コメットコアガンダム
  • 2808
  • 3

コメットコアガンダム

PFF-X4C コメットコアガンダム。本機はGBN、ガンプラバトル・ネクサス・オンラインにおける動画配信サービスG-Tubeにおいて人気を誇る配信者であり屈指の有名ダイバーでもあるキャプテン・ジオンが自身のチャンネル内においてPFF-X4 コアガンダムというガンプラをリスペクトして紹介したことに影響を受けたダイバーである少女が自身もまたコアガンダムの造形に魅力を感じ、リスペクトを込めて制作したガンプラである。

原型機であるコアガンダムは、支援装備である各種アーマー(それぞれ惑星の名前を冠している)とドッキングすることで体躯が伸張され、パワーが上がるという特性を有していたが、キャプテン・ジオンがチャンネル内でも評した通り、コアガンダムは合体前の前座でなく、コアガンダム形態としての強みが確固として存在している……という事実に着目したかどうかは不明であるが、「なんだか愛らしい」その独特な体躯を伸張するのは「可愛らしくない」というよくわからない信念の元、本機のダイバーは原型機のプラネッツシステムを取り入れつつも従来の18m級MSのような体躯にするのではなく、SD体型との中間的なバランスを取り入れたフォルムを採用している。

そのため惑星ではなく星屑という意味を込めてコメットの名前が冠された……かどうかは不明である。なにせ原型機であるコアガンダム、ひいてはアースリィガンダムを駆るダイバーの活動経歴には謎が多く、語感優先で取り入れられた可能性も大いに高いためである……という設定。

コアコン参加作です。あまりコアガンダムの頭身を伸ばさずドッキングさせることをコンセプトに作りました。

正面。小柄な機体であるがそれでもフル装備状態であり、小柄故のすばしっこさやトリッキーな立ち回りを得意とする。一応コアガンダム状態と比較してエネルギーゲインは拡張されているものの、アースリィのそれと比べた場合総量は劣ったものとなっている。
背面。原型機と比較して、ビームサーベル一基の代わりに右側にマウントされた大型剣が目を惹くが、それ以外の部分についても放射状に広がるシルエットを意識した構成になっており、どこか女性的な雰囲気を醸し出している。
コアスプレーガン。原型機から引き継がれた装備であり、威力はそこまで高くないものの、近距離での取り回しと連射力に優れた兵装である。主立った用途としては中距離での牽制が挙げられる。目立った射撃兵装は固定装備である頭部バルカンを除けばこれしかないが、これには後述する理由が絡んでいる。
ビームトーチ。背面に一基装備されたエネルギー式の格闘兵装だが、本機はエネルギーゲインが18m級MSと比較すると低く、その節約のため、普段は刀身を短くしての運用が基本となっている。
ビームサーベル。エネルギー節約のためあまり使われることはないが、ビームトーチの刀身を伸張する機能としては一応備えられている。
大型実体剣「ビルドボルグ」。本機の主兵装にして必殺武器に位置付けられるものであり、徹底した軽量化が施されたことで小柄な体躯らしからぬ大胆なモーションで振り回すことが可能となっており、その切断力には目を見張るものがある。また、実体剣が本機に採用されたのはエネルギー節約に適しているからであり、本機のダイバーはもっぱら戦場に飛び込んで機動力で撹乱、この武器を振り回して戦っている。
システム「フェアリィ・テイル」。本機の奥の手とも呼ぶべき特殊機構であり、出力をブーストさせて過剰なエネルギーを放出することで光の羽のようなエフェクトを腰部スラスターから展開し、機動力を大幅に向上させることができる。
また、エネルギーエフェクトは実体として質量を固定することも可能となっており、その際はGNソードビットやCファンネルのように遠隔操作可能な格闘兵装兼シールドビットとしての機能を有する。本機のエネルギー不足の主原因はこのフェアリィ・テイルシステムの燃費の悪さも一因であり、このような芸当を可能とするのがなんのエネルギー源なのかはよくわかっていないが、おそらくプラフスキー粒子だろうとダイバーは主張している。
前述の通り、コメットアーマーは全て任意でのパージが可能であり、パージ後はコアガンダム(ルージュカラー)になることが可能になるが、コメットアーマーそのものは支援機としての形態は有していないため、本当に緊急避難的な奥の手となっている。
長々と失礼しました。コアガンダムを女性的なシルエットで作ってみようと思い至ったものです。コンセプトは漫画によくいる物騒な大得物を振り回すヒロインと長靴をはいた猫です。
制作途中。コアガンダム本体に対する加工は顔を削りこんだのとアンテナを削り込んで小顔化+目が大きく見えるようにしたのと、サーベルの右側を大型剣のマウントラッチに置き換えただけで他は無加工です。 カラーレシピは白はガイアノーツのウォームホワイト、ピンク部はガイアノーツのコーラルピンクにローズブライトレッドを適量混ぜたもの、レッド部はローズブライトレッド、イエロー部はビビッドオレンジ、関節はメカサフヘヴィにピュアブラックを一瓶混ぜた自作の関節サフです。 最初は長靴を履いた猫のイメージでビームレイピアを持っていましたが実体剣と被るのと格闘武器ばっかりで持て余すのでボツになりました。
  • サイトの埋め込み
コアガンダムの合体機構を活かしつつなるべく小柄にまとめたやつです

コメント3件

  1. 田中 八尋 12か月前
    • 守次 奏 12か月前

VXSカラーに憧れて幾星霜。細々と頑張っていきたいです

守次 奏さんがお薦めする作品0件

  • ディバインダブルオークアンタ

ジム・フラッディング

RGM-79/80[F] ジム殲撃強襲仕様、通称ジム・フラッディング。…

フェアライズガンダム

PFF-X4[RF] フェアライズガンダム。本機はフルダイブ型新世代ガ…

コアガンダム・リミテーションP9

「このガンダムは、きっとただ戦うため、それだけのために作られたものでは…

ストレイフリーダムガンダム・デイブレイク

ZGBN-X20/42S ストレイフリーダムガンダムデイブレイク。本機…

関連ガンプラ作品

ヴァレニエユニット セラヴィーリベイクヴ…

ヴァレニエユニット セラフィムが離脱したセラヴィーを安定して運用するた…

ノーベルガンダムと機関銃

第23回全日本オラザク選手権に参加させて頂きました作品です。 ホビージ…

  • 0
  • rating_star10
  • 48

ギャン重撃仕様

HGUC 197 ギャンにドムトローペンのバックパックとハンドパーツと…

  • 0
  • rating_star16
  • 88

ガンダムニビルX(仮)

第23回オラザク選手権応募作品スクラッチにてコアガンダム用のオリジナル…