ビルドダイバーズRe:RISEコンテスト
G-エクリプティカ
  • 2664
  • 0

G-エクリプティカ

MBF-PX03 G-エクリプティカ。本機はブレイク・ザ・ワールドに伴って何処から漂着した、異世界からの「漂流技術」をいち早く回収、保護したオーブ連合首長国が、国際救助用の名目で開発したモビルスーツである。

「漂流技術」の解析にはモルゲンレーテ社でも時間を要し、現在でもブラックボックス化されている部分の解析には至っていないものの、「ターミナル」の協力もあってなんとか稼働実証までの実用化に成功したオーブは、C.E.72年に、秘密裏にロールアウトしていた「エクリプスガンダム」を参考に、後の「ムラサメ」に通じる試作機へと「漂流技術」を搭載したことで完成したのが本機である……という設定の元に、次世代ガンプラバトルオンラインサービス「ガンプラバトル・ネクサス・オンライン」、通称GBNをプレイしている青年が作り上げたガンプラである。

G-エクリプティカ アピールショット1

正面。両肩には「漂流技術」をその基幹技術とするフライト・ユニットを搭載しており、一時は可変機としての開発も検討されていたものの、「漂流技術」の出力に可変機のフレームでは耐え切れないという検証結果が算出されたため、非可変機として再設計された……という設定。

G-エクリプティカ アピールショット2

背面。フライト・ユニットの大きな翼が目を引くが、背面にはストライカーパック対応プラグが増設されており、理論上は様々な戦況に対応することが可能であるとされているが、「漂流技術」は擬似的な永久機関ではないかという推測も立てられているため、本機に組み込まれたパワーエクステンダーはあくまでも補助動力としてしか機能していない……という設定。

G-エクリプティカ アピールショット3

72式改型試製共振粒子砲。標準的なビームライフルに相当する装備だが、「漂流技術」を組み込んだことによりその出力は従来のものとは比較にならないほどの域に達しただけでなく、根本的な技術体系もまた一新されていることで、開発には多大なコストを要した……という設定。

G-エクリプティカ アピールショット4

72式GN型ビームサーベル。腰部可変速ビームライフルユニットに格納された、グリップが短いタイプのビームサーベルだが、「漂流技術」の影響によってその出力は同年代の機体を遥かに凌駕するものに仕上がっている……という設定。

G-エクリプティカ アピールショット5

ビームシールド。機体両腕のバックラーから「アルテミスの傘」とは根本的に異なる原理で発振されるが、機能的にはそれらと遜色ない性能を発揮しているため、「動いているからとにかくヨシ」の精神で実装された……という設定。

G-エクリプティカ アピールショット6

72式V型腰部可変速ビームライフル。ビームサーベルのキャリアーも兼ねた複合ユニットであり、最大の特徴は本体から供給される潤沢なエネルギーを利用したことで実現した「ビームの可変速」であり、出力を絞り込めばビームシールドをも貫くことが可能なのではないかと推測されている……という設定。

G-エクリプティカ アピールショット7

71式試製マルチプルビームデバイス。本機と厳密に関わりがある装備ではないが、既存のパワーエクステンダーをもってしてもその「対艦ビーム砲と対艦刀を両立させる」という技術の実装は不可能であったためにお蔵入りしかけていたが、「漂流技術」によってエネルギー問題が解決したため本機の装備として採用された経緯がある……という設定。

G-エクリプティカ アピールショット8

71式試製マルチプルビームデバイス「オロチノアラマサ」。「漂流技術」のエネルギーを利用し、対艦刀に匹敵する高密度のビーム刃をデバイスから発振することで、極めて高い威力を誇るビームソードとなっている……という設定。

G-エクリプティカ アピールショット9

サプライストライカー。およそ小さな村落における二週間分に相当する水と食糧、そして発電源となるバッテリーを搭載したストライカーパックであり、主に国際救助の場で車輌が侵入できない地点に単独飛行を可能とする本機が派遣されることで災害援助をするために開発された……という設定。

G-エクリプティカ アピールショット10

尚、ゲーム的には追加エネルギーが増える程度の効果しか有しておらず、後述する高速巡航形態への移行も阻害するために、完全にフレーバーで作られた装備である。

G-エクリプティカ アピールショット11

高速巡航形態。「漂流技術」のあまりにも高すぎる出力から、フレーム強度の問題で可変を諦めたものの、それに近い巡航速度を確保すべく考案された苦肉の策であるが、音速に近い領域まで機体速度を持っていける本形態が果たして国際救助用の機体に、しかもサプライストライカーを装備した状態では使用できないにもかかわらず、果たして必要なのかという疑問は国内から噴出しているものの、氏族の多くは見て見ぬふりをしている……という設定。

G-エクリプティカ アピールショット12

ハイマット・フルバースト。「漂流技術」の余剰出力が光の翼となって現れる「ハイマットモード」において全砲門の火力を正面に投射することで、高い殲滅力を発揮する武装であるが、これがもし高速巡航形態の機動力と航続力組み合わさったなら、単機で敵の拠点を強襲し殲滅することも可能であろうと推測されている。

などと様々な設定を本機を操る、フォース「D's Order」所属のダイバーは考案しているが、「様々な事情」によって本機はお蔵入りしているらしい。

G-エクリプティカ アピールショット13

制作途中。基本的に頭は余っていたコアガンダムから、腕とドライブはスカイメビウスからコンバートしてきましたが大部分はエアマスターです。

長々と失礼しました。エアマスターをベースにしてエクリプスガンダムっぽい何かを作ってみようとしたものです、当初はファイターノーズがありましたが取っ払いました

ほんのりエクリプスガンダム風味のやつです

コメント

守次 奏さんがお薦めする作品

ディバインダブルオークアンタ

フェアリライズガンダム

9
クロスボーンガンダムXQ

クロスボーンガンダムXQ

クロスボーンガンダムXQ。本機は次世代ガンプラバトルMMO、…

ビルドダイバーズRe:RISEコンテスト
9
ガンダム・ジュピターヴリスペクション

ガンダム・ジュピターヴリスペク…

PFF-X7/J5[Re:] ガンダム・ジュピターヴリスペク…

8
アムロ専用ガンダムMk-Ⅱ(ver.U.C.0091)

アムロ専用ガンダムMk-Ⅱ(v…

RX-178R アムロ専用ガンダムMk-Ⅱ。本機はロンド・ベ…

ビルドダイバーズRe:RISEコンテスト
9
フェアリライズガンダム

フェアリライズガンダム

PFF-X4[Re:F] フェアリライズガンダム。本機は次世…