• 1528
  • 0

xvm-gβc ガンダムハーデス

ウィゲルをイメージしたガンダムレギルスの砲撃発展型です。

以前投稿したガンダムレギルスCの発展型という設定で制作しました。

・正面以前投稿したガンダムレギルスCの時に少しだけ名前が出てきた後継機です。PSP版 機動戦士ガンダムAGEの青年フリット編に登場するウィゲルをイメージして、レギルスを中心にミキシングしています。火器周りから露出した血管のようなケーブルで「いかにも試作機」という感じを目指してみました。

・正面

以前投稿したガンダムレギルスCの時に少しだけ名前が出てきた後継機です。
PSP版 機動戦士ガンダムAGEの青年フリット編に登場するウィゲルをイメージして、レギルスを中心にミキシングしています。

火器周りから露出した血管のようなケーブルで「いかにも試作機」という感じを目指してみました。

・背面胴体とレギルスコア周りはベース機と同じなのですが、椀部の変更やハイドラガンダムの脚部装甲の追加でシルエットを変えてみました。

・背面

胴体とレギルスコア周りはベース機と同じなのですが、椀部の変更やハイドラガンダムの脚部装甲の追加でシルエットを変えてみました。


機体解説xvm-gβc ガンダムハーデスヴェイガンの第4開発局が開発したガンダムレギルスCの後継機。ガンダムレギルスCで培った火器管制システムのデータを元に19m級MSに積載可能な限界火力を追求した試作機である。基本構造はレギルスタイプを踏襲しているものも、武装面においてジェネレーターを内蔵した肩部ハーデスキャノンや椀部一体型の複合兵装バスターハンド、大幅な強化改修を施したハイレギルスライフル等、高出力火器が惜しみなく搭載されており、非情に野心的な機体となっている。その総合火力はガンダムレギルスの3倍以上に匹敵し、単機で一個艦隊を壊滅可能な機体として完成した。一方で、それらの武装によって機体重量は増加し、各部に推進器を備え付ける形で補っているが、その結果、機体バランスは悪化し、非情に扱いの難しい機体となっている。本機は全3機が生産され、うち2機はヴェイガン残党に譲渡され、残った1機は協和派によって接収された。タブー・アシミレイション終戦後、ヴェイガンの一部の開発局が行ったガンダムレギルスタイプのMS開発計画。プラン・アシミレイションで培った技術を土台にレギルスタイプとしての限界性能追及を目的としたこの計画は、正規の開発計画ではなく戦後の国家情勢から独断で行われたものである。この計画によって連邦政府の水面下での弾圧行為からヴェイガンの尊厳を守るための「抑止力」であるガンダムイクシオン、連邦政府を転覆させるための「暴力」であるガンダムハーデスという相反する二つの力が産み落とされた。

機体解説

xvm-gβc ガンダムハーデス

ヴェイガンの第4開発局が開発したガンダムレギルスCの後継機。

ガンダムレギルスCで培った火器管制システムのデータを元に19m級MSに積載可能な限界火力を追求した試作機である。

基本構造はレギルスタイプを踏襲しているものも、武装面においてジェネレーターを内蔵した肩部ハーデスキャノンや椀部一体型の複合兵装バスターハンド、大幅な強化改修を施したハイレギルスライフル等、高出力火器が惜しみなく搭載されており、非情に野心的な機体となっている。

その総合火力はガンダムレギルスの3倍以上に匹敵し、単機で一個艦隊を壊滅可能な機体として完成した。

一方で、それらの武装によって機体重量は増加し、各部に推進器を備え付ける形で補っているが、その結果、機体バランスは悪化し、非情に扱いの難しい機体となっている。

本機は全3機が生産され、うち2機はヴェイガン残党に譲渡され、残った1機は協和派によって接収された。

タブー・アシミレイション

終戦後、ヴェイガンの一部の開発局が行ったガンダムレギルスタイプのMS開発計画。

プラン・アシミレイションで培った技術を土台にレギルスタイプとしての限界性能追及を目的としたこの計画は、正規の開発計画ではなく戦後の国家情勢から独断で行われたものである。

この計画によって連邦政府の水面下での弾圧行為からヴェイガンの尊厳を守るための「抑止力」であるガンダムイクシオン、連邦政府を転覆させるための「暴力」であるガンダムハーデスという相反する二つの力が産み落とされた。

・バスターハンドガンダムハーデスの主兵装。椀部に内蔵された高出力共振荷電粒子砲。エネルギーケーブルに直結されており、腹部のビームバスターと同等の威力を持つ。出力調整で連射・拡散・照射と撃ち分けが可能。ウィゲルの主兵装であるウィゲルキャノンを参考にした高出力ビーム砲。30mmの肩アーマーの接続パーツと煌ギラーガのビームバスターで制作し、手首に挟み込ませる形で装備しています。

・バスターハンド
ガンダムハーデスの主兵装。椀部に内蔵された高出力共振荷電粒子砲。エネルギーケーブルに直結されており、腹部のビームバスターと同等の威力を持つ。

出力調整で連射・拡散・照射と撃ち分けが可能。

ウィゲルの主兵装であるウィゲルキャノンを参考にした高出力ビーム砲。

30mmの肩アーマーの接続パーツと煌ギラーガのビームバスターで制作し、手首に挟み込ませる形で装備しています。

・ハーデスキャノン肩部に装備された高出力ビーム砲。Xラウンダーの使用を前提にクロノスキャノンを再設計した武装でXトランスミッターと連動した照準システムはそのままに、内蔵されたサブアームによって展開、有線でビットとして放出も可能となっている。ゼダスC系、およびクロノス系の特徴であるキャノン系武装です。ハイドラガンダムのショルダークローにエネルギーケーブルを追加し、バーニアを光波推進器に変更することでヴェイガン風のアレンジを入れてみました。

・ハーデスキャノン

肩部に装備された高出力ビーム砲。Xラウンダーの使用を前提にクロノスキャノンを再設計した武装でXトランスミッターと連動した照準システムはそのままに、内蔵されたサブアームによって展開、有線でビットとして放出も可能となっている。

ゼダスC系、およびクロノス系の特徴であるキャノン系武装です。
ハイドラガンダムのショルダークローにエネルギーケーブルを追加し、バーニアを光波推進器に変更することでヴェイガン風のアレンジを入れてみました。



・ビームサーベルヴェイガン機共通のビームサーベル。この機体は接近戦はあまり想定していないため、申し訳程度の自衛手段です。

・ビームサーベル
ヴェイガン機共通のビームサーベル。この機体は接近戦はあまり想定していないため、申し訳程度の自衛手段です。

・ハイレギルスライフル本機唯一の携行火器。レギルスライフルをベースに大改修を行った出力向上型。スタングルライフルを参考に高出力形態が搭載されており、バレルを展開することでより収束率を高めたビームが発射可能となっている。普段は右肩にマウントされたまま使用される。

・ハイレギルスライフル
本機唯一の携行火器。レギルスライフルをベースに大改修を行った出力向上型。
スタングルライフルを参考に高出力形態が搭載されており、バレルを展開することでより収束率を高めたビームが発射可能となっている。
普段は右肩にマウントされたまま使用される。

椀部のバスターハンドとエネルギーケーブルを直結させることで最大出力での射撃が可能に。アルスアースリィのビームライフルをベースにエネルギーケーブル接続用の3mm穴を開けて制作しています。当初は武装を持たせる予定はなかったのですが、ハイドラガンダムのパーツを多めに使用したことで、ウィゲルモチーフの機体であると同時に、「ヴェイガン版ハイドラガンダム」的な要素もあっていいんじゃないかなと思い、シールドと共に採用しました。

椀部のバスターハンドとエネルギーケーブルを直結させることで最大出力での射撃が可能に。

アルスアースリィのビームライフルをベースにエネルギーケーブル接続用の3mm穴を開けて制作しています。
当初は武装を持たせる予定はなかったのですが、ハイドラガンダムのパーツを多めに使用したことで、ウィゲルモチーフの機体であると同時に、「ヴェイガン版ハイドラガンダム」的な要素もあっていいんじゃないかなと思い、シールドと共に採用しました。

・レギルスシールドガンダムレギルスと同様の装備。ガンダムレギルスRと異なり、本機にはエンベット・ビットシステムが搭載されていないため、従来通り、シールドを用いてビットの放出・制御を行う。

・レギルスシールド
ガンダムレギルスと同様の装備。ガンダムレギルスRと異なり、本機にはエンベット・ビットシステムが搭載されていないため、従来通り、シールドを用いてビットの放出・制御を行う。


・ガンダムレギルスCと比較前型機のガンダムレギルスCと並べるとこんな感じです。色のせいもあって、面影はあまりないです・・。ウィゲルをモチーフにしたのは単に好きという理由もあるのですが、それだけでなく、公式設定でゼダスCから続く砲撃型Xラウンダー専用機として開発系譜はゼダスC➡ウィゲル➡クロノスという風になっていて、ウィゲルはクロノスの試作機という位置づけになっています。で、この機体はガンダムレギルスCの発展機でウィゲルがモチーフ。何となくこの流れで察していただけた方がいるかもしれませんが、この機体にはクロノスに該当する後継機が存在します。そちらの方も制作中ですので、いつかガンスタさんの方で砲撃型Xラウンダー専用機の系譜を並べてみたいものです。

・ガンダムレギルスCと比較
前型機のガンダムレギルスCと並べるとこんな感じです。
色のせいもあって、面影はあまりないです・・。
ウィゲルをモチーフにしたのは単に好きという理由もあるのですが、それだけでなく、公式設定でゼダスCから続く砲撃型Xラウンダー専用機として開発系譜は

ゼダスC➡ウィゲル➡クロノス

という風になっていて、ウィゲルはクロノスの試作機という位置づけになっています。
で、この機体はガンダムレギルスCの発展機でウィゲルがモチーフ。
何となくこの流れで察していただけた方がいるかもしれませんが、この機体にはクロノスに該当する後継機が存在します。
そちらの方も制作中ですので、いつかガンスタさんの方で砲撃型Xラウンダー専用機の系譜を並べてみたいものです。

塗装前の状態最後に配色です本体 黒部分                 :     クレオス 艶消しブラック本体 フレーム            : クレオス メタルブラック本体 光波推進部        :    タミヤ ライトガンメタル本体  赤部分                :      ガンダムマーカー ロイヤルメタレッド本体 ケーブル             :      クレオスGX メタルレッドライフル 銃口             :      ガンダムマーカー ルミナスメタグリーンライフル バレル        :    クレオス GXレッドゴールドX トランスミッター   :      クレオス GXメタルグリーンいかがだったでしょうか?マイナーな機体ではありますが、ウィゲルをモチーフにしたレギルスタイプの機体を作ってみました。長い椀部にエネルギーケーブル、各種武装、ハイドラガンダムの要素など、かなり特徴的なガンダムに出来たんじゃないかなと個人的には思っています。次回はAGEキットか、コアガンダム系か、あるいは何度か名前が出てきたガンダムイクシオンを投稿したいと考えています。よかったらまた遊びに来てくださいね。それでは最後まで閲覧ありがとうございました。

塗装前の状態

最後に配色です

本体 黒部分                 :     クレオス 艶消しブラック
本体 フレーム            : クレオス メタルブラック
本体 光波推進部        :    タミヤ ライトガンメタル
本体  赤部分                :      ガンダムマーカー ロイヤルメタレッド
本体 ケーブル             :      クレオスGX メタルレッド

ライフル 銃口             :      ガンダムマーカー ルミナスメタグリーン
ライフル バレル        :    クレオス GXレッドゴールド
X トランスミッター   :      クレオス GXメタルグリーン

いかがだったでしょうか?
マイナーな機体ではありますが、ウィゲルをモチーフにしたレギルスタイプの機体を作ってみました。
長い椀部にエネルギーケーブル、各種武装、ハイドラガンダムの要素など、かなり特徴的なガンダムに出来たんじゃないかなと個人的には思っています。

次回はAGEキットか、コアガンダム系か、あるいは何度か名前が出てきたガンダムイクシオンを投稿したいと考えています。
よかったらまた遊びに来てくださいね。

それでは最後まで閲覧ありがとうございました。

A.G.166年長きにわたる戦争は終結し、地球連邦・ヴェイガン両政府は太陽系連邦樹立および火星再テラフォーミング計画への動きを進め、再び人類はひとつの種としての道を歩み寄ろうとしていた。着実に平和な時代へと歩みを進める世界だが、その裏では地球連邦政府の水面下での弾圧行為、それに反発するようにヴェイガン残党によるテロ活動が続けられていた。さらに、それらはコロニー圏の独立運動、反連邦主義者、分離主義者らの動きを過激化させることとなった。長きにわたる戦争が残した爪痕、未だ叶わぬ悲願と憎しみの残り香、それが新たな火種を生み出し、再び世界に蔓延しようとしていた。そういった情勢の中、ヴェイガンの第4開発局はプラン・アシミレイションで培ったデータを惜しみなく投入した第二世代型ガンダムレギルス、ガンダムハーデスを開発する。単機で一個艦隊を殲滅可能な戦闘能力を有したこの機体は連邦政府を転覆させる「暴力」としてヴェイガン残党に譲渡された。一方、その力を恐れた第4開発局の設計士セレナス・フェリエは第8開発局に加わり、連邦政府の弾圧行為に対する「抑止力」としてEXA-DBのデータを用いてガンダムイクシオンを開発する。たとえ、EXA-DBを用いる禁忌を犯してでも連邦政府と対等に交渉を進めることでヴェイガンの尊厳を守る・・それが彼女たちヴェイガン協和派の、何より平和を望むすべての火星の民の願いだった。だが、ガンダムイクシオンの完成間近、第8開発局を一機のMSが襲撃する。セレナスが最も恐れた「暴力」ガンダムハーデスの姿であった。その手によってイクシオンは奪われ、抑止力であったはずのその機体もまた暴力として世界に振りかざされることとなる。そして、A.G.168年・・相反する二つの力はヴェイガン残党の旗の元に束ねられ、世界に新たなる戦火を振り撒くこととなる・・

A.G.166年

長きにわたる戦争は終結し、地球連邦・ヴェイガン両政府は太陽系連邦樹立および火星再テラフォーミング計画への動きを進め、再び人類はひとつの種としての道を歩み寄ろうとしていた。

着実に平和な時代へと歩みを進める世界だが、その裏では地球連邦政府の水面下での弾圧行為、それに反発するようにヴェイガン残党によるテロ活動が続けられていた。
さらに、それらはコロニー圏の独立運動、反連邦主義者、分離主義者らの動きを過激化させることとなった。

長きにわたる戦争が残した爪痕、未だ叶わぬ悲願と憎しみの残り香、それが新たな火種を生み出し、再び世界に蔓延しようとしていた。

そういった情勢の中、ヴェイガンの第4開発局はプラン・アシミレイションで培ったデータを惜しみなく投入した第二世代型ガンダムレギルス、ガンダムハーデスを開発する。
単機で一個艦隊を殲滅可能な戦闘能力を有したこの機体は連邦政府を転覆させる「暴力」としてヴェイガン残党に譲渡された

一方、その力を恐れた第4開発局の設計士セレナス・フェリエは第8開発局に加わり、連邦政府の弾圧行為に対する「抑止力」としてEXA-DBのデータを用いてガンダムイクシオンを開発する。
たとえ、EXA-DBを用いる禁忌を犯してでも連邦政府と対等に交渉を進めることでヴェイガンの尊厳を守る・・
それが彼女たちヴェイガン協和派の、何より平和を望むすべての火星の民の願いだった。


だが、ガンダムイクシオンの完成間近、第8開発局を一機のMSが襲撃する。
セレナスが最も恐れた「暴力」ガンダムハーデスの姿であった。
その手によってイクシオンは奪われ、
抑止力であったはずのその機体もまた暴力として世界に振りかざされることとなる。

そして、A.G.168年・・

相反する二つの力はヴェイガン残党の旗の元に束ねられ、世界に新たなる戦火を振り撒くこととなる・・

ゲーム版ガンダムAGEに登場するウィゲルをモチーフにしたガンダムレギルスの砲撃型発展機です。

コメント

7
ガンダムAGE-1ノーマル

ガンダムAGE-1ノーマル

機動戦士ガンダムAGE10周年を祝して作ったガンダムAGE-…

17
AGP-X1/dgc エルドラクロノス

AGP-X1/dgc エルドラ…

エルドラの技術で再現したクロノスです。アルス陣営にデシルがい…

17
アースリィガンダムⅡ

アースリィガンダムⅡ

リライズ二期でアースアーマーも改修されていたら・・という妄想…

17
xvm-gβr ガンダムイクシオン

xvm-gβr ガンダムイクシ…

ガンダムレギルスRの後継機をイメージした機体です。ガンダムレ…