1/144 のMSVキットです。 現在、…

関連ガンプラ作品

スカーレット・ライザー

支援機D(ドラキュラ)ライザーと合体した真の姿、レミリア専用「スカーレ…

スカーレット・ガンダム&D(ドラキュラ)…

ダブルオーライザーを基に制作したレミリア専用機「スカーレット・ガンダム…

[051]RGM-79FP ジム・ストラ…

約2ヶ月振りの作品は、ハーモニ・オブ・ガンダムにて設定されゲームで活躍…

  • 0
  • rating_star11
  • 120

パチロディ

名前の通りワンパチカラーのマンロディです